2008-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保久良神社から見た南港ATC・コスモタワー

標高180m、保久良神社前の石灯篭横に立つと大阪湾が一望出来ますが、見晴らしの良い日には大阪南港ATCの高層建築コスモタワーの姿が肉眼でも見分けられます。

カメラでズームアップしてみますと、より鮮明なこんな映像が・・・

この近辺で3月中にこんなイベントが開催される。
第24回大阪モーターサイクルショー2008 3月14日~16日9:00~16:30受付 ニュートラム中埠頭駅から徒歩5分インテック大阪 

関西国際ボートショー2008 3月21日~23日10:00~18:00 新西宮ヨットハーバー&大阪南港ATCで開催される。この2会場をつなぐシャトルバス&シャトルボートで移動 入場料500円

atc



スポンサーサイト

テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

岡本・保久良神社からの梅便り2008

岡本梅林の帰りに、これも岡本にある梅の名所、保久良神社に寄ってみました。

ここ保久良神社は岡本梅林より標高が高い為、開花も遅く3月10日過ぎが見ごろになるらしい。

岡本駅の東側より阪急神戸線の踏み切りを渡り、保久良神社への道標を頼りに九十九折れの急坂を登って行くと、早足では20分程で到着します。散策というには少々ヘビーですが毎朝登って行かれる年配の健脚達が結構いるみたいです。

hokura-1

標高180mの地点にあるこの神社の前からは視界が180度開け、大阪湾が一望出来るスーパービューがあり、神社参拝と共に早朝登山に通う理由の一つになっている。

hokura-2

神社前にある古くから夜間に海上を行き来する船のランドマークとなっていたこの石灯篭の灯りは「灘の一つ火」と呼ばれ、最初の灯台として火を絶やすことが無かったそうです。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

岡本から梅便り2008

昨日の日曜日、花びらのような雪がチラチラ舞う午前中遅く、先週の土曜日に引き続いて岡本梅林に出かけた。

摂津岡本梅まつりが当日開催されていて、多くのお客が観梅に来訪していました。例年は今頃が満開となるのでしょうが、この寒さ!まだまだ先まで楽しめるのではないでしょうか。

ume-1

実行委員会の方たちの御好意で入り口テントの所で甘酒が振舞われていました。生姜の香りが紙コップから立ち昇り、熱く甘く美味しい、ありがたいプレゼントでした。

ume-2

先週に比べて沢山の人たちが!中には頬ずりするように、思わず梅の香りを楽しむ女性も...

ume-3

ume-4



テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

六甲山には巨大アンテナがいっぱい

第二次世界大戦の終わり頃、神戸はB29の空襲に対して無防備状態であったらしい。迎え撃つ戦闘機も無いし、対空砲火も超高度を飛行してくるので役に立たなかった。そこで六甲山上に高射砲を据付ければ弾が届くかも知れないということで、一時計画されたことがあった。

高射砲の計画は敗戦と共に挫折したが、今は六甲山連峰の稜線には色んなアンテナが林立し、その高度を利用して遠く、広く各地に弾丸ならぬ平和利用の電波を送っている。

kannon-1

掬星台の西側にそびえる矢印で示す地元サンテレビのアンテナは遠くから見ると観音様の様に見えると評判です。そういえば何となくそうとも見えますね。

kannon-2

そのアンテナをズームアップすると、白く塗装された鉄骨の組み合わせにすぎないと分かってしまって、矢張りこういうものは遠くから見ていたほうが夢があって良いのでしょうか?


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

神戸港には見慣れない船がいっぱい⑥

ポーアイより三菱重工業神戸造船所とハーバーランドの間にある川崎重工造船所のドックで建造中の船をズームアップしてみました。

この段階では私には何の用途に使う船か分かりませんが、歌舞伎の隈取り化粧の様に見える建造中の船体から、パーツがどのように組み合わさって造られていくのかはっきり解かります。部材を運んできて、現場で組み立てるプレハブ住宅と行程は同じようなものでしょうか。

kawa



テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

神戸市立青少年科学館・鉄道模型展に行った②

神戸市立青少年科学館外の敷地内では建物を半周するぐらいの長さのレールが敷かれ、ミニSLが蒸気を吹いて調製中だった。沢山の家族ずれが並んで待っています。

sc-5

満員のMIYASAKO号のシュッパ~ツ!運転手兼製作者のこの方の名前が付いてます。

sc-6

本物と同じように水と石炭で走るこのSLは英国製の貫流ボイラーが蒸気圧5.5気圧に達した時に2.5HPを搾り出す設計になっているらしい。燃料の石炭にも拘りがあってフィリピン産だそうですが、水はもちろんコウベウォーターでしょうか?コクピットも良く出来ていて、格好良いですね。



テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

神戸市立青少年科学館・鉄道模型展に行った

いつの世も年齢に関係なく男は乗り物好き!車、飛行機、電車、バイク、自転車など色々ありますが、今お父さん方の間では鉄道模型がブームらしい。神戸市立青少年科学館でその鉄道模型大パノラマ展があったので行ってみた。

ポーアイにある神戸市立青少年科学館の前には親子連れが沢山溢れており、昼時だったので館内にあるレストランも満員の盛況でした。こりゃ巷で噂になっているブームというのも本当だなと思いながら切符を買う列に並んだ。

入場料金600円を払って館内に入ると、1階の奥に割とこじんまりとしたスペースに卓球台ぐらいのサイズの鉄道模型が3,4台展示してあった。ちょっとガッカリして「こ・れ・だ・けですか~~」と係員に恨めしげに聞いたら、4Fがメインの会場だと教えてくれた。

sc-1

さて、4Fに上がってみてビックリ!ワンフロアー全部が色んな鉄道模型の大パノラマだらけではありませんか。よくこんなの作ったものだという頑張ったオヤジの作品ばかりでした。その中で一番精巧だと思われたジオラマ作品一点をご覧下さい。

sc-2

sc-3

子供らが一番前に陣取って動きません(チョットばかし邪魔...)多分最初からあの体勢で場所を動いていないのでは・・・ これだけ夢中にさせる程、特撮のセットクラスの素晴らしいものでした。

sc-4



テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

摩耶の森クラブ2月イベント・摩耶の巨大杉編

旧天上寺近くにある推定樹齢1000年とされる摩耶山でトップクラスのこの大杉は焼失の時に火を被り、今はその影響で残念ながら枯死しています。しかし幹周り8mもあるその姿は摩耶の森に立つ偉大なモニュメントのようにまだまだ存在感を示している。

sugi



テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

岡本梅林の今日の様子

2月16日(土)去年も行きましたが、岡本の天井川坂沿いに10分程度登って行くと突き当たりに岡本八幡神社。その一つ手前を左折すると、すぐに岡本梅林公園が見えます。

園内はまだ人は数える程でした。梅も1週間ほど早く、これからが見ごろを向かえる模様。

ume-1

ご覧のように公園は岡本の高台にあって南の海方向が見渡せます。梅林はまだ蕾状態です。

ume-2

中には1部こんな見事に開花した花も・・・ 来週ごろから見頃でしょうか。

ume-3

例年のことながら、白梅は少し遅れ気味!可愛い蕾が今にも開きそうです。

ume-4



テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

摩耶の森クラブ2月イベント・摩耶山天上寺に行く編

昼食後摩耶山天上寺に出かけた。焼失した旧天上寺の跡地は摩耶山歴史公園として残され、そこより北に1km程離れた地点で2002年に再建された。

ten-1

ロープウェー星の駅・掬星台よりコンクリート舗装路を徒歩で行くと10分程度のところにあります。

ten-2

旧天上寺のあの長い急階段と比べると21世紀に蘇ったこの寺院は人を簡単に寄せ付ける階段になっています。寺の前までバスが来ているので昔に比べてアクセスも遥かに便利になった。

ten-3

境内には釈迦の母堂である摩耶夫人尊像を祀ってあるこの本堂や摩耶夫人堂、観音像などが建立されていて、淡路島や遠く紀州まで見渡せる眺めの良い見晴台もあった。

ten-4

真新しい社務所内で焼失を免れた古い掛け軸や絵図、写真を前にして住職よりこの寺院の古い成り立ちからの歴史よもやま話をお聞きした。この焼失で大いなるものを無くしたものです。

ten-5

ありし日の旧天上寺の鳥瞰写真も拝観出来た。左手にある大きな屋根が本堂で、前の参道を右へ、急階段を下って行くと前門の仁王門に到達する。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

