2010-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Legend of the seas神戸ポートターミナルに入港

3月31日今朝の43号線灘陸橋手前のデジタル温度表示は7度。寒い!神戸ポートターミナルに6時40分ごろ到着したら、すでに接岸準備中だった。10分ほど来るのが遅かったか、残念!

Legend of the seas-1 

神戸ポートターミナルに接岸したLegend of the seasは7万トン。一昨年同バースに入港したラプソディ オブ ザ シーズの姉妹クルーズ客船。かって入港した中でも最大級の船。

Legend of the seas-2 

Legend of the seas-3 

Legend of the seas-4 

歓迎を意味する3連旗を振っている人がいた。5時前から来てたとか。船尾にはバハマの国旗を掲揚。神戸ポートターミナルのエントランス前には観光バスがずらりと並び、出港予定の本日17時まで約10時間弱のサイトシーイング。ちょっと慌しいですが、どちらにお出かけでしょうか。


スポンサーサイト

テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

淡路花博2010(4)

野外劇場から広い芝生広場を横切る途中、「ひょうごの物産展」のテントで淡路ビールを飲んで一休み。丁度サンテレビのスタッフ達が取材に来てました。その後、次のお目当て花の村へと。

淡路花博2010(4) 

イギリスの昔のカントリーを表現した「花の村」。コテージの一軒一軒は飲食店か雑貨販売の店になっていて、画像では大きく見えますが、サイズはガレージクラスでしょうか。花好きな英国人の村らしい雰囲気がよく出てた。庭に置かれた白い清潔なクロステーブルでお茶も楽しめる。

以上ざっと入場無料エリアを1時間あまり駆け足で見てきましたが、その他のエリアは有料になっているようです。メインとサテライトを含めた会場はとてつもなく広いので、1日で全会場を見るのは多分不可能。余裕があれば、2,3日滞在するリゾート型が島を楽しむ良い機会ではないか。


さてこの後は来た道を戻り、垂水のITALIAN BAR TRUでランチ...  と、その近所にある三井アウトレットパーク マリンピア神戸に行った。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

淡路花博2010(3)

海沿いの道をバスは走り、途中スポーツ用自転車に跨った集団に何回も出会った。風光明媚な海岸沿いを潮風に吹かれながらツーリングするのは真に絵になる風景。淡路島には似合っていると思った。やがてバスはウエスティンホテル淡路のエントランス広場に滑り込んで行った。

淡路花博2010(3) 

先ずホテルのエントランスから入り通路をたどって行くと、海に向かって拓かれた丘陵地にある花壇、百段苑に導かれた。段々畑のように百のエリアに仕切られたそれは、遠目にはまるで渋めのパッチワーク。色とりどりのキク科の花が植えられ、日当たりも景色も最高!

空中廊下から塔内のエレベーターで下に降り、タイル舗装のプロムナードを歩いて行くと、野外劇場に出くわした。これから行うイベントの準備中でした。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

淡路花博2010(2)

なにせ明石大橋を通行するのは初めてなので、見るもの全て珍しい。気分的には小学生が遠足に行くようなものか。何回も通った人は珍しくも無いでしょうが、思い出しながらご覧下さい。

淡路花博2010(2) 

JR舞子駅を出て高速舞子への標識に従ってしばらく行くと、途中の空中庭園から彼方に大橋の主塔が見えた。素晴らしい眺め。長いエスカレーターに乗って高速道脇のバス停に到着。

やがてバスがやって来て、時間通りに出発。料金は往復で1000円でした。間もなく1本目の主塔が目の前に。4年ほど前にあのてっぺんに上ったことがあったナ~。懐かしい・・・

淡路島に近づき、タコフェリーの岩屋港が見えてきた。淡路インターから一般道へと入り、途中対岸に神戸の街が見え隠れしてくる。島内の道路は良く整備され、交通量も少なくて走り易そう。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

淡路花博2010

8月27日快晴。本日は淡路花博2010に行ってきた。JR芦屋駅より快速に乗車し約30分ほどで舞子駅に。高速舞子から9時30分発のバスに乗り、明石大橋を通り15分程で淡路夢舞台に到着。兵庫県民でありながら、明石大橋を通ったのはこの時がワクワクの初体験。淡路島内の短い道中、左手は大海原、右手は小高い丘陵の連続。開放感があって素晴らしい景色でした。

