2008-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

讃岐うどん・丸亀製麺でランチ

内田家訪問の後、二軒茶屋から有馬街道へ右折し神戸方面へ戻る途中、讃岐うどん・丸亀製麺のロードサイド店が目に入った。丁度小腹も空いていたので寄っていこうか...

ぶっかけ冷の普通を注文した。280円と安くて美味かったので、続いてカレーうどんも注文!国産小麦の大黒を使用しているこだわりうどんでした。

丸亀うどん 


スポンサーサイト

テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

北区茅葺古民家・内田家公開 Ⅱ(屋根裏編)

今回は、屋根裏に登って見ませんかとの申し出があったので、梯子を掛けて登ってみました。

内田家Ⅱ-4

比較的新しい茅葺民家はもっと太めの柱が使われているそうですが、この家は箱木千年家と同じように細めの柱が使われているそうです。いわゆる柔構造になっているのかな?

内田家Ⅱ-5

釘は使ってなくて、藁縄で縛って組み立ててあります。屋根の両端には煙抜きの三角穴がある。

内田家Ⅱ-6

フラッシュなしで撮影してみました。囲炉裏の煙が屋根裏に充満し、この穴より出ていくのですね

内田家Ⅱ-7

屋根裏は主に次の屋根吹き替えの為の茅の保管に使用され、開口部からは土間と厩が見える





テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

北区茅葺古民家・内田家公開 Ⅱ(囲炉裏編)

北区に推定250年前(江戸の中期頃)に建てられたとされる魅力的な古民家が保存されている。去年の11月に初訪門しましたが、今年の7月全完成し、囲炉裏にも火が入るお知らせのDMが送られてきたので再訪問することにした。

内田家Ⅱ-1

この台所兼居間兼子供たちの寝室であるこの板の間には煮炊きと暖房を兼ねた囲炉裏があります。私が行った時はまだ火が入ってなくて、急いで火を入れてもらいました。今も屋根薫蒸用の煙を出す為一週間に一度は囲炉裏で火を焚いているそうです。

突き当たりの戸の向こうの部屋は主人夫婦の寝室兼物置きの納戸部屋です。今は庄屋の身分であった内田家の文化的遺産である甲冑や漆塗りの什器類などが展示されています。 

内田家Ⅱ-3

こちらは天井から下げた鉤に鉄鍋を下げるタイプではなく、囲炉裏の台に置くタイプらしい。寒い冬でも暖房はこれひとつですから、夜は家族全員がこの回りに集まって暖を取ったのでは。現代の家では便利な暖房装置があって寒さには無縁ですが、赤々と燃え上がる火を眺めながら食事をしたり、餅を焼いたりする団欒のある幸せな風景があったのでは... 

内田家Ⅱ-2 

この家の唯一の畳じきの部屋であるカミノマとシモノマは家族は普段も使用せず、村の寄り合いや結婚式などに使われ、公民館的役割のものでした。当日は客用の食事で使った箱膳が2客だけ置いてありましたが、こんな感じでずらっとならんだのかな?



この内田家は兵庫県指定重要有形文化財に指定・保存され神戸市教育委員会文化財課 650-8570によって無料で公開されています。


次回へ続く! 


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

宿場町平福、佐用町、千本に行った ⑤

JR姫新線に乗り換え、佐用町を後にしたのは13時43分、千本着は14時9分この無人駅で降りる人は私も含めて2人でした。当然駅前には店らしきものは一軒も無く、町というよりはムラの様相です。ミニパトが丁度駅前にいたので千本本陣への道を尋ねたところ、「蕎麦屋をやってるところですか?」 ・・・こちらでは知られた存在らしい。親切に道筋を教えてくれた。

千本-1

取り入れを待つ稲穂を分けて通る旧街道を5分ほど歩き、踏み切りを渡ってすぐのところに辺りの農家とは異質な黒塀の門があった。「たのも~う!」  ・・・と、一瞬言いたくなった。

千本-2

門を入ると、またまた歴史ありそうな屋敷があって、代々継がれてきた重みのある良い雰囲気!

