2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京出張(5)

一極集中と云われて久しいですが、東京には人や文化、羨ましいくらいに見所が溢れている。全国各地から観光客が集り、外国人がやって来る。見所中には築地市場もある。

東京出張(5)-1

東京メトロ日比谷線築地駅から徒歩5分、築地市場に11時半到着。市場は大きく分けて場外と場内がありますが、これは場外市場。平日の火曜日ですが、小学生集団が来てた。

東京出張(5)-2

場外では色んなお店がありますが、矢張り海産物が多い。中でもマグロは華、かの有名な大間産のマグロの切り身が売られていた。それに星の数ほどある大小の寿司屋。

東京出張(5)-3

変わってこちらは場内市場。右に見えるトラックはターレットと呼ばれ、市場内を走り回ってます。団地みたいな建物の一階には色んな店舗が入居してます。元々は市場関係者ご用達の店でしたが、今は一般にも開放され、観光客が押し寄せて来てます。

東京出張(5)-4

マスコミに取り上げられ観光客が鈴なりになってる食堂街。3~4時間待ちらしい。

東京出張(5)-5

中には何故か比較的空いている店もある。待たずに食べたい性分なので嬉々として入店。店名は秘密。マグロ丼2000円を注文。量は多かったが、これは外してしまったナ。


最初に戻る


スポンサーサイト

テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

東京出張(4)

東京人は忙しい。地下鉄の中では走行中でも頻繁に客が行ったり来たりしてる。阪神間ではあんまり見かけ無い車内風景。電車の中ぐらい座席に座るか、ジッと落ち着いてろヨ。

東京出張(4)-1

成人の日だった12日、夕方から秋葉原に繰り出してみた。東京メトロ東西線西葛西駅から日比谷線茅場町乗り換えで秋葉原駅下車。徒歩7,8分で日本一の電気屋街に到着。

東京出張(4)-2

電器屋街のネオンの一角、場違いなくらいの立ち食い蕎麦屋が一軒・・・ 出汁の匂いに誘われ入店すると、茹で置きでない本格的生蕎麦の店だった。石臼引きソバ粉使用で、ソバ湯も出してくれる。300円前後の庶民的価格ながら中々の味です。チェーン店らしい。

東京出張(4)-3

さて、秋葉原からJR山手線を利用して御徒町駅まで一駅、アメ横にやって来ました。JR高架下沿いに闇市時代から続く露店が雑然としたアジアンな街並みが続く。

東京出張(4)-4

街並みの中に中国語が飛び交う飲食店が4,5軒並んでいた。ショーケースの中には豚の足や腸にスジ、アヒルの砂肝や腸等を調理したものが整然と並んでいた。

東京出張(4)-5

寒空の下に汚いテーブル、肩を寄せ合い湯気の立つ麻辣麺の土鍋を客が抱え込んでいる。あまりに美味そうなので、誘惑され私も列に加わる。唐辛子がヒリヒリ、山椒が舌を痺れさす魅惑のスープ。一滴残らず飲み干した。嗚呼、美味かった。これが500円。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

東京出張(3)

話は前後しますが、 「新春!デキシーランド・ジャズ・ジャンボリー」を聴いた後、新橋に行ってみることにした。日比谷公会堂から徒歩10分南下すれば新橋エリアに到着します。

東京出張(3)-1

霞が関の官庁街や一般企業に囲まれている新橋。いわゆるサラリーマンご用達で有名な飲食店街のある所です。エリアは広いので、この日はマア適当に・・・

東京出張(3)-2

夜道を歩いて来て寒かったこともありますが、この季節は矢張りおでんで一杯でしょ。

東京出張(3)-3

おでん屋のイメージからするとオシャレで清潔な店内ですが、土曜日だからそんなに混んではいない。カウンター席に座り、セットを註文。おでん種の質は良かったけど・・・

東京出張(3)-4

出汁の味が私には今一つ。おでん屋はこれだけで切り上げ、近くにあった「すしざんまい」に入店。派手な看板と明るい店内照明が目印。都内に沢山の店があるようです。ここ喜代村の社長は築地の初セリで大間マグロをせり落とす有名人です。

東京出張(3)-5

ここは回る寿司ではなく、板さんが握ってくれるシステム。この他に赤身マグロとカンパチ、手巻きも註文。マグロは旨みに加えて仄かに酸味があって、さすがに美味かった。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