淡路花博2010 

ウエスティンホテル淡路のエントランスでバスを降り、最初はホテル内の通路をたどり淡路夢舞台ゾーンの丘陵地帯へと足を踏み出した。太陽は燦々と降り注ぎ、気温の割りには暖く感じた。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

関西ボートショー2010

3月26日気まぐれな天気が続く。本日から3日間、新西宮ヨットハーバーで開催される関西ボートショー2010にお昼頃行ってみた。到着した時には急な雨の後だったので、準備中といった感じでしたが、週末は込み合うでしょう。まだまだ三寒四温ですが、海のシーズンが開幕する。

関西ボートショー2010 

ボートメーカーやエンジン、魚探、船具、釣具、国土交通省などのブースがずらりと並んでいた。ちょうど試乗艇が戻って来た。新艇からお化粧直しされた中古艇までズラリと顔見せしてました。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

沢の鶴蔵開き2010

沢の鶴蔵開きには去年も行った。今まで初しぼりや蔵開きに行った酒蔵は全部ブログに出しましたが、沢の鶴だけは出さなかった。というより出せなかったのです。その理由を考えてみた。

沢の鶴蔵開き2010 

何故だろう?と思った。不愉快なことは何も無かったし、当然酒は美味しいし、屋台の食べ物はアイテムは少ないが安くて美味しかった。不満を言ってる訳ではないですが、何故かブログネタになり難かった。定石通りで地味なんですね私の感覚では。もっと華があっても良いと思った。

上の画像を見て多少納得した。規模の大きい立派な会社なんですが、今年でまだ第2回目の蔵開き。ひょっとするとまだこのイベントに慣れてないのかも。少々辛口のコメントでした。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

第8回アーモンド並木と春の音楽会

今日も雨が降り続く。好天が続いた第8回アーモンド並木と春の音楽会では満開でしたが、この雨でどうなったやら。多分あの会場の水辺もピンクの花びらでイッパイになっているのでは。
 
第8回アーモンド並木と春の音楽会-1 

環境問題が声高に叫ばれている昨今。会場内では建設局東水環境センターの職員の方たちが去年以上にこうべバイオガスの宣伝をしていた。日本初のシステムですからね。資源の少ない日本には無駄に捨てるものは何も無い、これからの日本が生きていく方向性を示しているかも。

第8回アーモンド並木と春の音楽会-2 

真面目な話だけでなく、今年もステージでは色んなプログラムが催された。ほんの一部ですが御紹介。若さ溢れる御影高校のチアリーディング。最後はこれで決め!多分あのマークか?神戸よさこい絆・・・ 記念撮影かな?神戸ちるど連の阿波おどり、エスコーラ ジ サンバKOBECCOの可愛いダンス‥・  その他、食べ物屋台も沢山出店し、大勢の人で賑わってました。


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

SANNOMIYA Collection 2010 S/S KOBE

3月22日神戸・三宮センター街でファッションショーが開催。13時半からセンタープラザ京町筋大階段、14時からはセンター街で春夏最新の衣装を着こなしたモデルたちが颯爽と披露した。

SANNOMIYA Collection 2010 S/S KOBE-1 

先ずはセンタープラザ京町筋大階段でプロのモデルが登場。場内放送によると、皆さん三宮センター街の各ショップが提供する衣装を着ているとか。全員背が高く、綺麗。さすがでした。

SANNOMIYA Collection 2010 S/S KOBE-2 

2時からは三宮センター街そごうデパート側から「神戸美少女図鑑」の素人モデルも交えて、順番にウォークした。プロモデルは無表情でしたが、彼女達はニコニコと楽しそう。照れ隠しかな。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

大阪モーターサイクルショー2010(3)

今年で第4回目になるトライアルデモンストレーション(TD)、今回は国際A級スーパークラスの選手1人と国際A級選手3人による充実した面白いTDでした。2007年第1回目の時に1人の選手が観客席に飛び込んでいく大ハプニングがあった。幸いにも誰も怪我をしませんでしたが。
 
