2009-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンリ菅野メモリアル in 萬屋宗兵衛

アンリ菅野が亡くなって10年、享年51歳であったらしい。今の時代においては随分若死にですが、彼女が元気な当時神戸でJazzSchoolを開講されていた。先生であったアンリ菅野が亡くなった6月にその遺徳を偲んで、お弟子さん孫弟子さん達が集まりメモリアルコンサートが開催された。今年で第三回目になる昨日、私も元町にあるJazzCafe萬屋宗兵衛に馳せ参じてみた。

アンリ菅野メモリアム-1 

GreatBlue以来のお目見えですが、御馴染み市川ちあき。アンリ菅野・福岡スクールの生徒であった当時、アンリ先生に褒められた逸話などを交えながらの2曲。矢張り実力者、素晴らしい。ジャンルは違いますが、あの偉大な越路吹雪も公演前には胃痙攣を起こすぐらい緊張したらしい。テンションを高め自分を追い込んでいく性格はアーティストの宿命なのかもネ。

アンリ菅野メモリアム-2 

スクールの皆さんも素敵な方ばかり。転勤したことや、定年になったこと、娘さんに衣装を選んでもらったパパなど、ほのぼのとした身近な話を交えたダンディな男性シンガー達にスイートな雰囲気の女性シンガーも上手な方達ばかり。アンリ菅野を偲んだ曲やスタンダードナンバーが多かったですが、時には思わず感極まって涙がにじむこともあった。ジャズボーカル素晴らしい!



スポンサーサイト

テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

手打ちうどん・いわしや

夏到来!で...  毎晩のビール痛飲の為か、近頃珍しくランチ時の食欲が無い。こんな時は消化が良くて美味いうどんが最高に舌と胃腸に合う。西宮の奥でちょっと遠いけど、ブログでもかなり評判を呼んでいる手打ちの「いわしや」にエンヤコラと行ってみることにした。

いわしや-1 

西宮も最北部で過疎地かなと思ったら、中国自動車道のインターがすぐ近くにあるので道路も広く、結構ロードサイド店が沢山あって賑わっていた。その一角にいわしやがあった。

いわしや-2 

1杯目は冷やだしと冷たいうどんのコンビ、「ひやひや」を注文。口当たりの良い出し汁からいりこの香りがして、食欲をそそる。出来立ての冷たいうどんがモチモチで、美味い出しと相まってこの季節には最高の食感デス。アッと言う間に一滴残らずたいらげた。

この美味さでは1杯で済むはずが無い!胃袋が2杯目を要求してくる。 ・・・で「あつあつ」と野菜かき揚げを2ケ注文。大汗をかきながら完食。かきあげも美味しくて評判通りの店でした。

全部で千円しなかった。コスパ最高!私んとこの近くにこんな店があれば良いのですが...



手打 うどん いわしや   兵庫県西宮市山口町下山口3丁目12-20   ( 078)903-3981


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

2009神戸・芦屋7月イベント予定はこうだ!

毎年恒例の真夏の花火大会や六甲山関連のイベントが今年も各所で賑わう。5月にインフルで中止になったイベントも嬉しいことに7月に入って何件か仕切り直して復活し、その影響か有名観光施設が無料開放!ビール祭りやカレー祭りなど行われ楽しくて、美味しい7月になりそうデス。