東京出張

1月8日より東京に来ております。前説も無く、いきなりな書き出し・・・ (ちょっとした失敗があったのです)その話はいずれするとして、昨日1月10日に日比谷公会堂まで「新春!デキシーランド・ジャズ・ジャンボリー」を聴きに行ってました。デキシーランドのコンサートは初見参です。

東京出張-1

14時半ごろ日比谷公園内の日比谷公会堂に到着。昭和4年に完成したレトロ建築です。

東京出張-2

館中至るところに頭上注意の看板。85年前の人は背が低かったんかな?兎に角レトロ。

東京出張-3

指定席に座って前後左右を見回すと満席状態で、熱気ムンムン。年齢層高めのお客の為か?暖房が効き過ぎで暑ッツ~。15時より出場5バンド全員勢揃いで、オープニングセレモニー。

東京出張-4

中には若いプレーヤーもいますが、殆どが還暦を過ぎが多い。神戸でもモダンジャズは多いですが、ディキシーランドは皆無でしょ。こういう大イベントがあるのはさすが東京デス。実力者のバンドが次々出演して、5番目は1960年結成の薗田憲一とディキシーキングス。もっとも、薗田憲一氏は既に死去され、息子さんが後を引き継いでいます。この手のバンドでは一番有名でしょ。

東京出張-5

15時から始まって、途中休憩を挟み19時半まで延々と4時間半。時間がとても短く感じた。ラストは全員揃ってのビッグバンド結成。5人対決の素晴らしいドラムバトルもあって、いずれがバディ リッチかマックスローチ。ディキシーランドジャズはハッピーだから、新春にはピッタリでした。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

チョコレート展@グランフロント大阪北館

3時過ぎ、パサディナダイナーで遅めのランチの後、グランフロント大阪北館で開催のチョコレート展に行ってみることにした。当日はMerry Critmasの日だったので、これ程ピッタリの日は無い。

チョコレート展@グランフロント大阪北館-1

B1FのEVENT Labでやっていました。シックな色の受付でチケットを買ってから入場します。

チョコレート展@グランフロント大阪北館-2

中ではチョコレートに関する色んな知識を学べます。極て真面目な展示会でしたが、1200円も払ったにしては少し面白味が不足気味かも。熱くて甘いココアを一杯ご馳走してくれても良かった。

チョコレート展@グランフロント大阪北館-3

今は誰でも気軽に戴けるチョコレート飲料ですが、昔は貴族階級オンリーの高貴な飲料でした。

チョコレート展@グランフロント大阪北館-4

1Fのパティオ広場では、平日にも拘わらずツリーの周囲で沢山の人達が記念撮影。

チョコレート展@グランフロント大阪北館-5

館内至る所にクリスマスの飾りつけ。客層が良いのか、オシャレな人たちが群れていました。


最初に戻る



テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

船場まつり2014

10月5日曇り時々小雨。大阪を代表する繁華街と云えば、キタの梅田にミナミの難波と道頓堀。間を取り持つ銀杏並木の心斎橋通り。本日はキタとミナミの中間点、船場まつりに出かけた。

大阪に出かけても、その殆どの用事が梅田か中之島。商人の街、船場に立ち寄ることは滅多に無い。衣料品の卸やが多く、丁稚と番頭さんのイメージが船場。イメージが古過ぎるかもネ。

船場まつり2014-1

梅田から地下鉄心斎橋線で二駅目、本町駅に降り立った。地下街でも繋がる卸やの街、船場センタービルは東西に1㎞もあるらしい。地下から地上に出ると、そこは心斎橋通り。銀杏並木が黄色く色づくにはまだ少し早い。船場センタービルは高速道路下の空間を利用してるみたい。

船場まつり2014-2

ビルの中は無数にある卸やですが、小売りもやってるみたい。本日は船場まつり協賛SALEをやってた。ビル内はこんな通りが2本あって、それが多層階にある。メッチャ複雑で分かり難い。

船場まつり2014-3

船場から道頓堀に連絡する心斎橋アーケイド商店街。ここも初めての場所。覗いて行こうか。

船場まつり2014-4

ここも船場まつりの会場でした。神戸のまつり会場は広々とした所が多いですが、大阪は密集してるから何処で何をやってるのか分かり難い。心理的に大変疲れた1日で御座いました。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(7)

坂出駅より再びマリンライナーに乗り、今度は瀬戸内海を渡ります。初体験なのでワクワク。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(7)-1

連絡橋は橋脚がとても多い為、景色を見るのに邪魔。この上に瀬戸中央自動車道が通ってる。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(7)-2