大阪モーターサイクルショー2010(3)-1 

4人の中で最年長、国際A級の高橋選手が得意とする原チャリウイリー。茶目っ気たっぷりデス。

大阪モーターサイクルショー2010(3)-2 

近距離から発進し、3台のマシンをまとめて飛び越えていく驚異の技。目の前でやってくれた。

大阪モーターサイクルショー2010(3)-3 

3台同時にまとめてのスロープ登り。難易度はどうなんでしょうか。楽々とやってるように見えた。

大阪モーターサイクルショー2010(3)-4 

ユーモアたっぷりの高橋選手の企画。無線操縦のミニトライアルが発進!スロープを見事登り切ったところで、待ち構えたネットがキャッチ。選手の皆さんも楽しんでやってた。大拍手~~。


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

大阪モーターサイクルショー2010(2)

ライダーにとって今年も良い季節が始まった。カーブでリーンさせ、アップダウンを駆け抜ける。エンジンの鼓動や排気音を感じ、自然の厳しさや優しさに触れ、春風の中をツーリングする喜び。
 
大阪モーターサイクルショー2010(2)-2 

国内4大メーカーのブースは例年通り、センスよく無難にまとめ上げてた。ハーレーは円高日本に今年も大々的に販売攻勢を掛けるのか、各ブースの中では1番目立っておしゃれなディスプレーのように感じた。BMWは車種や展示台数も多く、バイク同様オトナっぽいブースといった感じ。

大阪モーターサイクルショー2010(2)-1 

アメリカンが好きな訳ではないですが、ホンダのVT1300CX格好よかったです。仕上げが良くてメカニカルで存在感のある彫刻みたいだった。カブ仕様のサイドカーは可愛くて売れそう。モンキー用のチタン製フレームにエンジンのヘッドがツインカム化され、参考出品されていた。遊びとしたら面白いが高価そう。YAMAHAからはリチウムイオンバッテリーの電動クロスバイクが出品。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

大阪モーターサイクルショー2010

3月21日暖かい昨日と比べ、大陸からの寒くて強い北風が運んだ黄砂で空が霞んでいた。本日は大阪南港インテックス大阪で開催中の大阪モーターサイクルショー2010に行って来た。
 
大阪モーターサイクルショー2010 

車の実用性に比べ、100%趣味の乗り物に近いモーターサイクルですが、この不況の世の中でも会場はムッとする程の人イキレ、会場内はマシンに目を輝かすファンでいっぱいでした。沢山の内外メーカーが出展してましたが、ブースの広さは国内4大メーカーとBMWとハーレーが矢張り群を抜いていた。第4回目のトライアルのデモンストレーションは以前に増して企画が練られ、楽しくて素晴らしいトライアルサーカスのパフォーマンス。皆さん大拍手喝采ものだった。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

第6回日本橋ストリートフェスタ

大阪モーターサイクルショー2010を見た後、大阪市内日本橋3丁目付近で行われる第6回日本橋ストリートフェスタに行ってみた。電化製品安売りで有名なでんでんタウン日本橋。近年はロボットやIT部品、サブカルの街として街起こしが色々と企画されていますが、13時からコスプレのパフォーマンスなど多彩なイベントがある。それに何と!あの通天閣ロボが完成披露されるらしい。
 
第6回日本橋ストリートフェスタ-1 

地下鉄四ツ橋線でなんばに到着。延々と続く地下街を通って千日前で地上に出、堺筋を南へ10分ほど歩いた頃、日本橋3丁目付近で車が通行禁止になり歩行者天国が出現。

第6回日本橋ストリートフェスタ-2 

普段は南から北への一方通行の大阪の大動脈・堺筋。本日は様々なコスプレ集団とそれを見ようとする大群衆で埋め尽くされていた。付近のレストランなどランチ時は戦争状態のありさま。

第6回日本橋ストリートフェスタ-3 

先頭が法螺貝を吹き鳴らし、真田六文銭赤い甲冑の大阪らしい派手な武士集団もやってきた。

第6回日本橋ストリートフェスタ-4 

その後間もなく、無線操縦されているのか?通天閣ロボがパフォーマンスしながら登場。皆さん「Oh!これが通天閣ロボか」といった驚嘆の声。大人気で人を掻き分け、中々前身するの困難。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

東灘区はアーモンドの花が満開

3月20日暖かくてイベント日和。本日は近くの東洋ナッツ食品と建設局東水環境センターでアーモンド祭り、沢の鶴では蔵開き、と花と酒のイベントが重なり、まさに春爛漫といった週末。
 