千本-3

帳場に入ると、因幡や出雲のお殿様の宿札が残されており、松平不昧公の名も見えます。

千本-4

当時のものと思われる掛け軸や器などが飾られていて、中には貴重品もあるそう。先祖の遺産を代が変ると処分されることが多いですが、こちらでは建物も含め大事に保存されてきたようです。

千本-5

開け放った縁側からは店主さんが手入れする広い庭も見え、後ほど拝見してもよろしいでしょうか... と訊ねたら、結構ですよ、よかったら鎌も貸しますが... の応えに思わず笑ってしまった。

千本-6

筧からお手水にチョロチョロと雫の落ちる音、縁側の風鈴がチリンと鳴って、昼下がりのまったりした時間がゆるりと過ぎて行きます。燗酒をチビリと飲み暫しこの贅沢な瞬間を楽しもうか...

千本-100 

店主が自ら打つ蕎麦と肴、美味しかったです。何しろこの雰囲気ですもの、尚のことです。セットになっていて、ビールと地酒を楽しんで2800円ぐらいでした。  また行きたいですね。


千本本陣  たつの市新宮町千本1824  0791-75-5700


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

バークリー音楽大学JAZZコンサート in 芦屋

バークリー音楽大学学生たちによるチャリティ ジャズ コンサートが8月20日19時から芦屋市浜風町浜風の家であったので行ってみた。

浜風の家には当日初めて訪れましたが、ネットの地図で調べたらスンゴイ分かり易い場所だった。関係者の人に聞いたところ、ここは震災孤児や不登校児、近辺の子供達が集まる家で、このコンサートは甲陽音楽学院の学院長がこちらの理事をしている関係で毎年開催されているということです。ちなみに理事長は作家の藤本義一氏だそうですヨ。

浜風-1

浜風と名づけられているように、キャナルパークに面した文字通り浜風が吹き抜け、南側の広いウッドテラスからは目の前にカヌーやヨットが海面を走る姿も見え、羨ましい様な環境の所です。

浜風-2 

バークリー音楽大学はアメリカ東部にあって、ジャズミュージシャン志望の学生が勉強する伝統校です。以前芦屋市立美術博物館でコンサートを演った芦屋出身のトランペッタータイガー大越が今は教授の地位にあるらしい。

浜風-3 

気心の知れたクァルテットによる全てオリジナルのブルースナンバーでソフトリーで分かり易い環境音楽的な演奏でしたが、中にはウイントン・マルサリス等多くのジャズミュージシャンとプレーしたメンバーもいて、時にはその才能が互いに鋭く絡む緊迫のセッションもあり、1時間堪能した。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

宿場町平福、佐用町、千本に行った ④

ご存知のように、電車で地方旅行をする時、以前は時刻表で乗り継ぎ駅や時間、料金を調べましたが、現在は検索サイトですぐ調べられて便利ですね。

例えば、JRおでかけネットの検索フォームから出発地と目的地を入れて、時間を指定すれば何通りかのケースが示されます。

今回は芦屋から平福行き、時間は8月17日の8時頃に指定しました。その結果、芦屋8:44発途中姫路、相生、上郡で乗り換えて平福着が10:53の答えが出ました。次の目的地千本への連絡も調べますと平福発12:01佐用着12:07ここで13:43JR姫新線に乗り換え千本着14:09、この時間帯この姫新線は2時間に1本の電車しかありません。次回の千本発16:11姫路着17:02に乗ることに決定しました。

佐用-1

さて平福を出発して一駅目の佐用町に到着しました。乗り換えの待ち時間が1時間半ほどあったので町内を散策してみることにした。ここも佐用川の流域に出来た町で平福に似ていますが、この近辺の中心地らしく人口も多そうです。

佐用-2

旧街道の懐かしい感じの家並み。地方都市に行くとよくありそうな感じ。神戸でも昔はこんな家が沢山あったが震災でなくなりました。山本通りなどにまだ少し残ってますけどね...

佐用-3

中国自動車道の佐用インターがすぐ近くにあるため、阪神方面に出かける時は車や高速バスで行くのが便利で早いらしいですが、出来れば私の様に電車も利用してあげてね!

こんな風情のある呉服屋さんもあったが、やってないのかな?皆さん大都市に買い物にいってしまうのでしょうか。盛夏のお昼時、暑いせいもありますが町は閑散としていました。

佐用-4

通りかかったご婦人にここの名物を聞きましたら、ホルモンうどんだとか。ランチはお薦めのお多福に行った。加水率の少なそうなうどんとホルモン、キャベツを鉄板で炒めてもらい、タレにつけて食べます。コリコリと歯ごたえ良く、美味しかった。ビール1本飲んで1000円ぐらいでした。


次回へ続く!