橋脚が多くスピードが速い為、良い景色の写真を撮る瞬間がビュンビュン後に飛び去っていく。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(7)-3

兎に角、島から島への景色が最高! 世界に誇れる路線でしょ。時間が許せば片道でなく、1往復半したかった。島の名前が入った地図を予め用意した方がベター。車だと島に降りられます。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(7)-4

マリンライナーはJR西の新快速に負けない程速い。というより速すぎる。折角の絶景なんだから、もっとゆっくりと走ってくれヨ・・・ と、内心思った。30㎞以上の距離を瞬く間に渡り切った。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(7)-5

岡山駅で山陽本線から赤穂線に乗り換え、日生(ひなせ)に到着。坂出駅より2時間経過してた。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(6)

四国村見学と駅までの往復で1時間半ほど経過。お遍路さんの本場だけあって、よく歩かしてくれる。多分、この日だけで1ヶ月分ぐらいの距離を歩いた。地方に住むと1人1台車が必要かも。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(6)-1

さて、髙松駅でワンマンカーからマリンライナーに乗り換えた。髙松⇔岡山間専用電車です。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(6)-2

次駅目の坂出で下車。徒歩で10分強、昼時1時間だけ営業する日の出製麺所にやってきた。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(6)-3

予想通り長蛇の列。しばし並んで、ようやく冷々をゲット。ウ~ム、立派なお顔!これが100円。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(6)-4

帰り道、鎌田醤油が無料開放している香風園に寄って休憩していくことにした。園内素晴らしい。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(6)-5

エアコンの効いた無料休憩所で有料のお茶を飲みなが一息。向こうに見える高架はJRです。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(5)

わら家を出てすぐの四国村にも行ってみた。四国やその周辺にあった歴史的遺産を再構築したテーマパークです。うどんには全然関係ないけど、私でもたまには真面目な所に行くこともある。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(5)-1

四国村入り口。木の向こうにある御堂がチケット売り場。村内は広くてコース路のアップダウンが凄い。文化財の件数は非常に多いですが、割愛せざるをえない。ここでは4件だけのご紹介。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(5)-2

入ってすぐ左に曲がると祖谷渓のかずら橋を再現したものがある。縄梯子状態で下が丸見え。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(5)-3

小豆島にあった農村歌舞伎の舞台。現在もこちらで芝居などが演じられているらしい。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(5)-4

阿波の国の和三盆は有名ですが、昔は讃岐でも砂糖が作られていました。内部で牛が石臼を引いてグルグル回ったらしい。壁が丸いのはその為。キノコの家みたいで、とてもメルヘンチック。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(5)-5

瀬戸内海は船の難所が多い。これは淡路島北端にあった江崎灯台の退息所。灯台守とその家族の住宅でした。石造りの洋風建築で灯台よりも立派。現在の灯台は自動化されています。



次回へと続く



テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(3)

今回の青春18きっぷの旅では午前中にうどん3杯食べる予定。歩いて食べ、電車に乗って歩いて食べの繰り返し。正直云って楽しさを通り越し、苦しい旅でありました。記憶には残りますが。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(3)-1

駅の近くにあるセルフうどんの味庄にやって来た。何と!早朝5時から営業してるらしい。6時半ごろですが、この日は引っ切り無しにお客がやって来ていて大繁盛の店。さすがうどん県。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(3)-2

目の前で100㎏を越えてそうな男性がうどんを踏んではった。もちろんビニールは敷いてます。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(3)-3

熱かけの小としめじ天で280円。天ぷらに出汁、うどん。どれもこれも標準以上にウマ~。ここで同じフェリーに乗り、私同様ここまで歩いて来た3人組が登場。話を聞くと、髙松の山の中でロックフェスがあるらしい。フェリーが大混雑してた理由が分かったヨ。食べてからそこへ行くんだって。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(3)-4

食後、駅の売店を覗いたら、ローカルなコーラ飲料を売っていた。確か、小豆島は香川県だったよね。飲んでみたら、お腹がホンワカしてきた。オリーブ効果かナ? それとも気のせいかな。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(3)-5

さて、ここからいよいよ青春18きっぷの出番。8時33分発の引田行きに乗りますが、待ち時間がタップリあるので休憩タイム。髙松駅には3路線が発着してますが、ここが中継駅になってます。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(2)

当日、ジャンボフェリー船内の混みようは異常。その理由は不明でしたが、後ほど分かった。神戸から高松港まで4時間の旅。その内2時間ほど仮眠を取る。4時過ぎに起き、入浴し洗顔する。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(2)-1