東灘区はアーモンドの花が満開 

先ず最初は東洋ナッツ食品に行った。アーモンドとプルーンの花が満開!天気が良かった為か、例年以上にすごい人出。次に魚崎浜の建設局東水環境センター第8回アーモンド並木と春の音楽会へと。こちらも人・人・人で大賑わい。その後は西郷、沢の鶴の蔵開きに行った。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

KOBEミュージックウォーク2010(5)

KOBEミュージックウォーク2010の期間中、三宮センター街ではPOPSの3会場、元町アーケードではCLASSICの8会場、ハーバーランドではJAZZの3会場が開催される。1日でこれらを全部聴くことは時間的に不可能ですが、街ブラしながら、お散歩気分で気楽に回ってみるのも一考かと。各会場では専属のスタッフがいて、プログラムやパンフを無料でサービスしてくれる。
 
KOBEミュージックウォーク2010(5) 

偶々でしたが、KOBEミュージックウォーク2010に関係なく、神戸フィルハーモニックの楽団員たちの自主的な街角コンサートもやっていた。この日はバイオリンとコントラバスの2重奏でしたが、可愛い姉妹のファンも見学。次回3月28日には同じ場所でオーボエの2重奏がある予定。

出演される皆さん、選ばれて出るだけあって、技術的に素晴らしいですが、矢張り華やかでインパクトがあった方が人気がある。中にはおとぼけの面白いMC付きのバンドもあって、楽しめた。


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

KOBEミュージックウォーク2010(4)

甲南大学NSOの演奏が14時40分に終わったので、15時から始まる元町アーケードの街角コンサートを見に行くことにした。西元町から神戸大丸前までのアーケード下を歩いて行くと、途中に何ヶ所も会場が設けられている。そこでは音楽が聞こえ、人だかりがしているので一目瞭然。
 
KOBEミュージックウォーク2010(4) 

元町アーケードを半ば過ぎた頃のグレゴリー・コレ前では人垣が何重にも出来、軽快な音楽が聞こえてきた。輪の中では躍動感のある流れるような動きの女性が二胡を演奏していた。

プロフィールを見ると、野沢香苗さんといって、女優として出演した舞台で「二胡」と出会い、魅せられ、以来二胡奏者として活動を続ける・・・  と紹介されていた。華のある綺麗な人だった。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

KOBEミュージックウォーク2010(3)

この日ハーバーランドではKOBEミュージックウォーク2010とKOBE国際交流フェア2010が同日開催の大バッティング。お陰で、あっちの会場こっちの会場と広いハーバーランドを行きつ戻りつ大忙し。14時20分からは甲南大学NSOが出演なので、モザイク希望の広場に向かった。
 
KOBEミュージックウォーク2010(3)-1 

ジャズ会場は何時もは港が見える2F広場で開催されますが、今回はキャナルガーデンとの連絡橋下のモザイク希望の広場で開催。背後に石垣が見え、まるでお城でのコンサートみたい。

関西学生ジャズ界実力派バンド甲南大学NSO(Newport Swing Orchestra)は新年度に入り、かなりメンバーの変動があったよう。去年はあのYAMANO BIG BAND JAZZ CONTESTで9位入賞でしたが、今年は和やかな雰囲気ながら、さらに上を目指してリキが入っている感じ。

KOBEミュージックウォーク2010(3)-2 

今年はピアノに何と新入生を大抜擢か!!!  サテンドールなどエリントン流に2曲ソロをとったが、演奏に気持ちが入り込み、表現力が豊か。名前は失念しましたが、楽しみな大器でしょうね。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

KOBEミュージックウォーク2010(2)

矢沢永吉は昔キャロルというバンドの一員だった。ご存知の方は多いと思いますが、「ファンキーモンキーベイビー」などで一世を風靡したバンド。革ジャンにリーゼント。ある種のファンにはカリスマ的存在だった。彼らのルーツをたどれば、多分エルビス プレスリーに行き着くのでは。

黒人のリズム・アンド・ブルースと白人のカントリーを融合させたロックンロール。エルビス無くしては生まれなかった音楽でしょう。そんなロックンロールの街角コンサートがハーバーランド カルメニ広場であった。当日革ジャンを着たカッコウ良い姿の男女ロッカーたちが集まって来ていた。

KOBEミュージックウォーク2010(2)-1 

その日、カルメニ東側に立つエルビス像にはレイが掛けられていた。去年の8月東京原宿より当地に移設されたとか。女性はフレアースカートにポニーテイル、男はリーゼントでビシッときめる。