6月13日~7月20日9時~21時 英国&バラフェア 六甲ガーデンテラス

6月13日~7月12日8時~16時半 神戸市立森林植物園 森の中のあじさい散策 過去の森林植物園

6月20日~7月7日 モザイクの七夕

7月2日(木)10時~  企業博物館「ASICS SPORTS MUSEUM(アシックススポーツミュージアム)」の一般公開始まる。 アシックス

7月11・12日 第6回深江祭 神戸大学 神戸大学海事科学部  過去の深江祭

7月12日10時半~15時 昆虫観察と森の手入れ 摩耶の森クラブ 掬星台 これまでのイベントはこちら

7月18日15時~19時 摩耶山リュックサックマーケット 掬星台 過去のリュックサックマーケット

7月18日・25日10時~16時 茅葺民家・内田家住宅公開 無料 当日受付 文化財課322-5798

7月18日~8月31日 真夏の雪まつり 六甲山カンツリーハウス

7月18日~8月31日 六甲山牧場アルプス祭

7月17日~8月16日 観光施設無料開放 行こう!神戸キャンペーン 観光交流課

7月18~20日 ジャパン・ビアフェスティバル大阪2009 京セラドーム大阪スカイホール 地ビールや輸入ビール120種類が入場料のみで飲み比べ 当日券4300円

7月18日~8月30日 涼風川座敷 有馬温泉有馬川親水公園 

7月19日 神戸まつり おまつりパレード 5月中止から復活

7月25日 芦屋サマーカーニバル 潮芦屋ビーチ 花火大会7月25日20時~ 縁日・ステージイベント 

7月19・20日11時~ 第8回Kobe Love portみなとまつり メリケンパーク  ステージイベント 20日10時~船舶一般公開・体験航海など

7月24日8時入港・25日18時出港 コスタクラシカ・ジェノバ船籍 第四突堤

7月25日17時~20時半 メイン会場 サンバフェスタKOBE2009 ハーバーランド高浜岸壁 去年のサンバフェスタKOBE

7月26日(日) 16時~21時 「夕涼み会-カレーで夏をのりきろう!-」 神戸のカレー屋さんが6店舗集合します。それぞれのお店の味を食べ比べしませんか(有料)。 別途入園料は必要です。相楽園  過去のイベント

7月26日(日)  ペットボトル水ロケット  芦屋市陽光町の同市総合公園  浜風の家 0797-35-5700(冨田佳久)

7月26日10時半~、13時半~ 市立外国人墓地一般公開 再度公園 無料 抽選 森林整備事務所(371-5937)に申し込む

7月26日11時~18時 フィエスタ・ペルアナKOBE2009 海外移住と文化の交流センター5Fホール ペルー移住110周年及びペルー独立記念イベント ひょうごラテンコミュニティ 078-736-3010

7月27日~31日 元気up兵庫!灘五郷フェア 有料試飲 農産物即売 朝日ビルディング


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

シーホッパーで帆走した(3)

6月20日曇り空ながらマアマアの天気。午後から兵庫県立海洋体育館(芦屋マリーンセンタ)へYAMAHAシーホッパーに乗りに行った。窓口で聞くと、ツイていることに12時半から14時半まで1艇のみ空いていたので乗艇することにした。このマリンセンターは南西の風になることが多いらしいですが、今日は何時もと反対の北東の風だったので、発着の要領が何時もと違い戸惑どった。後でエキスパートの上手い発着を見学し、成る程!と納得したのでご紹介。

シーホッパーで帆走した(3)-1 

今日は何時もと違って北東からの風、この時点で5mぐらいの風速でしょうか。

シーホッパーで帆走した(3)-3 

午後4時ごろでしたが、ちょうどヨット講習会のシカーラが戻ってきました。ほとんど真後ろからの風なので、メインセールを下ろし、センターボードを全部上げ、ジブセールのみになっています。水際でクルーがとび降りて鼻先を押さえ、スロープで底を摺らないようしてやらないと。ガリガリやるとスタッフの女の子に怖い顔で叱られるヨ。これホント!ちなみに私も注意されております。

シーホッパーで帆走した(3)-2 

レーザーが戻ってきました。シングルハンド艇なのでシーホッパー乗りには参考になる。メインセールを操作するシート(ロープ)末端のエイトノットを解放し、セールがシバー(風を受けていない)状態になっています。センターボードを全部抜き、水際で右旋回し飛び降りてバウ側を押さえる。

上手い人のを見て参考にしないとね!