摩耶の森クラブ2月イベント・昼食に豚汁を戴く編

13時をまわって休憩小屋に到着した時はかなり空腹を覚えおり、ドラム缶で作られた2基の炉には大薬缶と大鍋がのせられ、薪の火が炎を吹き上げて燃えていた。

tonziru-1

独特の良い香りがする為、和菓子などの高級な楊枝材料に使われる「くろもじ」の小枝を薬缶で煎じています。紙コップに入れると紅茶のような色ですが、啜ると清涼感のある後味がしました。

tonziru-2

山上の気温が低い為、鍋の蓋を取ると水蒸気が爆ぜたように舞い上がり、豚汁の好い匂いが立ち込めてきました。空腹の為もあって、もう堪りません。

tonziru-3

ざっくり切った沢山の野菜と、油揚げや豚ばら肉など具沢山の熱い豚汁!下界で味わえない何か一味余分に入っているかのように美味しかったデス。お代わりもしましたし、ご馳走様でした。こういうホッとした暖かい瞬間があるから皆、山へ行くのかも知れませんね!

持ってきたオニギリがRiceBallならぬIceBall状態になっていたので、これに浸して食べた。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

摩耶の森クラブ2月イベント・摩耶山史跡巡り登山道を下る編②

天狗岩までは道も広いし、雪の積もった遊歩道と言った感じでした。ところが先頭についていくと、ドンドンとんでもないところに案内されていくではありませんか・・・

ten-6

シーズンには登り専用となる、曲がりくねった急坂を時には蟹のように横歩きして降りて行きます。古びて所々壊れている石段がついているが踏み固められた雪で隠れ、非常に滑りやすい状態となっていた。中には本当に滑っている人もいました。こんな坂が曲がりくねって延々と続く

ten-7

ようやくと言った感じで登山道を降りてきて、裏側より旧天上寺跡地に入る。1976年放火によって1部である仁王門や宿坊を残して全焼してしまった。往時は参拝客でかなりの賑わいがあったというこの寺の焼失により、近辺にあった遊園地や土産物屋等が廃業せざるをえなくなった。

ten-8

今はもう廃墟となっている元宿坊の前で立ち止まって天上寺副住職の話しを聞く。今から30年以上前のことですが、若い頃ここに寝泊りして参拝客のお世話をされたそうです。

ten-9

今降りてきた旧天上寺跡地へ行く長い急階段を下から仰ぎ見る。年配の人は信仰・修行の一つとして、ここを苦労しながら休み休み上がったのでしょう。

ten-10

焼失を免れた前大門にあたる仁王門は整備はされていませんが佇まいは立派なものでした。この門を出たすぐの所に「下乗」と刻まれた石碑が立っていましたが、賑わいのあった頃はここまで駕籠に乗ってきた参拝客もいたことを示しています。

ここからはロープウェー虹の駅まで徒歩で行き、全員乗り込んで掬星台・星の駅まで戻った。13時をまわっていたから出発から2時間半以上掛かったことになります。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

摩耶の森クラブ2月イベント・摩耶山史跡巡り登山道を下る編①

摩耶の森クラブのイベントに参加すると初体験の出来事が多い。今回も写真を150枚以上撮ったが本当にセレクトし辛かった。先ずは行程途中にある天狗岩までをご覧下さい。

tenzyou1

10:30ごろからミーティングが始まった。後ろ姿を見ると冬山を経験してる雰囲気のある方達が結構いるみたいでした。背負っている膨らんだザックの中には一体何が入っているんでしょうか?手ぶらの私には想像しがたいです。

tenzyou2

出発する前にこんな簡易アイゼンを支給されたのでゴム長の上から取り付けた。これを取り付けた時から何かただならぬものを感じて、背中に冷たい風が・・・

ten-3

産湯の井へ降りる分岐点で待つ今日の講師役である摩耶山・天上寺の副住職と真ん中でヘルメット着用の人と私がこの日の当たりでした。その理由はゴム長を履いていたからです。

ten-4

原生林の枝や葉に降り積もった雪まみれの中を一歩一歩足を踏みしめて行く。足元が雪の坂道だから滑らないように全員下を向いて黙々と歩いています。

ten-5

摩耶山伝説の一つである、天狗が悪霊を封じこめたという岩が祀ってある天狗岩大神でその云われを聞く。この場所は大きさは揃っていたが何故か?色の違った鳥居が4本立っていた。

さてこの先からはいよいよ難行苦行の下りが始まるが、それはまた次回へと・・・


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

南京町春節祭は今年も大賑わい!