KOBEミュージックウォーク2010(2)-2 

大勢の観客を目の前に歌う宇野山和夫とザ ハリケーン。ラブミーテンダーやブルーハワイなどエルビスメロディーを次々熱唱。余程尊敬し、好きなのか姿や歌のスタイルがエルビスそのもの。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

第15回山田錦まつり(2)

当日朝方の雨は現地に到着時には止んで、後は全然心配無かった。野外のイベントでは前日にテルテル坊主を100ほど下げておいた方が良いかもネ。良い天気のお陰で大盛況でした。

この吉川町で行われる山田錦まつりは有名酒メーカー11社が参加し、また地元の方たちが地場産の農作物をふんだんに使って美味しいものを作ってくれる、真に贅沢なお祭りなのです。

第15回山田錦まつり(2)-1 

テントからは「試飲してってヨ~」と呼びかける各メーカー。次々試飲し、ぐるりと一回りしただけでも酔っていい気持ち。それも吟醸酒とかしぼりたて酒などの高級酒ばかり。村米部会が次々餅をついてくれ、黄な粉餅にして無料で配り、アトラクションも色々と登場。都会の祭りには無いスケールがあって、田舎はスゴイと思う。神戸からは交通費は掛かりますが、来る価値は充分ある。

第15回山田錦まつり(2)-2 

具沢山の粕汁や酒粕とスジ肉入りのカレー、ブリ大根、豚汁など。どれもこれも100円。しかも美味かった。猟友会のベテランたちがイノシシ汁を大鍋で豪快に作っていましたが、煮込むのに時間が掛かり、12時発帰りのバス時間が迫っていたので、残念ながら会場を後にし神戸へと。


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

KOBE国際交流フェア2010

3月14日良い天気。毎年恒例となっているKOBE国際交流フェア2010が開催されるので、会場となっている神戸ハーバーランド スペースシアターに行った。JR神戸駅から地下道を南へ歩いて5,6分、便利な場所にある。人気のイベントで陽気も良かったせいか、満員御礼状態でした。

KOBE国際交流フェア2010-1 

11時からオープニングがあって、先ずは御馴染み神戸市消防音楽隊によるブラスバンド演奏。

KOBE国際交流フェア2010-2 

インドネシア留学生が演奏する民族楽器アンクルン。単音しか出ませんが、指揮者の指示によって各自が順番に鳴らすと音階になる。ハンドベルの様に操作する素朴な竹製の楽器。

KOBE国際交流フェア2010-3 

鮮やかなコバルト色の民族衣装を着た素敵なマダガスカル美人。彼女が手に持って爪弾いているのは、竹筒の周囲に何本も弦が張ってある珍しい民族楽器。ヴァリハとかいう名前らしい。


その他滅多にお目に掛かれない珍しい民族楽器の数々。KOBE国際交流フェアならではでした。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

第15回山田錦まつり&KOBEミュージックウォーク2010

3月13日朝方は時折小雨、午後からは晴れという気まぐれな天気。本日の前半は吉川町で開催の第15回山田錦まつりへ。午後からは折り返して神戸に舞い戻り、KOBEミュージックウォーク2010に行ってきた。第15回山田錦まつりで美味しいエネルギーを補給したせいか、血の巡りが良くなり、暑くて大汗をかきながら動き回っていた。何はともあれ天気が良くて結構でした。

第15回山田錦まつり 

JR神戸線からJR宝塚線を乗り継いで新三田駅に到着。9時30分の始発無料シャトルバスに乗って、オープンの10時ジャストに第15回山田錦まつり会場に到着した。バスに乗っていた時ポツリポツリときていたので、ヤバイなと思っていたが、会場に着いた時には雨は止んでいた。

KOBEミュージックウォーク2010-3 

山田錦まつり会場を後にし、JRで来た道を戻ってKOBEミュージックウォーク2010が開催中の三宮と元町会場を巡ってみた。本日はJAZZは休みでしたが、POPSとCLASSICは延べ10会場で街角コンサートが開催されていた。まさに春が舞い降りて来て、音楽日和の午後であった。


詳細は次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

KOBEミュージックウォーク2010

3月6日からKOBE MUSIC WALKが始まった。3月22日までの期間中、市内3ヶ所で随時ステージが設けられ、コンサートが開催される予定。メインイベントとして街角コンサートも行われ、街は音楽で満たされる。オープニング2日目の日曜日、ハーバーランドJAZZ会場を訪問した。