シーホッパー艤装   シーホッパーで帆走した(1)   シーホッパーで帆走した(2)


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

お伊勢さんに行った(おかげ横丁)

便利な交通機関を利用しての楽で軟弱な現代の旅と違って、昔は殆どの人は自分で歩いて何日も掛けて旅をした。途中病に倒れたり、死んだ人たちも結構いたのでは。それだけ大変な旅であったから目的地に着いた時には現代人に比べて何倍もの達成感があったのではないでしょうか。

「一生に一度は行きたい、お伊勢さん」...  到着し、その日は宿で一晩ゆっくり休み、明くる日は講の皆と宇治橋を渡り、清流・五十鈴川で身を清め、感激の思いで拝観したのかな。

そのような善男・善女が拝観後、ほっと一息ついたのが神宮前の門前町ではないか。美味しいお酒を飲んだり、食事をしたり、故郷で待つ仲間たちへのお土産も物色したことでしょうネ。

そんな思いを感じさせるテーマパークのような門前町が伊勢神宮前街道にあった。

おかげ横丁-1 

宇治橋のたもとから五十鈴川に沿って旧伊勢神宮街道が発していて、両側が門前町になっている。街並みは昔の町屋風に統一されていて、一見テーマパークのよう。酒屋、お食事所、土産物屋など様々。観光地というと物価が高いのが普通ですが、値段とかサービスは普通の市街と変らず良心的な感じでした。この門前町の名が、何故か「おかげ横丁」

おかげ横丁-3 

伊勢神宮の御銘酒であった西宮郷の白鷹を飲ませる酒屋があった。以前ぐるっと西宮酒蔵無料巡回バスで訪れたことのある白鷹酒造の展示室に見事な酒壷が置いてありましたが、この店にあった壷ではないでしょうか。おかげ座という小屋があったり、街並みの雰囲気を壊さない外見の銀行や清流・五十鈴川の遊歩道で休憩したり、様々に楽しめます。

おかげ横丁-2 

この日は休日であったせいかアトラクションが街の各所で行われ、人だかりがしていました。

伊勢うどん 

伊勢といえば「伊勢うどん」。一見讃岐うどんの様ですが、似て非なる食べ物でした。真っ黒なタレの上に太めの麺が乗っていて、ぐるりと掻き回すとこんな感じ。エッヂもコシも歯ごたえも無し。食べ慣れると美味いのかも。名古屋や伊勢には風土なのか独特な食べ物がある。

テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

お伊勢さんに行った(内宮編)

外宮参拝の後、バス停より内宮行きの三重交通バスに乗車。このバスは近鉄系列なのでお伊勢さんきっぷを提示するだけでパスでした。やがて20分ぐらいで内宮に到着。

バイク専用Pには何故か様々なハーレーばかりが50台以上も停まっていて目立ってたな~

内宮-1 

清流・五十鈴川を跨ぐ宇治橋は内宮への導入部ですが、架け替え工事中だったので参宮案内所左側に架かる仮橋より入った。参道をしばし行くと右手に、五十鈴川に降りる石段があって目の覚めるような清流がサヤサヤと下っていた。ここで手足を洗って身を清めリフレッシュします。

天を突くような杉の森の中の参道を行くと、突き当たり左に急階段があって、奥には天照大神を祀る御所宮が何重もの垣根に囲まれた内にある。これ以上は内には入れません。

内宮-2 

外宮と同様に広大な境内には様々な云われのある古代の様相の社や倉が散居して建っていた。縁結び、安産、子育ての子安神社などもあった。能舞台のある参集殿では女性ボーカルの奉納イベントがあり、沢山の参拝者も熱心に聴いてました。


次回はおかげ横丁へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

西宮市甲子園口 ・ごはんや

6月15日今日も良い天気。晴れるのはイイですけど、毎日蒸暑いネ。  毎年水不足だ!とニュース種になってる四国のあのSダムがもう50%切っているらしい。カラ梅雨かな今年は...

