2010-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帆船「あこがれ」船内一般公開(3)

まだ見ぬものを探しに旅に出る。人間の果てし無いロマンですが、船の旅は中でもロマンをかきたてるのではないか。大海原を進み、港から港へ。巨きなクルーズ客船での船旅は豪華でコンフォートですが、帆船「あこがれ」のように風を受け推進していくクルーズもまた素敵なのでは。

帆船「あこがれ」船内一般公開(3)-1

神戸港中突堤に停泊し一般公開中の帆船「あこがれ」。前日には事前申し込みをした神戸市民を乗せて1日セイルトレーニングに出港していました。なんと!この帆船でのセイルトレーニングに参加することは我々でも可能なのです。ご希望の方はコチラのサイトより申し込めます。
 帆船「あこがれ」船内一般公開(3)-2

400t未満の小さな船ですが、練習船ですから装備は必要充分以上に揃っているのではないか。

帆船「あこがれ」船内一般公開(3)-3

スペースの関係で階段も廊下もベッドも狭いが、厨房が以外と広く感じた。総ステンレスでピカピカに磨かれ衛生的で使い易そう。ちなみにセイルトレーニングの日のランチはカレーだったとか。


最初に戻る


スポンサーサイト

テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

帆船「あこがれ」船内一般公開(2)

5月30日行楽日和の申し分のない最高の天気だった。午後3時ごろ中突堤に到着。「KOBEみなとマルシェ」が開催されていたので、昨日とは打って変わって大勢の人たちで賑わっていた。

帆船「あこがれ」船内一般公開(2)

オリエンタルホテル前あたりからポートタワー付近までズラ~っと地元のレストランや会社の食品ブースが並び、人気のお店は既に売り切れのところもあったみたい。かもめりあ広場では日本語が上手すぎる外人の大道芸もやっていた。帆船「あこがれ」船内見学も大賑わいでした。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

帆船「あこがれ」船内一般公開

5月29日晴天。大阪より練習帆船あこがれが神戸港にやって来た。

帆船「あこがれ」船内一般公開-1

オリエンタルホテルのある神戸港中突堤に碇泊した。

帆船「あこがれ」船内一般公開-2

前もって申し込んであった乗船希望者たちがすでに乗り込んでいます。レクチャー中かな。

帆船「あこがれ」船内一般公開-3

11時より1日セイルトレーニングに出港した。本日15時30分に再碇泊します。明日30日は「KOBEみなとマルシェ」開催に合わせ、11時~16時まで自由見学で船内無料一般公開されます。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

とんかつカレーもデカ顔 たちばな

最初のたちばな詣では初午祭の時でしたが、二回目は楠公祭2010の時となった。周辺には美味しい食堂は星の数ほどあるけど、湊川神社に行った時にはメガとんかつを制覇してやろうという気持ちがフツフツと沸いてくる。神楽の公演が午後からだったので、早めに暖簾をくぐった。

とんかつカレーもデカ顔 たちばな

店内はもう半分以上席が埋まっていた。お客はこの店に来るだけあって皆さん立派な体格。大盛りメニューの山を箸で崩しては黙々とリズミカルに口に運ぶ見事な食欲の人ばかり。

とんかつカレー800円を注文。10分ほど経って目の前にデカイ顔をした肉多楽しい奴が登場した。実はこの下に大盛りライスがカクレンボしてるんです。このデカ顔、柔らかくて美味かった。


とんかつ・洋食 たちばな  1回目 

神戸市中央区橘通3丁目3-15   078-341-5508



テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

楠公祭2010(3)

さてオロチが舞台を降り、観客の目の前までやって来て、その怖い顔をヌッと近づけアピールするのは秋田県のあの「なまはげ」のようなサービス精神の為か。観客の皆さん手を叩いて大喜び。

楠公祭2010(3)-1

しばし中断しましたが、ヤマタノオロチが酔っ払って寝込んでいる所へスサノオが乱入してくる。

楠公祭2010(3)-2

オロチは獅子舞のように人間が操作してますが、その人の姿形は上手く隠して全然見えない。高度に手練の技です。スサノオと格闘する型も綺麗に決まっていて、見事なものでした。