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

宿場町平福、佐用町、千本に行った ③

JR上郡駅から中国山地を抜け鳥取に到る智頭線は地域のモータリゼーションの発達や過疎化の為廃線寸前にまで成りかけたとか、現在はスマートな特急電車も走る第三セクターの私鉄として立派に存在しています。上郡から単線で一両編成の普通電車に乗って約25分で平福に到着。

殆どの人が車で訪れるせいか、乗降客が少なく無人駅でしたが、本陣を模した立派な駅の前の道を行き、佐用川に架かる橋を渡ると直ぐに平福本陣跡があり、その前が川沿いの旧街道になっています。

旧街道には宿場の面影を残す街並みが1kmほど続いていますが、中には2,3軒の廃屋一歩手前の建物もあって早急な再開発が望まれる。

小さな街ですが、お洒落な食べ物屋とか喫茶店があれば良いなと思った。観光の為ではなく現実にお住まいされている家ばかりなので、廃屋を改築し保存展示すれば良いかなと...

10時53分に到着し、12時01分の電車で佐用町へ移動する1時間チョットで見て回った平福、川端風景が有名ですが、旧街道筋もなかなかのもので見ごたえありました。

平福-6



次回へ続く!


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

宿場町平福、佐用町、千本に行った ②

かって、江戸時代徳川幕府の頃、各地の大名に江戸詰めの勤務をさせる制度があった。謀反や反乱を抑える為でしたが、お国から江戸までの道中を参勤交代と呼ばれた。

殿や奥方、姫などが含まれたその大集団はその道中各地で大変なお金を使い、潤したらしいです。大名たちは武器調達に使う金が無くなり、生かさず殺さず状態にされ、結果的に謀反・反乱が出来なく成った訳です。

参勤交代が通り、街道筋で賑わった所は宿場町として発展しましたが、やがてそれが無くなり、交通の要から取り残された所は過疎化していきましたが、近年マチ起こしの風潮が昔の宿場町風情を残した日本の原風景に再度スポットライトを当てるようになって来た。

今回訪れた平福、佐用町、千本などはそれに当たるのではないでしょうか。先ずは平福の佐用川端に残された日本の原風景をご覧下さい。

平福-1

平福-2

平福-3

平福-4

平福-5


次回へ続く!


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

宿場町平福、佐用町、千本に行った

関西夏休みパスを利用して去年の年末以来の遠出をしてきました。兵庫県の東部にある昔の宿場町の面影を残す平福、佐用町、千本など神戸と比べると時間がゆっくりと過ぎてゆくような雰囲気のところばかりでした。交通機関は山陽本線で上郡まで、そこから平福まで第三セクターの智頭急行、戻って佐用から千本まで2時間に列車が1本しか走らないJR姫新線を経由していった。

何時も思うけど兵庫県は奥が深いわ!ホント・・・  楽しかったデス。

平福


詳細は次回へ!


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

登山ウエアも近頃は高機能性か

オリンピックのニュースが連日賑わしています。水泳で魔法の水着と言われるLR(レイザー・レイサー)の話題がよく取り上げられていましたが、それを着ることによって記録がアップするらしい。

いわゆる高機能ウェアの一種なんでしょうけど、摩耶山掬星台でも近頃、山歩き用に高機能と見られるウェアを着用している人たちがチラホラ出現しているようです。

効果の程を聞いてみたいものですが、集団で歩いているのを見ると、ファショナブルで格好良いですよね。タイツは気恥ずかしいですが高機能のTシャツは使ってみようかな。

wear 


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

摩耶の森クラブ・森の自然観察

水族館がブームで賑わっているらしい。以前、水族館の水槽の中でアジやイワシとそれらを食べる大きな魚を一緒に飼っているんだけど、大丈夫でしょうか?  ・・・と、子供の質問があった。小さい魚が食べ尽くされないかと心配しているんですが、それぞれの魚に人間が餌を与えているので、狩という大変エネルギーのいる作業をしなくなるそうです。

森は小さいものは大きい強い生き物に食べられる食物連鎖の弱肉強食の世界です。ペット状態ではなく、野生の世界ですからそこでは生き物たちが外敵から自分や家族を守る為、知恵を絞って必死の生活をしています。

torinosu 

摩耶の森クラブの関係者の方が巣立後で抜け殻の鳥の巣を採取し、集めて来てくれました。

鳥の名前を図鑑で調べられるように、鳥の巣も鳥の種類によって使う材料や形が同じパターンなので、そこに住んだ鳥を図鑑で調べることが出来ます。確かにこれに近いイラストが載っていた。

蛇やテンなどの外敵から守る為、細い折れそうな枝の先に住居を定め、材料を集めて来て、口ばし一つで作り上げる...  鳥は何と利口な生き物なんでしょうか。

中でもメジロの巣には感心します。細い小枝で半球型の巣を作り、外側は保護色になるように苔を貼り付けてある。二本の手を持つ人間でもこれは大変な作業ですよ!