2月11日(月)午前中に南京町に行った。今日は春節祭の最終日で休日だから大変な人ゴミだろうと想像していたが、矢張り悪い予感が当たってしまった。

東屋広場は獅子舞の催しが11時からあって、それを見ようと3重、4重に人垣が囲んでいて身動きが取れません。ドラや太鼓の音が響いて、勇ましくも景気のよい舞台でした。

去年の春節祭は大丸前で龍の舞が見られ幸運でしたが、今年は多忙でここだけです。この祭りが終わると梅のシーズンが始まり、また春がやってくる。

haru


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

摩耶の森クラブ2月イベント・山はびっくりの大雪だった編

今朝、摩耶山に向かう途中、右手にある六甲山を何気無しに見上げるとそこは雪景色だった。私の足元はと見ると街歩きのスニーカー...   ピリピリ悪い予感がし、そこから急いで家に飛んで帰ってゴム長を用意して行った。この決断は後々大正解でした。山と平地は全然違うのです。

maya2102

ロープウェイの駅から掬星台に出ると、いちめんビックリの銀世界がお出迎えしてくれました。結構サクサクした乾いた雪が15cmぐらいは積もっています。

maya2101

休憩小屋の前ではかまくらでも作るのか?熱心に雪かきをしています。雪国と違ってコウベッコは雪に慣れていないので、年齢に関係なくつい夢中になってしまうんです。

maya2103

展望台からは普通は神戸の街が一望出来るのですが、今日ばかりはガスがかかって見晴らしゼロです。何時もは沢山ここで休憩している登山客も全然見えません。

今日の午前中は摩耶史跡を歩きながら歴史の勉強をするというアカデミックかつ優雅な時間を過ごすものだと少々甘めに考えていましたが、これが考え違いだったことを後で思い知った。それと山の神様とゴム長には感謝しました。さて事の詳細は次回へ・・・


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

50年前の芦屋浜

2月9日(土)今日は朝から珍しく雪模様。南京町の春節祭に行きたかったが中止にした。

代わりと言っては何ですが、こんな珍しい写真を見つけたので掲出しました。

セピア色になった古い芦屋浜の写真ですが、昭和32年に撮影されたこの写真の時代からはもう50年の月日が経ち、現在はこの地域は随分様変わりしている。波が押し寄せて来ている浜は広く埋め立てられ、堤防沿いには臨港線が建設され、その南には団地や大学のグラウンド、公園、野球場などに変っています。

下の方に一寸だけ見える川は宮川で、小型船舶が何隻か見えますが、当時は深かったのか川を行き来していたようです。

hama


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

トアロードリビングギャラリーとはこんなとこ

普段我々男性が1人でいくところでは無い。女性の聖地というか、男性は添え物的に連れ立って訪れるところかな。

今回ニット展撮影の為という正々堂々?とした目的を持って訪れましたが、それでも何か異分子と成って入り込んだ様に緊張しました。別な言い方をすれば異分子を寄せ付けないような張り詰めた緊張感のある場所ともいえます。

何か説明になっているような、いないような・・・

朝鮮や日本の古い家具や雑貨は好きだし、何点か所持しているくらいですから割とここの感覚は分かるつもりですよ...

でも矢張りここは女性の聖地です!拒否はされないけど、歓迎もされません。

このギャラリーが待っているのはセンス良い女性のみです。

tor-1

tor-2

tor-3

tor-4

tor-5



テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

坂田敏子ニット展に行った

昨日から始まった坂田敏子ニット展にその日の6時ごろ出かけた。

宵闇の中、開催中のトアロードリビングギャラリーを見つけるのに角の酒屋のおばあちゃんに訊ねたら、3,4軒下ったすぐ先にあった。

ギャラリーらしくセンスの良い静謐な、街並みに溶け込む佇まいだったので、迂闊にも前を通り過ぎてしまっていたのです。

少し緊張を感じながら、欅の扉を押して中に入るとコウベの大人の女性なら目を輝かす様な素適空間でした。私は男ですがそれくらいは解かるんです。その件はまたいずれご紹介するとして、ギャラリー左手にて坂田敏子ニット展が行われていた。

行った時間が遅かったのか、坂田敏子さんは帰った後で会えませんでしたが、知的で大人の女性を引き付けるような渋いけど、可愛いヒトをよりカワイクみせる様な作品ばかりでした。

作家の一点ものですから値段はそれなりにしてましたけど...