ジャンボフェリーには良い風呂が準備されてます。サッパリとした後、5時ごろ髙松東港入港。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(2)-2

JR高松駅まで無料の送迎バスを運行してますが、希望者超多数の為何時乗れるのやら・・・

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(2)-3

もう結構デス! と、市内まで歩いていくことにした。ところが、髙松市は大きくて広い。後で知ったがJR高松まで4㎞ほどあるらしい。途中でドックを眺めたり、朝っぱらから良い運動をした。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(2)-4

玉藻城址公園の横を通ったけど、日曜の為か?6時過ぎても高松はまだ全然目覚めてない。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き(2)-5

50分ほど掛かって髙松駅に6時20分ごろ到着。さて、今からモーニングうどんを戴きましょうか。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き

8月24日集中豪雨があったり晴天の地域があったり、日本列島はまだら模様の天気。天気と自然災害は未だに変えられ難し。本日は「青春18きっぷの旅」、その第3弾を決行してきた。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き-1

深夜0時半ごろ、神戸港第3突堤に到着。髙松行きフェリーのりつりん2号が既に停泊してた。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き-2

深夜便ですが超長蛇の列のお客。これはロビーから溢れて、船内通路に寝転がる客の集団。

青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き-3

間も無く、ディーゼルエンジンの鼓動が大きくなり、1時ジャストに出港を開始。第3突堤の新ターミナルはそろそろ完成間近の様子。7月中に完成予定だったから大幅に工事遅延しております。
 青春18きっぷの旅@うどんとお好み焼き-4

周囲は暗闇の中ですが、船の出港時は何故か感動がある。第1突堤には帆船日本丸の姿。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周 エピローグ

滋賀県の印象は「偉大なる田舎」といったとこか。あれ程の水資源を抱えていながら乱開発されていない。もっとも、近畿の水瓶の乱開発は自らの首を絞めることになります。置かれた立場を重々分っている滋賀県、自然環境もさることながら、重要文化的景観保全にも力を入れてます。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周 エピローグ-1

醒ヶ井の旧中山道筋にあるレトロなヤマキ醤油本店。良い水のある所には醸造業が発達する。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周 エピローグ-2

醒ヶ井宿の旧問屋場、中山道を通行する大名や役人に人馬や荷物積替えの提供をした所。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周 エピローグ-3

醒ヶ井宿本陣跡に建つ料亭 樋口山。昔こちらで参勤交代の大名たちが宿泊や休憩をした。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周 エピローグ-4

変って、こちらは海津浜の海津漁業組合の建物。風雨に耐えた姿ですが、まだ現役ですか?

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周 エピローグ-5

これも海津にある清酒 竹生島の吉田酒造。この他、民家でも結構レトロ建築が残っています。


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周(5)

海津集落に向かって歩き始めたが、これが結構遠い。途中、写真を撮りながら行ったから40分ほど掛かった。曇っていたので良かったが、もし晴天なら熱中症で行き倒れていたかもネ。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周(5)-1

集落北の外れにあるこの店に到着。マキノ駅から歩いて来たと店の人に言ったら驚いていた。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周(5)-2

ここは古道具 海津と云います。滋賀県には古い家が沢山残っているから、骨董の宝庫かも。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周(5)-3

店の奥が喫茶テラス席、琵琶湖の様子がパノラマ状態で見物出来ます。北方面が海津大崎。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周(5)-4

アイスコーヒーとケーキがやって来て、一息ついた。こちらが東側湖央部。遠くが霞んでいます。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周(5)-5

南方面へ目を転ずると、湖岸に沿って石積みの壁が延々と続いています。海津の石積みと云って、江戸時代からの伝統工作物らしい。琵琶湖には色んな表情があって、奥深いナと思った。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周(4)

長浜駅より再びJRに乗って滋賀県最北駅の近江塩津駅に向かう。ここで湖西線に乗り換える。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周(4)-1

近江塩津からは南へ。トンネルを抜けると琵琶湖北端の景色が一瞬!見え、またトンネルに。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周(4)-2

長浜から40分程でマキノ駅に到着。地方によくある鄙びた外観。カタカナ駅名とは珍しい。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周(4)-3

駅前通りを真っ直ぐ500mほど行くと、これは水泳場へのゲート。展望台に上るのは不可です。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周(4)-4

こちらが最初回のマキノ水泳場。朝方は雨、この時は曇りでしたが沢山のお客で賑わっていた。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周(4)-5