楠公祭2010(3)-3

次々と首を討ち取って最後の一匹。これが親分なのか結構てこずらせる展開となっていく。

楠公祭2010(3)-4

オロチは口から火を吹くわ、瘴気のガスは吐き出すわ、で真にその拵えも凝っている。長い伝統に培われた技術がアチコチに見られた。最後はスサノオが討ち取った首をもって見えをきる。

楠公祭2010(3)-5

長時間の演技だったと思いますが、極短い時間に感じた。終わった後は出演者の皆さん総出でご挨拶。神楽がこんな分り易くて楽しいものとは全然知らなかった。ご苦労さまでした。


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

楠公祭2010(2)

湊川神社の楠公祭では午後からのアトラクションとして、有福神楽保持者会による大蛇(オロチ)退治伝説の公演があった。島根県指定無形文化財のこの神楽は海外公演でも大好評だとか。初めて見た私でも分り易く、予想以上にスピーディな動きがあって素晴らしく面白かった。

楠公祭2010(2)-1

暴れ者の神スサノオが登場。出雲の国で美しい姫が怪物ヤマタノオロチの人身御供にされる話を聞き、持ち前の任侠心からか、オロチ退治をした暁には姫を妻に貰い受けたいと申し出る。

楠公祭2010(2)-2

老夫婦は喜んでこの申し出を認める。だが相手は8つの頭と尻尾を持つ大怪物。スサノオはオロチ退治の作戦として酒に酔わせ、油断させることを考える。暴れ者だが頭は切れるね。

楠公祭2010(2)-3

やがてヤマタノオロチが現れ、樽の酒を飲み干し、酒臭い息を吐き出しながら寝込んでしまう。

楠公祭2010(2)-4

突然に酔っ払ったオロチは舞台を降り、予想もしなかった観客の目の前までのたくって来て、怖い顔をヌ~ッと近づけ大アピール。観客は驚くやら、楽しいやらで、もうビックリの笑顔で大拍手。


次回へ続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

楠公祭2010

5月25日いい天気。本日は楠木正成を奉る湊川神社で楠公祭2010があったので行ってみた。

楠公祭2010-1

初午祭以来の訪問になる表門前に到着。昨日から始った楠公祭、本日は中日の本祭りとなる。

楠公祭2010-2

11時半ごろでしたが、すでに拝殿内は満員の人。巫女さんの厳かな祭典の舞が始っていた。

楠公祭2010-3

以前行ったたちばなでランチ後、石見神楽の伝統を継承する有福神楽保持者会の演技、大蛇(オロチ)を見学。初めて見た神楽でしたが、ダイナミックで大迫力。観客の皆さんも大拍手もの。


次回へ続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

神戸大学海事科学部 第6回深江祭(2)

5月23日朝から雨。本日は神戸大学海事科学部 第6回深江祭の2日目、生憎の日でしたが、体験乗船出来る貴重な日。傘をさしエンヤコラと会場に行ってみることにした。

神戸大学海事科学部 第6回深江祭(2)-1

大学正門前に到着。何と、本日はあの深江丸も含め体験乗船は全て中止!強風波浪とか。

神戸大学海事科学部 第6回深江祭(2)-2

前回見ていなかった-270℃の世界、超伝導科学研究室を見学して行くことにした。液体窒素や液体ヘリウムによって冷却し、超伝導の世界を作り、その利用方を考える研究室でした。

神戸大学海事科学部 第6回深江祭(2)-3

校内に併設されている海事博物館も見学して行く事にした。

神戸大学海事科学部 第6回深江祭(2)-4

前回無かった海運華やかしき頃のレトロで貴重なポスターが多数展示してありました。


前に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

神戸大学海事科学部 第6回深江祭

国立大学が独立行政法人になってから、もう6年経ったのでしょうか、第6回目の深江祭が神戸大学海事科学部(元神戸商船大学)で本日と明日の2日間開催されるので見学に行ってみた。

神戸大学海事科学部 第6回深江祭-1

明日は予報では天気が崩れるもようですが、初日の今日は朝からいい天気。神戸大学海事科学部に11時前に到着。各ブース沢山の女性応援団も交え、もう結構な人手で賑わっていた。