2月7日~17日まで当地で開催中!

nit-1

nit-2

nit-3

nit-4

nit-5



テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

YouTubeの音楽サイトはすごい!シンディ・ローパー編

古い話になりますが、阪神大震災の起こった日から2日後に用事でかって住んでいた垂水の自宅からまだスムーズに通行出来た山麓バイパスを通って車で三宮に出かけた。

街は壊滅的に倒壊している建物ばかりで生田神社の前を通った時もあの朱色の門や建物が蟹の様にペシャンコになり無残な姿で地面に這いつくばっていた。

今年の2月3日節分祭を初めて見に生田神社に行ったが、震災後神社が復興し節分祭の豆まき行事がまた始められた時にシンディ・ローパーが神社に来て豆まきをしたことを思い出した。見に行きませんでしたが、今から10年程前の事でしょうか。

その時はシンディ・ローパーには何の興味も無くて、格好から見て単なるパープリンだと思って無視状態でした。TVも見ない、ラジオもそんなに聴かない生活なので芸能人のことは週刊誌ぐらいでしか知りませんでしたから。

去年、偶々YouTubeでシンディ・ローパーが歌っている動画を見た。True Colourという曲でしたが、スムーズにそのメロディーが心の中に入ってくるのです。シンディ・ローパーがこんなに良いとは思っていなかった。まさに食わず嫌いでした。その時からこの曲のファンになって、少女から大人になる時の感受性や美意識が歌詞に込められているのかな...  などと自分流に勝手に想像し、そう思い込んでおります。

私の好きなフィル・コリンズもTrue Colourを歌っていますがこれがまた出来が素晴らしい!アレンジがケルティック・サウンド風になっていて、あのタイタニックのテーマ曲で流れるケルトのたて笛の様な音色が曲の出だしで流れますが、実はあれはソプラノ・サックスなのです。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

YouTubeの音楽サイトはすごい!贅沢貧乏編

昔は映像入りで聴けるとは考えもしなかったプレーヤーの演奏が見放題・聴き放題、しかも無料で出来るのだから何ともすごい時代になったものだ。

YouTubeの出現以来この感を強くしていますが、今更ながらインターネットは世紀の大発明だと思いますね...   この先どのように利用され、付加価値を生んでいくのか恐ろしい?と思わせる程その進化が楽しみです。

以前贅沢貧乏さんからコメントを戴いた時サイトを伺いに行ったのですが、その中でラフマニノフのピアノコンチェルトをカラヤン指揮、ワイセンベルグのピアノ演奏のお奨めYou Tubeがあった。この演奏はネットのマニアの間でもトップランクの賞賛を浴びていますが、さすがというかこのサイトでも推奨・挿入されていたので初めて聴いてみた。

ここでは鍵盤上で踊るワイセンベルグの手や指の動きが天井カメラ?によって映し出される場面もあって、気分的に演奏会場にいる以上に堪能出来るのではないでしょうか。

また逸話として、先生であったチャイコフスキーがラフマニノフの才能に嫉妬して評価しなかったことや、神経衰弱になり精神科医に心理療法を受けたことなども紹介されていて、マニアックで面白いサイトになっています。

カラヤンも生前は帝王と呼ばれ、絶大な人気を誇った人ですが、音楽以外の逸話として私がかって知ったのは確かスイスに自宅があってそこに戻るのにポルシェをレーサーのように駆るスピード狂であったらしい。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

2月からスポーツクラブをチェンジした

芦屋の海浜公園プールに1年以上も通っていましたが、10年目のリフレッシュ工事による1ヶ月以上の長期休館に入ったので今月から別な民間のスポーツクラブに入会した。

気分を一新する意味でスポーツオーソリティーの通販サイトから一番ジミ~なアリーナのベーシックスイムウェアのブラック(いつも変わり映えしないな・・・)とスイムキャップのブラックを各2枚購入した。プールのカルキ成分の為水着のワンセットが半年ぐらいしか耐用年数がありません。

私にとって運動するのは夜に歯を磨く習慣と同じようなもので、気分をスッキリと気持ち良くし、体調を整え健康を守るフィットネス習慣の1つだからです。

その時の体調に合わせて1000m~1500mを一気に20分~35分で泳ぐのが日課ですが、その後、血の巡りの良くなった身体でサウナに入ると全身から汗が見事にド~ッと吹き出てくる!冷水バスにつかって引き締め、またサウナへ... 特に冬期は汗をかく機会が少ないからサウナ入浴はいいもんです!