午前中、西宮今津のスポーツオーソリティーにスイミングパンツを見に行き、気に入ったのがあったので購入。その後このブログご推奨の「ごはんや」にランチしに行った。

ごはんや-1 

店頭の黒板に今日のおまかせメニューがいっぱい。この辺がこの店のウリなのかも...  他店と差別化しないとネ。  迷って下から4番目のなすゴーヤ味噌炒めに決定!

ごはんや-2 

ごはんは炊きたてだしメインは美味かった。自家製?の漬物とシジミの味噌汁もグ~。女の人が3人でやってる良心的と感じさせる店かな。ありそうでナカナカ無い店だと思った。


ごはんや   西宮市甲子園口3-26-13    0798-67-6066


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

摩耶の森クラブ 野鳥観察とアジサイ苗木植

5月14日良い天気。今日は久振りに摩耶の森クラブのイベントに行った。今年の1月の冬芽観察会以来でしたが、悪天候やインフルで中止に成ったりし、ツイテなかった。

10時過ぎにロープウェーで掬星台まで上って、下界を見下ろすと濃い目のモヤが一面にかかって景色がハッキリと見えない。天気が良くても、矢張り梅雨の合間の晴天だったのかな。

野鳥観察とアジサイ苗木植 

午前中は登山道を登ったり降りたりし、野鳥を観察した。何時も山や鳥を観察している人は我々素人とは違う!目につかない対象物をすぐ見つけてしまう。小鳥が木から木へ飛び移る僅かな瞬間で直ぐ種類が分かる。スゴイです。感心してしまった。

途中草むらの中から食べられるキノコを発見したりした。ちなみに次回はキノコ観察会らしいデス

午後からはアジサイの苗木植えをやった。トラック1台分、それもタップリとあるのを全部植えつけました。山上の池では木の枝にスノーボールのようなモリアオガエルの卵が産み付けられていました。いつもながら摩耶山は生物の楽園なのか色んなものが観察できた。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

シーホッパーで帆走した(2)

6月13日梅雨の中休みといった良い天気。兵庫県立海洋体育館(芦屋マリーンセンタ)へYAMAHAシーホッパーに乗りに行った。6月4日以来の2回目。土曜日のせいか10時前だというのに沢山の艇が準備中。旗を見ると南西の風5m程度かな、初心者には絶好のコンディション。

シーホッパーで帆走-2 

スロープから台車ごとシーホッパーを海に降ろし、艇を押しやってイザ出発。5,6m進んだところでセンターボードを差し込み、さあこれから帆走です。湾内は良い風が吹いて良い心持。

タックを繰り返しながら夙川大橋を越え沖へ出ようとした途端、急に突風が襲ってきてひっくり返りそうになった。橋の内側と外側は風の強さが全然違って、ドッキリ肝を冷やした。

その後スグ湾内に戻って1時間ほどタックとジャイブ、ランニングの練習を繰り返す。午後からは風も強まってきて、某大学新入生グループのシーホッパー集団でも沈する艇が相次いだ。素早く起こしてましたけどネ!沈しないに越したことはないけど、恐れていては上達しないのかも...



シーホッパー艤装   シーホッパーで帆走した(1)



テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

お伊勢さんに行った(外宮編)

お伊勢さんきっぷを使っての初めての伊勢神宮行き往復の近鉄特急車中はチョ~快適。車掌は私が伊勢神宮へ初めて行くことを説明したら、パンフレットをくれるなど丁寧で親切。パンフを見ると難波からは、奈良・京都・伊勢志摩・名古屋・吉野と様々な方面に路線が延びて、広域をカバーしているのにビックリ。JRを別にすれば路線距離トップの私鉄ではないでしょうか。