湖岸には台風の影響なのか水藻が打ち上げられてゴミだらけ。その点を除けば、とても良い景色。さて、これから向こうの海津集落まで用事があって出かけます。ここで泳いでるヒマは無い。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周(3)

醒ヶ井駅から米原駅まで電車で5,6分、今度は北陸線に乗り換えて長浜まで行くことにした。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周(3)-1

新快速電車で10分弱、長浜駅に到着。ここはかって北国街道の宿場町だった。琵琶湖の周辺は東西南北からの街道が集まっており、昔は交通の要衝であった。古い歴史が残っています。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周(3)-2

知ってる人は知ってるし、知らない人は知らない。当たりまえか・・・ ホワイト餃子の茶しんに到着。ここでランチの予定でしたが定休日でした。HPでは不定休となっていたんですけどネ。
金沢にいた時には第7ギョウザによく通った。あそこのホワイトは美味かった。今でも夢に見る。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周(3)-3

ガックリ! やってないものはシャーない。すきっ腹を抱えて黒壁スクエアを巡ってみる。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周(3)-4

古い建物が残っていますが、しょせん商業的観光地。あの居醒の清水の感動には及びも付かない。ウソウソ、空腹だから機嫌が悪いだけ、長浜黒壁スクエアも中々素晴らしいところです。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周(2)

琵琶湖から流出している川は宇治川のみ。他の川は全て流入しています。それだけ欲深いから琵琶湖は日本一の太湖になった。周囲には川の数が多くて、とても水に恵まれたエリアです。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周(2)-1 

7時6分 芦屋発の新快速で米原へ。ここで琵琶湖線から東海道線に乗り換えて一駅目、9時21分JR醒ヶ井駅に到着した。小雨がパラつく中、地蔵川源流の居醒の清水に向かう。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周(2)

地蔵川に沿って旧中山道が通っています。昔は中山道六十七次の醒ヶ井宿であったらしい。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周(2)-3

両側に立ち並ぶ家並みには人が住んでいますが、まだ昔の宿場町の雰囲気を残しています。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周(2)-4

夏場は旅の汗と埃をここで洗い流したのかも。流れはとても冷たく、キレイで水量が豊富。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周(2)-5

1㎞ほど行くと地蔵川の源流があった。岩盤下部の多数の割れ目から水が凄い勢いで噴き出していた。ここは平成名水百選の居醒の清水と云います。街中保存されているのが貴重です。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周

8月12日、台風一過晴ではなくて、梅雨に逆戻りの空模様。今年の夏は台風の当たり年、冷夏かも知れませんネ。カラリと晴れるのは何時のことやら・・・ 待っててもシャーない、出掛けよう。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周-1

JRの青春18きっぷの旅、第2弾は琵琶湖一周。ここは海水浴場ではなくて、マキノ水泳場。

青春18きっぷの旅@琵琶湖一周-2

琵琶湖は広いナ~大きいナ~♪・・・ 行ってみたいナ、一周電車の旅。沖に見えるは竹生島。その左は桜で有名な海津大崎。ここは琵琶湖の北端、水はキレイだから水泳が楽しめます。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

青春18きっぷの旅@加賀の国(4)

封建時代は武士の為の制度なので、農民は自分たちが作った米は殆どが年貢として取り立てられた。現代から見ると随分理不尽な話ですが、そういう奴隷制の様な不平等な時代だった。

青春18きっぷの旅@加賀の国(4)-1

鶴来の近くに鳥越村という所があって、今度はそこに案内してくれた。北陸地方は戦国時代に一向一揆が多発した地域ですが、ここ鳥越村でも加賀一向一揆の拠点となる山城が築かれた。

青春18きっぷの旅@加賀の国(4)-2

武士に搾取されるのは嫌!民衆連で自治をやろうというのが一向一揆の主旨。最初抵抗した一向衆も戦いのプロの織田方に敗れ去り、300人以上がここで磔にされたとか。有名な話です。
ここは二曲(ふとげ)城址への登り口。熊出没注意!の看板が立っていたので行くのは止めた。

青春18きっぷの旅@加賀の国(4)-3

さて、お次は小松市原町にある仏御前の墓へと参る。我が妹ながら色んな所を知ってます。この方は平清盛の寵愛を受けた女性であったとか。スカルノ大統領とデビ夫人の様な関係かもネ。

青春18きっぷの旅@加賀の国(4)-4

清盛と別れて加賀の国に戻った仏御前、原村に開いた茶店が大繁盛した。ところが二十歳の時に惨殺される。諸芸はあるし、たいそうな美貌の持ち主。嫉妬の渦に巻きこまれたのかもネ。