KOBEミュージックウォーク2010-1 

寒が戻った日曜日の午後、小雨がちらつくハーバーランド カルメニ広場。関西学院大学TBJOのビッグバンドJazz演奏があった。自然条件は厳しかったが、若さいっぱい元気いっぱい。

KOBEミュージックウォーク2010-2 

カルメニ近くのキャナルガーデンでは辰巳浩之トリオが出演。最初からオリジナル曲を網羅する30分間。環境音楽のようなSFチックで趣味の良い演奏でした。2曲目からギターの乗りが良くなってきて聴かせてくれました。こんな感じで22日まで。聴き逃し、見逃しの無いようチェック!


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

伝統文化体験フェア2010(2)

登録有形文化財に指定されているように、レトロで素晴らしい外観と内装を備えた県公館は元々は兵庫県庁舎でした。内部には絵画など多くの芸術作品が展示されていて、あたかも建物全体がアートであるような趣を添えている。このような中で伝統文化体験フェア2010は行われた。

伝統文化体験フェア2010(2) 

会場では熟練者によって、模範的演技や技術が披露されますが、ワークショップでは希望者には伝統芸能を体験する機会が設けられていました。中には外国人の方たちの姿も見えたよう。

3Fステージで子供たちの大太鼓があり、能楽のステージでは演奏の後、五人囃しの楽器それぞれの詳しい説明があって興味深かった。丹波市より餅つき隊がやってきて、子供達も大ハシャギで参加してました。日本舞踊では如何にも技能者といった動きで素晴らしい演技でした。


前に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

伝統文化体験フェア2010

3月6日、朝から小雨降り続く生憎の天気。本日は伝統文化体験フェア2010に出かけた。阪神元町駅西口から陸橋を渡り、並木の坂道を200mぐらい北へ。会場になっている壮麗でレトロな姿の県公館に到着。玄関の厚い絨毯を踏みしめ中に入ると、三味線や琴の音が聞こえてきた。

伝統文化体験フェア2010 

丁度、ステージでは雅楽の演奏が終わり、記念撮影中。高校生も加わっているようですが、良い意味での緊張感があって、老若年齢の差を超越しています。皆さんキリリとして格好いい。

この日は能楽や日本舞踊、いけばな、俳句、太鼓、茶道、その他餅つきなど様々な日本伝統文化を見学、体験出来る貴重な日でした。明日は10時から演ってるよ。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

神戸花物語2010

3月5日、日増しに春めき、色んな花の季節が訪れてきています。本日は恒例の神戸花物語に行ってきた。前回まではポーアイの国際展示場で開催されていましたが、今年は初めてデュオドームで開催されることになった。詳しい事は分りませんが、色々と諸事情があるのでしょう。

会場が狭くなり、制約を受けたのか展示作品は少なかった。しかしJR神戸駅の近くでアクセスは便利になったし、今年は入場料が無料なので、皆さん見物には行き易くなったのでは。

神戸花物語2010-1 

矢田市長の開会祝辞があって、今年度のフラワープリンセスも見守る中、子供達の可愛い合唱が始まった。フルーツフラワーパークよりユルキャラが駆けつけ愛嬌を振りまいていました。

神戸花物語2010-2 

今年はガーデニングが出展されていなかったのが残念でしたが、アレンジメントはお約束通り華やかさを競っていました。チューリップやバラが使われていて、さすがに魅力イッパイです。


3月5・6・7日と開催中!


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

魚河岸料理うおぎん六甲道店

3月4日、朝からぐずついたハッキリしない天気。本日のランチは魚河岸料理うおぎん六甲道店に行ってきた。2号線沿いにあって、JR六甲道駅より徒歩5分ぐらいの便利な場所にある。

魚河岸料理うおぎん六甲道店 

特上海鮮丼赤だし付きを注文。Webのメニューには海鮮丼定食780円になっていますが、店でのランチメニュー構成が海鮮丼500円と特上海鮮丼880円の2種類に変っていた。

酢飯が見えないくらい海鮮が敷き詰められ、豪華で彩りも綺麗。食欲をそそるネ。

各切り身は大きくて、味も楽しめた。繁盛してるのが納得!のコスパ良さ。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

てくてく東灘「花と歴史のコース」(3)