伊勢神宮の前知識は全く調べてなかったのですが、パンフによると伊勢神宮は2大社に分かれていて、参拝は最初は外宮(げぐう)からするのが本筋らしい。ということで、先ずは近鉄伊勢市駅で降り、何故かJR駅側から出て、両側に商店の並ぶ参道を10分ほど歩いて到着。

外宮-1 

天照大神を祀る内宮(ないぐう)創建から500年後にこの外宮が造られた。天照大神の食事を司る豊受大神を祀ってある。この御正殿の他に広大な境内の中には様々な社があって全部拝観して歩くとかなり時間が掛る。山などの自然を神と崇めた日本古来の神道は社の形や色もモノトーンで派手さが全く無く、辺りの自然風景に溶け込んで一体化しています。

外宮-2 

シーズンも盛りなのか、菖蒲の白や紫の花が池の周囲に咲き誇っていまいした。


次回は内宮へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

奈良町に行った(4)

現在も奈良町で大店の風格をもって商売されている町屋もありますが、しもた屋になってお住まいされてない町屋もあります。古い木造の家は維持・管理が大変ですし、現代の家に比べて住みにくい。家人が高齢になるか、亡くなられた後は住む人も無く、歴史的遺産が台無しになってしまいますが、大切な歴史資料として市が維持管理されているようです。その一例をご紹介。

奈良町-7 

元は商家であった典型的な町屋構成の家が「ならまち 格子の家」として無料で公開中です。

奈良町-8 

玄関を入ると帳場があって、土間の廊下を隔てて表通りに面した店が見えます。

奈良町-9 

スペースを無駄にしないように物入れや収納庫が付属した、2階へ上がる箱階段のある中の間。

奈良町-10 

奥に続く土間にはカマドが設けられた台所があった。燃料のマキが燃やされ、煙突は無いので、燻蒸効果のある煙が天井の煙抜きから抜けていき、その煙が虫食いから家を守った

奈良町-11 

家の中程にある中庭より店側を見る。趣味や憩い以外に店と住居棟とを隔て、夏には風が通り易いようにする役目があったのではないでしょうか。

奈良町-12 

中庭の奥には渡り廊下で行く住居棟があって、そのまた奥には庭があり、蔵が建っていた。間口は狭いですが随分奥行きがあります。

奈良町-13 

中の間の箱階段より2階へ上がる。梁や柱が漆を塗ったように黒光りしています。カマドより立ち昇った煙が永年木肌に染み込んで行き、乾いた布で毎日家人が表面を磨いてやることによって初めて出来上がる色合いだそうです。使い捨ての現代に比べ、モノが大事にされた時代です。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

奈良町に行った(3)

前回でもお伝えしましたが、遍都によって衰退した元興寺はその広い境内が分譲地化され、商店や住宅地に変っていった。その殆どが押し並べて、奥行きはあるが間口の狭いウナギの寝床のような構成に成っている。これは当時、間口の広さに応じて税金(固定資産税?)が掛けられいた。敷地を稼ごうとすると、節税対策の必要に迫られ、このような形になった訳です。

奈良町-6 

奈良町を散策しますと、間口の広い大店が現在も昔の装いのまま商いをしています。テーマパークのような街並みでありながら非なるところは、昔からこの地で生きてきた生活感が溢れていることでしょうか。軒下の梁の上には魔除けなのか、柊の小枝が置いてあった。


次回は代表的町屋の内部へと続く

テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

奈良町に行った(2)

奈良時代、大陸から伝播した仏教推進派の曽我氏と古来の神道派であった物部氏 との間で政争があり曽我氏側が勝利。仏教が政治に取り入れられるようになっていった。

当時日本最古の仏教寺院として建立された元興寺はとてつもない広い境内と勢力を誇っていた。ところが奈良の都・平城京から京都・平安京に遍都された結果、元興寺は衰退し、その広い境内は分譲宅地化され町屋が形成されていき、現在の奈良町の礎が出来上がったそうです。