青春18きっぷの旅@加賀の国(4)-5

色んな所を案内して貰ったが、神戸に帰る時間がやって来た。小松15時44分発、17時36分敦賀着。敦賀で新快速に乗り換えて20時28分に芦屋駅に到着。往復9時間の電車の旅が終了。


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

青春18きっぷの旅@加賀の国(3)

白山市鶴来は金沢から野々市を経て鶴来街道を南へ約10㎞ほど下った所にある。白山麓の玄関口に当たり、白山の伏流水が豊かに湧き出る所なので、菊姫などの有名な酒蔵があります。

青春18きっぷの旅@加賀の国(3)-1

神社の参道と境内を巡ると結構良い運動になる。一の鳥居の近くに茶店があったので一休み。

青春18きっぷの旅@加賀の国(3)-2

店の前には白山の湧水が流れ出るお手水場。大木を半割にし、くり抜いて作った豪快なもの。

青春18きっぷの旅@加賀の国(3)-3

垂れ幕にも出てるように素朴な地場産の品々がズラリ。10割蕎麦も食べられる様ですけど・・・

青春18きっぷの旅@加賀の国(3)-4

さすがに遠慮して、どぶろくと笹寿司を注文。寿司米が美味いのにビックリ!どぶろくは初体験でしたがスルリと飲めた。溶けた米粒がイッパイ入っていて、これを搾ると日本酒と酒粕になる。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

青春18きっぷの旅@加賀の国(2)

物知りな妹なので、色んな情報を持っている。任せておけば何時も気の利いた所へと案内してくれてご馳走もしてくれる。お土産はもちろん必要ですけどネ。草庵の次は白山比咩神社へ。

青春18きっぷの旅@加賀の国(2)-1

白山信仰の総本社 白山比咩(ひめ)神社にやって来た。草庵から車で10分程度の距離にある。

青春18きっぷの旅@加賀の国(2)-2

一の鳥居を抜け、両側に巨木が立ち並び苔むす表参道を上がる。昼なお暗き神秘ロードです。

青春18きっぷの旅@加賀の国(2)-3

5分程上ると二の鳥居が見えてきた。右手には樹齢800年と云われる老杉や大欅がお出迎え。

青春18きっぷの旅@加賀の国(2)-4

新年初詣ではごった返す境内も静謐そのもの。幼い頃、父親に連れられ来たことがあったナ。

青春18きっぷの旅@加賀の国(2)-5

特別大きくはないですが、端正で趣のある佇まいの本殿。加賀白山信仰のキーポイントです。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

青春18きっぷの旅@加賀の国

JRが毎年、年末年始とお盆時期に発行している青春18きっぷをご存じでしょうか? 超割安なサービスきっぷですが、これを利用して旅をしてみようと思った。その第1回目は墓参りの旅。

青春18きっぷの旅@加賀の国-1

7時29分芦屋発の新快速に乗って敦賀で乗り換え、小松着11時40分。妹の車で墓参りに直行した。その後、白山市鶴来にある蕎麦の名店 草庵へと案内してもらう。4年振りにやって来た。

青春18きっぷの旅@加賀の国-2

古民家をリノベーションしたお店なので、廊下の奥には蔵もある。ここも店として活用されている。

青春18きっぷの旅@加賀の国-3

土間には親子の草鞋が・・・ 涼しそう! スニーカーと交換してもらい、履いて帰ろうと思った。

青春18きっぷの旅@加賀の国-4

調度品も神経が行き届いていて、この店全体の雰囲気が達人の領域。オヌシ、中々出来るナ!

青春18きっぷの旅@加賀の国-5

妹が注文した限定品の大人気、鴨汁蕎麦。お裾分けして貰い、初めて食す。コリャ~美味いワ。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

京都鴨川納涼床(2)

トロッコ列車は体感的にも心理的にも涼しかった。鴨川納涼床は言葉のフレーズは涼しいですが、これは矢張り夜専用でしょう。客足が落ちる京都の暑い夏を乗り切る料亭の知恵かもネ。

京都鴨川納涼床(2)-1

豆水楼の名前通り、出て来る料理は全て豆腐に関係したもの。右は汲み上げ豆腐。氷で冷やされて出て来ました。冬は湯豆腐に変わるかも。真ん中はゴマ豆腐。片口は冷の純米酒です。