もう、最高!!!!! の気分

これは一生やめられません・・・

その後のビールが美味しいのは言うまでもない。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

珠玉のBMWバイクを見かけた

先週、ランチを食べた後の帰り道、芦屋の街で綺麗なヴィンテージBMW R50を見かけたのでトンカツ定食と共にカメラの中に仲良く?収めた。

臙脂に近い赤に塗装されたBMWは珍しい... 普通は殆ど黒が多いですからね。

bmw-1

右に赤シャツ姿の後ろ姿が見えるオーナーの話によると、アールズフォークはコーナーが苦手で、どこまでも続くアウトバーンの直線が得意らしい。BMWと言えばサイドカー装着を思いつくように、それ用に向いているサスかも知れません。

キャブの調子が悪くてガスが濃すぎるのかプラグがかぶってしまい、キックスタートが出来ない状態でした。ここで私は残念ながら用事の為立ち去りましたが、プラグ交換後無事ツーリングに出かけたのではないでしょうか。エンジン音も聴きたかった。

bmw-2

エンジンと機関部分の美しさは如何にもドイツで作られた、派手さもこけおどしも無いクラフトマンシップに溢れているマシーンといった感じがします。

このBMWやこの前のBSAを街中でさり気無く見かける芦屋市は文化があるというか豊かというか、矢張りさすが天下のアシヤだな!と改めて感心しました。

BMW R50の詳細をYou Tubeを含めこちらからご覧下さい。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

三宮生田神社節分祭

2月3日(日)曇り時々小雨。今日も朝から天気がぱっとしないが何とかも1日もちそうな感じ!

各地で節分祭が行われたが、地元神戸では場所も近いこともあるし、矢張り三宮生田神社の節分祭に行かねばなりますまい。

mame-1

2時丁度ぐらいに境内に到着すると、もう会場は満員の人たちでいっぱいです。まもなく子年の年女や年男たちの舞台への入場があって、気分は最高潮!

mame-2

今日の豆まきのスターはこの中央の人、西脇市出身のWBCバンタム級チャンピオン長谷川穂積選手でしょうか。この前5度目の防衛を果たしましたが、現在最強のチャンピオンと言われています。朴訥で真面目な青年といった感じで、思ったよりも小柄な人でした。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

ながた園住吉本店に行った

2月2日(土)今日のランチはこのところ連日スポーツクラブへ通っているのでトンカツをたまには食べよう、ということでながた園住吉本店に行った。

ここはトンカツに関わらず他の定食類を注文すると色んなおかず類やご飯、味噌汁、カレーなどが食べ放題になるお店です。

nagata-1

御馴染み定食三点セットは普通に美味かったです。ご飯に味噌汁お代わりして、おかずも色々食べて満腹しました。おかずをあてに昼間からビールを飲む人も結構いたみたいですが、私は午後からも仕事がありますからね、横目でチラチラ見ていただけです。


ながた園住吉本店 神戸市東灘区住吉宮町4-6-4 078-851-2370


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

HPのIndex画像を入れ替えてみた

先週の日曜日にポーアイ西北端の位置よりハーバーランドからメリケンパークまでの連続写真を撮影してきた。

先代のカメラに比べオリンパスSP-550UZはズーム機能が優れているので、結構鮮明な写真が撮れた。連続写真をPhotoshopでパノラマ画像にして画像補正後、一旦PSDで保存した。

Fireworksを開きキャンバスサイズを780ピクセル×150ピクセルにして、保存したPSDを読み込み、シャープエフェクトを与え、ロゴを挿入し、キャンバスサイズで切り抜き後ファイル名topで書き出し保存した。

HPのIndexのトップの位置にその保存したtop.jpgを背景画像として挿入したのはこちらから。

top.jpgを挿入されたindex.htmをブラウザーでプレビューしてみた時の印象として、構図は良いが空が曇っていて暗い感じがするな~。気に入らないから取り直し後やり変え。

天気の良い明るい日差しの時に同じ場所から再度撮影してきます。

今の画像は比較対照時の失敗作として、おニューに入れ替える時までこのままにしておきます。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:mikekimura
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

By FC2ブログ

コウベ アシヤ
神戸 芦屋の情報サイト

東京のここが面白い

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

リンク

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。