歴史をたどれば、江戸初期この辺は尼崎藩の領地であったが、温暖で豊穣な土地柄であった為か、途中江戸幕府に横取りされ天領となった。明治に入ってから武庫郡と呼ばれる地域になり、1950年に神戸市に編入され現在の東灘区となった。現在の区割りになってまだ60年。

灘五郷はある、海では魚は獲れる、農作物は収穫出来る。といった豊かな地域だったので、一揆が起こった記録は全然ないとか。そんな豊かさの象徴なのか、この地域には神社仏閣が多い。

てくてく東灘「花と歴史のコース」(3) 

先ず森稲荷神社から中野八幡神社へ。ちなみに稲荷神社は農耕の神で八幡神社は鍛冶屋の神とか。キリシタン灯篭のある西光寺から境内に樹齢800年の欅の大木がある鷺宮神社、最後は岡本八幡神社へと向かった。東西2kmほどのエリアに沢山の神社仏閣が存在するところです。


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

てくてく東灘「花と歴史のコース」(2)

当日朝9時にJR甲南山手駅西側の森公園に集合。参加者総勢70名以上の大人数で出発した。

てくてく東灘「花と歴史のコース」(2)-1 

間もなく赤鳥居筋に入る。街中にあって、それも国道2号線沿いにニョキッとそびえ立つ真っ赤な大鳥居。この筋を南へ行けば深江の海岸へ、北へ向かえば六甲山の山裾にある森稲荷神社に向かう。参道に立つこの大鳥居、この界隈のランドマークとして地元ではチョ~有名。

てくてく東灘「花と歴史のコース」(2)-2 

JRと阪急の高架下を通り、10分ほど赤鳥居筋の坂道を登って行くと、古い歴史の森稲荷神社に到着。森、深江、青木の氏子地となっており、境内に三棟のだんじり庫が本殿横に建っていた。

てくてく東灘「花と歴史のコース」(2)-3 

森稲荷神社から山裾を西に行くと、10分程で神戸薬科大学に到着。この山裾部にはかって古墳時代後期の古墳群があったが、この学内に唯一残して、宅地開発でその殆どが消滅した。

てくてく東灘「花と歴史のコース」(2)-4 

古墳時代前・中期では前方後円墳に代表されるように、ピラミッドの頂点にある特権階級のみの大型の古墳であった。後期に入るとその土地の有力者達によって、この横穴式のような簡素型が普及し、群集するようになったとか。学内では銅鐸も出土し、レプリカですが展示されていた。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

Information from Kobe International Fair2010

゜14th KOBE INTERNATIONAL FAIR 2010 "  
March14(Sun)2010 am11:00-pm5:00
at SPACE THEATER (underground,SOUTH of JR KOBE STAITION) Walk about 500m.  
Events:Stage Performances and Ethnic Costume Parade.Exhibition by ParticipaitingGroups. Internationl Food and Market.
Participating Groups 50/Cooperators 47G. Welcome!Waiting for
you! We are looking forward for your arrival.Thankyou.

Please make contact for details information to:KIC.078-291-8441
KAZUHIKO TOKUDA ( Vice Chairperson of the Implementaition
  Committee of KOBE International Fair 2010.Public RelationDiv.)

FAX:072-784-3361


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

兵庫県神戸護国神社蚤の市

摂津岡本梅まつり2010見物の後、近くでもあるし兵庫県神戸護国神社に寄って行くことにした。

兵庫県神戸護国神社蚤の市-1 

灘区篠原北町4-5-1兵庫県神戸護国神社前に到着。ここで毎月第4日曜日に蚤の市が立つ。東寺弘法市の護国神社版みたいなものか。この時期の蚤の市は寒くて少し辛いかも。

兵庫県神戸護国神社蚤の市-2 

骨董市に混じって、八百屋とか鍋で煮込んだ熱いオデンなど売る店などが出店し様々。その他鳴り物入りのチンドングループなども会場内練り歩き出演。結構賑やかにやってました。

兵庫県神戸護国神社蚤の市-3 

でかい水車があり、壊れたような蓄音機あり、何に使うんだろう?と頭をひねるような商品が山のように置いてある店に混じって、中には趣味のいい染付けの器を並べた正統派の店も何軒か。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:mikekimura
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

By FC2ブログ

コウベ アシヤ
神戸 芦屋の情報サイト

東京のここが面白い

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

リンク

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。