京都鴨川納涼床(2)-2

左が湯葉と豆腐の和え物。右は硬豆腐と野菜の天ぷら。出汁が薄味でとても美味い。

京都鴨川納涼床(2)-3

豆腐の入った茶わん蒸し。汁は一滴残らず飲み干します。後は御飯と味噌汁、漬物。 最後に抹茶のアイス。京都鴨川納涼床の場所とイメージからすれば、リーズナブルなお勘定だと思った。

京都鴨川納涼床(2)-4

御池大橋付近にある店を出て、京都駅に向かった。河原町通り ビル街の影を選んで歩いた。繁華街だけあって、お洒落な女性とすれ違う。休日の昼下がり、ゆかしい3人連れが信号待ち。


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

京都鴨川納涼床

帰りもトロッコを利用しましたが、鴨川納涼床でランチするので、二条駅で地下鉄に乗り換えた。

京都鴨川納涼床-1

京都市役所前で降り、鴨川端へブラブラと・・・ 1時半過ぎだからそろそろランチの終了時です。店はズラリと並んでいますが、選んでいる暇が無い。最初目に付いたこの店に入店した。

京都鴨川納涼床-2

川床に出てみると、午後の日差しが燦々とし海水浴の浜茶屋気分。昼間は暑過ぎる。両隣の川床を見回しても客は誰一人いない。提灯が示すように、鴨川納涼床は夜限定で御座いました。

京都鴨川納涼床-3

昼もやってると思ってた。田舎者には困ったもんです。 で、冷房の効いた店内で戴くことになる。

京都鴨川納涼床-4

奥庭には祠が祀られていて、京都らしい良い雰囲気。ここは豆腐料理の豆水楼と申します。

京都鴨川納涼床-5

スリッパではなく、草履が用意されてました。芸妓同伴の方もお出でになるのでしょうか・・・


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

トロッコ列車@嵯峨野(3)

行くまで知らなかったけど、トロッコ列車とJRは線路も駅も全く別でした。知らないにも程がある。

トロッコ列車@嵯峨野(3)-1

混雑する駅舎の中では先程の鬼さんが愛嬌を振りまいていた。それにしても中国人の多いのにビックリ。子供からお年寄りまで様々です。中国語がそこいら中に飛び交っていました。

トロッコ列車@嵯峨野(3)-2

トロッコ亀岡駅からすぐ近くにある河原に出てみた。この地点の川幅は広く、ゴムボートのラフティングはここから出発するようです。上流から保津川下りの船がオールで漕ぎやって来た。

トロッコ列車@嵯峨野(3)-3

高瀬舟は目の前を通り過ぎ、岩場が露出した急流へクルリ回頭し入って行く。ここが見せ場。

トロッコ列車@嵯峨野(3)-4

トロッコ列車の終点であって始点の亀岡駅。周囲は田舎の景色で、真にノ~ンビリした風景。

トロッコ列車@嵯峨野(3)-5

亀岡市街に行きたい方はJR馬堀駅から一駅のJR亀岡駅まで乗ります。保津川下りの乗船場は駅の近くにあるらしい。私は往復券を買ってあったので、船に乗らずにトロッコで京都まで。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

トロッコ列車@嵯峨野(2)

国鉄がJR各社に民営化されてかなり経つ。電車が綺麗になり、駅員もスマートになった。親方日の丸から商売上手な鉄道会社に大変身。トロッコ列車など昔は考えられなかったプランかも。

トロッコ列車@嵯峨野(2)-1

嵯峨駅を出てしばらくすると、対岸の森の中に和の建物群がほんの何秒か見えてきた。車内放送によりますと、嵐山温泉旅館だとか。あそこへは船で行くらしい。星のや京都といいます。

トロッコ列車@嵯峨野(2)-2  

途中停止した駅には狸の置物がズラ~リ。トロッコ会社の社長が狸好きなんだって。サービス精神旺盛な社長のようです。向こうに見える吊り橋は現在修理中の為通行止めになってました。

トロッコ列車@嵯峨野(2)-3

トンネルの中で鬼の闖入などもあり一波乱。これも社長が面を被ってサービスしてるのかな?記念撮影なども気軽に受けていた。左のハンサムな男性は私では御座いません・・・ 念の為。

トロッコ列車@嵯峨野(2)-4

かの有名な保津川下りの船にも度々出会う。船頭さんは狭い水路を手練の技で抜けてゆく。

トロッコ列車@嵯峨野(2)-5

やがてトロッコ列車は終点亀岡駅に到着。約30分間の小旅行。修学旅行生達がお待ちかね。勘違いしてましたが、この駅はJRの駅とは全く関係ナシ。ここから10分程歩くとJRの駅がある。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