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

摩耶の森クラブ・旧摩耶の大杉への道整備

午前中は岩の丘からバス道へと下る路の笹や雑木を刈ったりして整備をしましたが、午後からは旧摩耶の大杉への道整備に行くことにした。大杉道入り口にある元宿坊の空き地に積み置かれていた1976年に焼失した旧天上寺の焼け残りを運び出すらしい。

oosugi-1

何しろ、車の入れないところですから100%人海戦術で運び出すしかありません。午後からは背負子を両肩に担いで旧摩耶大杉道へいざシュッパ~ツ!

oosugi-2

旧天上寺の急階段では摩耶山登山道もシーズン真っ盛りなのか、登山客の集団が大挙して降りてきました。往時は参拝客がこんな感じでこの急坂を沢山往来したらしいです。当時この階段付近では一休みする参拝客のため甘酒などが売られ賑わっていたとか...

oosugi-3

旧天上寺本堂跡地を右手に見て、残材処理ボランティア班はこれから掬星台に向かう登山道の急坂を目指します。背中に担ぐのは錆びた波トタンやブリキ板ですから見かけ以上に重たい!


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

レスキューロボットコンテスト2008

今年で第8回目を迎えたレスキューロボットコンテストは8月9・10日神戸サンボーホールで行われた。残念ながら10日の決勝は行けませんでしたが、9日の予選の模様をお知らせしまします。

レスキューロボットコンテストとはジオラマ模型の被災地の街から要救助に見立てた人形・ダミヤンを遠隔操縦のロボットによって救出しますが、早さを争うだけでなく、人形にはセンサーが組み込まれていますので、救助時に手荒く扱うと減点になります。

rescue-1

去年の女性キャプテンは卒業で出場していませんでしたが、予選では日大理工学部桜菜チームがダントツ優秀だったので、救助の良い見本としてご紹介します。 

all 

赤のゲートをくぐって桜菜チームのロボット3号がやってきました。パソコンに写されたCCDカメラの映像を見ながら遠隔操縦されています。

まもなくダミヤンの前に到着、人形に覆い被さっている障害物を除去しますが、これを人形の上に落としたりするとセンサーが感知して減点になります。

ベルトコンベヤーを倒してアームで人形を優しく乗せ、ベルトコンベヤー を動かしてロボット内に収納します。これら一連の動作が正確で流れるようにスムーズでした。

rescue-3

人形を収納し終わったロボットを女性審判員が真剣な目でチェックしています。私の目から見ても文句の付けようが無かったですね。この後ロボットは出発点にもどって救助完了になります。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

モザイク クールミストストリート

この夏、各地のショッピングストリートでは人口的にミストを噴出させ涼を呼ぶイベントが話題になっている。本当に涼しくなるというより打ち水効果の様に多分に気分的なものでしょうが、霧の中を歩くようで確かに見た目は涼しそうです。

神戸でもハーバーランド モザイクの2階太陽通りでクールミストストリートのテーマで8月9日(土)~17日(日)の12:00~16:00、毎時0分から10分間ミストに優しく包まれている。

mist-1

時間が来ると、真夏の太陽が降り注ぐ通りには頭上のパイプから涼しげにミストが漂い始めた。立ち止まって全身に浴びる家族連れや嬉しそうに手を差し伸べる人など、なかなか良い感じ!

mist-2

同じモザイクで何時も人の列ができるイタリアンジェラートの店で塩バニラの新メニューがあったので試してみた。塩味の効果なのかアクセントのある甘さでなかなかいけました。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

摩耶の森クラブ・岩の丘からバス道へと整備

虫の知らせというか、「今日は摩耶の森クラブに行くのは止めなさい! キミに良くないことがおきるよ。」と何かが私の耳元で囁いた...  これは本当のホントです。

結局出かけましたが、ケーブルカーに乗るため駅に入ろうとしたら、後ろから延髄のところを蜂にドカ~ンと刺されました。両膝をついてしばらく呻いていましたが、感電したかの様で痛かった~

蜂に刺されたのは何年ぶりでしょうか? この暑さ、人間もイライラしていますが、蜂も同じかな?マ、でもこれで悪い憑き物は落ちたのだから、良い風に考えれば後は安全ということか... ようやくヨロヨロと起き上がって、重い足取りでケーブルカーに乗った。

bas-miti

今日の朝一、ロープウエー掬星台・星の駅の気温は27度、前回7月よりも2度高かったが下界よりはまだかなり涼しい水準です。ミーティングが終わって、午前中我々第一班は前回の岩の丘よりバス道に下る路を整備することになった。


次回へと続く!