奈良町-2 

近鉄奈良駅から南へ下るとスグに広い三条通りに出会う。左折(東行)し春日大社方向に100mほど歩いて行くと采女神社の向かいに猿沢池があって、人力車が停まっている道を右折南下すると、いよいよ奈良町ゾーンへの導入部となる街並みが出現し始める。

奈良町-3 

ご婦人が通りの斜め向かいから双眼鏡で自宅の軒下を観察していましたので、「何を見てるんですか?」と訊ねましたら、「巣立ち前の子ツバメが落ちないか心配デ」...  近くに寄って観察すると親ツバメが警戒しますからね。奈良町にはユル~りとした空気が流れていました。

奈良町-4 

商家だけでなく、一般の民家までも奈良町のイメージ造りに協力されていて、街並みの統一性には驚く他ありません。

奈良町-5 



次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

お伊勢さんに行った

6月7日連日の良い天気。お伊勢さんきっぷを使って2日目は伊勢神宮まで行って来た。阪神芦屋駅より午前9時ごろ出て、途中3回乗り換え、近鉄伊勢市駅に到着したのが11時回ってました。神宮の外苑の食堂で早めの伊勢うどんのランチを食べ、腹ごしらえをし、最初の目的地の外宮(げぐう)に向かった...  伊勢神宮は外宮、内宮と2箇所に分かれているのです。

お伊勢さん-1 

さっきようやく家に到着したばかり。9時を過ぎていました。今日も色んな所に行って、沢山飲んだり、食べたり、写真もいっぱい撮影してきました。天気も良かったし、最高の1日でした。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

奈良町に行った

6月6日良い天気。今日は2日間利用可能のお伊勢さんきっぷを使って1日目は奈良町まで行って来た。阪神芦屋駅より午前8時前の直通快速に乗って近鉄奈良駅へ1時間10分ほどで到着。イメージしていたより近くて早いじゃア~リマセンカ。これも阪神なんば線開通のお蔭かな。

午後から神戸で仕事があったので早出して、駆け足で奈良町探索し、大急ぎで戻ってきました。帰りの電車は満員でしたが甲子園駅でガラガラになった。試合開始前頃の時間だったので阪神ファンだったのでしょうか。なんば線開通は奈良のファンも甲子園へ沢山呼び込んでいますネ。

奈良町-1 

駅のインフォメーションでマップと観光ガイドをゲットし、モーニングサービスを食べながら奈良町散策を検討。正式には奈良町という町名は無くて、元興寺周辺に存在している奈良の古い町屋の風情を残した街並みエリアを総称的にそう呼んでいるのです。

近年日本各地に観光資源として古の街並みを残す運動が盛んになっていますが、その中でも古都奈良のスケールは矢張り凄い。足が疲れるほど歩いても、延々とその街並みが続いていく。

ならまち振興館でリタイアされた年配の方がボランティアとなって活躍されていました。かれこれ1時間ほど話し込みましたが、京都より都として歴史の古い奈良に大きな誇りを持っておられるのがヒシヒシと感じました。歴史ある寺と町屋の街奈良、神戸からも身近になったものです。



次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

シーホッパーで帆走した

6月4日どんよりとした曇り空。兵庫県立海洋体育館(芦屋マリーンセンタ)へYAMAHAシーホッパーに乗りに行った。丁度近くの小学校の生徒たちが校外学習でカヌーの実習中に遭遇。

シーホッパーで帆走-1 

先ずは艤装開始。前回と同じ1号艇ですが、2回目だから要領が分かって大分早くなった。慣れれば10分ぐらいで可能でしょう。マリーナの前海は生徒たちのカヌーでいっぱい。

1号艇に乗っているのは私めです。 微風なのでユルユルと間を抜けて出走開始。ラダー(舵)を下ろし、湾の真ん中あたりまで進むと良い風が吹いていて気持ち良く帆走。西側に高層マンションが林立し、防風壁に成っているので湾内の場所によっては風の吹きムラがあるようです。