トロッコ列車@嵯峨野

夏めいて来ました・・・ と云うより盛夏そのもの。急にどっと来たから、こたえます。身体は冷たいモノ欲しがるし、心はもっとユックリとやって来てヨ!と願う。しゃあない、涼しさを感じに行くか。
 トロッコ列車@嵯峨野-1

下調べしないで急にやって来たので、何処からトロッコ列車に乗るのか分からない。京都駅で駅員に聞き、何とかトロッコ嵯峨駅までたどり着いた。JR西の子会社が経営しているようです。

トロッコ列車@嵯峨野-2

駅舎の中は天井が高くて広い。昔風な感じに作ってあるのかな?突き当たりがジオラマ館。

トロッコ列車@嵯峨野-3

全開放になった客車。これだったら、走り出せば涼しいかも。ただし満員で、立ってる人もいる。

トロッコ列車@嵯峨野-4

今トンネルを走行中。途中、何本も通過します。レトロ電灯が車内を照らす。これはLEDでした。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

トロッコ列車@嵯峨野&京都鴨川納涼床

6月1日、本日は京都行。トロッコ列車@嵯峨野と京都鴨川納涼床を体験した。全国的に暑かったようですが、京都は35度を超える酷暑日!変化があり過ぎ、身体が着いていかないヨ~。

トロッコ列車@嵯峨野&京都鴨川納涼床-1

先ずは京都駅からJR嵯峨野線に乗り換えて嵐山嵯峨野まで。そこからトロッコ列車で・・・

トロッコ列車@嵯峨野&京都鴨川納涼床-2

その後、鴨川沿いに並ぶ納涼床でランチ。トロッコ列車で手間取って、1時半ごろ到着した。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

HAWAII FESTIVAL in OSAKA 2014&地域伝統芸能フェスティバル

5月31日、寝苦しい夜が続いていますが、今日は朝からイキナリ夏がやって来た。電車の中も堪らず冷房の風。本日はHAWAII FESTIVAL in OSAKA と地域伝統芸能フェスティバルへ。

HAWAII FESTIVAL in OSAKA 2014&地域伝統芸能フェスティバル-1

空中庭園の梅田スカイビル1F広場で開催のHAWAII FESTIVAL in OSAKA。ハワイの人も「暑いデスネ!」と驚いていた。日本の暑さとハワイは違うんでしょ。小錦みたいな人もいた。

HAWAII FESTIVAL in OSAKA 2014&地域伝統芸能フェスティバル-2

ハワイアンダンスの良い所は老若男女が一緒に楽しめることかも。明日も10時からやってます。

HAWAII FESTIVAL in OSAKA 2014&地域伝統芸能フェスティバル-3

その後、JR大阪駅 時空の広場で開催してる地域伝統芸能フェスティバルへ。ここも観覧は無料なので黒山の人たち。地域に根ざした古典芸能の御披露。よって見物人の年齢は少々高め。

HAWAII FESTIVAL in OSAKA 2014&地域伝統芸能フェスティバル-4

これは大阪府能勢の人形浄瑠璃。この後、越中八尾の「おわら」等も披露された。明日は神戸市中華街の獅子舞が出演します。その他、島根の石見神楽もダイナミックに演じられる予定。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

ぐるっとびわ湖島めぐり(11)

今回は荒天の為に多景島と沖の白石に寄る予定を飛ばしたのが残念。逆に云うと、白波の立つ琵琶湖を見られて良かった。船酔いしない程度に揺れた方がスリルがあって面白い。

ぐるっとびわ湖島めぐり(11)-1

海のクルーズ客船が人気があるのは色んな景色が見られる所。広い地球でもそんな場所は限られる。カリブ海や地中海、日本なら瀬戸内海でしょ。琵琶湖はそんなエリアに匹敵するかもネ。

ぐるっとびわ湖島めぐり(11)-2

17時40分頃、夕陽に照らされて琵琶湖汽船ターミナルに戻って来た。アッ!という間の8時間。

ぐるっとびわ湖島めぐり(11)-3

桟橋に停泊するいんたーらーけん号。夏に向かって予約が増えれば大型船に変更になります。


最初に戻る



テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

«  | HOME |  »

プロフィール

mikekimura

Author:mikekimura
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

By FC2ブログ

コウベ アシヤ
神戸 芦屋の情報サイト

東京のここが面白い

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

リンク

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。