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

八喜為(はきだめ)でランチ

緑と赤のように色にはお互いをより際出させ、目立たさせる色がある。それは補色と呼ばれていますが、ことわざにもそれがありますね...  「鳶が鷹を産んだ」や「掃き溜めに鶴」などは良い意味と悪い意味を並べてよりその差を顕著にしている。

新開地商店街に掃き溜め(はきだめ)という居酒屋がある。イヤ~間違えました、八喜為(はきだめ)ですね・・・ 

掃き溜めのような汚い店で、お客様たちに来て戴くのは余りにも申し訳ないですが、至らぬ処は誠心誠意努力致しますので是非ご来店下さいませ。 ・・・と言う名前の由来なんでしょうか?

インパクトが強いですよね、 八喜為!

夜は居酒屋、昼はランチをやっていますが、定食は全てワンコイン。串かつセットと鶏唐定の両方で1000円しませんでした。安いうまいで、名前負けしない店かな...

hakidame 


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

新開地夏祭り2008

暑中お見舞い申し上げます!
毎日暑くて大変ですが、お元気ですか~  私の周りでも結構身体に変調をきたしている方がいるので、皆さんも気をつけて下さいね。充分睡眠を取って、しっかり食べないと...

新開地夏祭り2008に行ってきました。去年から来てますが、すごくバラエティに富んで良かったです。マギー司郎が演ってるんじゃないか?と一瞬思ったひょうひょうとした語り口の紙芝居屋とか、涼のある虫かご屋、お馴染みの飴細工、元気いっぱいのダンスユニット、地元高校生による鉄道模型や、沖縄民謡、丸山クラブファイターズの可愛いチア、アコースティックギターをフューチュアーしたPopsなど盛りだくさん・・・  その他色々、スゴク楽しかったです。ご苦労さまでした。

ランチは新開地商店街筋にある八喜為(はきだめ)に行ってきました。

sinkaiti2008



テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

DREAM CUP ソーラーカーレース 鈴鹿2008

ソーラーセル(太陽光発電)と蓄電池を使って走るソーラーカーは内燃機関を使わないからCO2を出しません。現代が必要とするECOのニーズに直結した近未来・夢の乗り物ですが、芦屋大学がまた快挙をやってくれました。昨年度に続いて鈴鹿サーキットで行われたDREAM CUP ソーラーカーレース 鈴鹿2008の8時間耐久部門で芦屋スカイエースTIGAが勝利し、V4を達成した。

以前、芦屋市春の大園遊会2007でそのソーラーカーを見ましたが、なかなか格好よかったです

ashiya-u

芦屋大学はその他第1回カポエイラ全国大会なども開催し、多方面で活躍しています。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

みなとこうべ海上花火大会2008

前回のリュックサックマーケットがあった夜、7月の第三土曜日でしたが、摩耶山掬星台から南芦屋浜での花火大会を見物をした。距離はありますが、今年のような猛暑でも山の気温は24度、山肌を伝ってくる涼風は本当に心地良く、花火見物には何ともいいココロモチでした。

それに味をしめて、みなとこうべ海上花火大会2008も掬星台から見物することにした。芦屋浜よりメリケンパークは距離も近いし、花火見物には条件がより良いのではないでしょうか。

kobehanabi-1

7時半ジャスト打ち上げが始まった。星空をバックに暫くは夏の夜の花火を堪能していましたが、だんだんと空がスモッグの北京状態になって花火が霞んできた。折からの南風によって摩耶山の方向へ煙が集団となって吹き寄せられて来ているみたいです。

kobehanabi-2

花火とはえらい煙を出すものです。やがて掬星台からは街の1部や花火が煙幕に隠れて見えなく成って来た。 エライコッチャ!


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

«  | HOME |  »

プロフィール

mikekimura

Author:mikekimura
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

By FC2ブログ

コウベ アシヤ
神戸 芦屋の情報サイト

東京のここが面白い

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

リンク

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。