次回は5mぐらいの風が吹いた時に湾外に出て行きマ~ス。チョットした冒険をするようでワクワク気分。3日間講習での練習を思い出しながら風と戯れてみます。



シーホッパー艤装   シーホッパーで帆走した(2)



テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

手打ち蕎麦処・石庵(2)

遠くへ行く事にロマンを感じていたのか、以前はわざわざ長野や山梨まで行ったこともある蕎麦食いの私ですが、本来近くに気取りが無くて美味い蕎麦屋があるのは矢張り便利で嬉しい。

前回カナディアンのFood&Fun Fair2009白鶴酒造・灘の酒蔵開放2009の後に寄りましたが、今回は結果的にインフルで空振りとなったイベント前の腹ごしらえに石庵に寄った。

石庵-2 

大盛りザル蕎麦定食は1500円。氷水で締められた10割の手打ち蕎麦と塩天丼。

20歳のころ神田の藪蕎麦でざる蕎麦を初めて食べた時、淡雪の様な白い蕎麦が櫛ですかれた様に、余りに上品な盛りで出て来たのにはカルチャーショックを受けたことがありましたが...

少し辛めの出し汁で喉越しの良い盛り蕎麦をストレス無く、豪快に食べるのが1番だと思っております。この蕎麦屋ではまさにそれが可能!塩天丼もカラリと美味かった。



テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

武庫川サイクリングロードで甲東園まで(2)

この日は午後からは陽がパッとさしてきて、初夏のように暑いくらいであった。尼崎と西宮の市境を流れる武庫川は川幅も河川敷も広々として、家族連れでバーベキューをする人や野球、サッカーをするグループで賑わっていた。河口から仁川の辺りまでの南北約10kmまでの間に幹線道路に架かる大きな橋や新幹線を始めとして阪急、阪神、JRなどの鉄橋が架かり、さながら橋梁モデルのオンパレード。サイクリングロードも多種多様な自転車で賑わっていた。

武庫川サイクリングロード-2 

植栽や松並木に西宮のシンボルの樟の太木などが茂った広い河川敷。サイクリングロードは土手上の車道に沿って行き、新幹線の鉄橋を越えてから暫くで終点になる。休日の混雑振りをみると、道幅はこの倍は欲しいところです。信号が無いから皆さん結構スピードを出しますから。

インド料理 ラ・ルー 

甲東園に到着。リトルアジアの中でも老舗でしょうか、インド料理 ラ・ルーで遅いランチをとった。

インド料理 ラ・ルー-2 

野菜とチキンのカレーとまるでヒマワリのようなサフランライスのランチ1000円。炊かれたものではなく、蒸したご飯なのか、堅めで量も多く、カレーに合って美味しかった。

宮っ子ラーメン 

甲東園から帰る途中、ラ・ルーの近所にあったので宮っ子ラーメン本店に寄っていくことにした。ランチの後でもラーメンぐらいは入るものです。ご覧の通り小さな店ですが、中を覗いてみたら客が20人ほど待っていた。並ぶの嫌な私としてはパス!かなり有名なラーメン屋らしい。

帰りは鳴尾浜からずっと湾岸高速道路の側道を通って芦屋浜で降りた。アップダウンが激しい道で良いトレーニングに成ります。自転車に取り付けてあるキャッツアイのマイコンによると本日の走行距離は約43km。普段は近場を走るだけでしたが、初めての遠出で満足した。


武庫川サイクリングロードで甲東園まで    武庫川サイクリングロードで甲東園まで(2)

テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

«  | HOME |  »

プロフィール

mikekimura

Author:mikekimura
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

By FC2ブログ

コウベ アシヤ
神戸 芦屋の情報サイト

東京のここが面白い

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

リンク

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。