神戸大学海事科学部 第6回深江祭-2

いい意味でバンカラな校風が残っている学校なので、到着した早々から早食い、早飲み大会が始っていた。なんと女子学生も交え、同じメンバーによる納豆3パックにコーラ1.5Lのえげつない大バトルが笑いを誘っていた。納豆は何とかいけたが、コーラが大変だったみたい。

かと思えば、浴衣のハンサムが花を活ける華道部があったり、手足の古い角質をドクターフィッシュに食わせるブースがあったりと、この辺は現代学生の器用さや茶目っ気を表していました。

明日は練習船深江丸やセイルヨット、伝馬船、カッターなどに体験乗船できる、この学校ならではのイベントが待っています。もし雨になると残念ながら一部中止になる可能性もある。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

ウォーターボール

モザイク大道芸人コンテスト2010決勝大会の日でしたが、港の見えるモザイクガーデン街角遊園地の特設プールで、巨大な透明バルーンの中に子供が入って遊んでいるのを見かけた。

ウォーターボール

人気があって、子供たちの長い列が出来ていた。調べてみると、色んな呼び名があるようですが、ウォーターボールという名が主流のようです。TVなどのマスコミでも取り上げられて、去年ぐらいから人気が出てきているとか。水面に浮かべ、回転させて移動できるのが新発想か。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

港町のすずめはグルメ

モザイクジャズフェスの日、あの日は暑かった。  日陰を探し、目の前に港が見える木の階段のところでイタリアンジェラートを食べながら、一休みしていたとしましょうか。

パタパタパタ・・・  すずめが一羽飛んできて、目の前のワイヤーフェンスにチョコンと止まった。

「 ・・・・・・・ 」    ジ~っと、こちらを見ている。

「 おや、すずめくん、こんにちは... 暑いね、 ジェラート欲しいのか? 美味しいよ~ 」

「別に~ ・・・」(エリカ様ふうに) 

港町のすずめ

「ちょっと食べてみろよ。舌は切らないからさ。」 と言って、ウッドデッキに御裾分を置く。

「ウゥ~ン、美味しいわ!チュンチュン」

もう一羽飛んで来て、「すず子~  何食べてんだヨ~  美味そうジャン  おにいさん、俺にもくれよ。」

港町のすずめはさすがにグルメだった。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

神戸エコカーフェア2010

東灘うはらまつり見物の後、メリケンパークで開催された神戸エコカーフェアにも行ってみた。近頃トヨタのプリウスやホンダのハイブリッドが大売れらしい。それに国産の電気自動車も発売されてきている。この方面の技術では、現在は諸外国より日本が一歩リードしているようです。

神戸エコカーフェア2010-1

エコカー減税に対応する車が売れているらしい。顕著な例がハイブリッドですが、近頃はガソリンエンジンも随分改良され燃費が良くなってきているとか。優秀な日本人はすぐ改良してしまう。

神戸エコカーフェア2010-2

乗用車だけでなく、日野自動車のハイブリッドのバスや西宮市の極東開発からはごみを圧縮変形させる電動プレスプレートを装備したごみ収集車など、働くECO車も展示されていた。

神戸エコカーフェア2010-3

神戸市の公用車用i-MiEVが展示されていた。ガソリンエンジンが置かれていたところがリチウム電池とモーターに変更されている。この蓄電池が日々改良されていて、世界中の企業が開発に力を入れています。富山の光岡自動車は軽規格のi-MiEVを5人乗りに改造し、外観も一新させて『LIKE』という名で展示。㈱コウメイからは電動補助の折りたたみバイクが出展されていた。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

神戸まつり2010(2)

人の話を聞いてみると、大体において共通しているのは『神戸まつりは疲れる!』ということか。歩くのに疲れるくらい広いエリア、バラエティにとんだ内容、変化があって動きがスピーディ。まるで速いパソコンで最新のゲームソフトをやっているように目まぐるしい、と誰もが感じるのでは。

神戸まつり2010(2)-1

サンバは神戸まつりの花でしょうか。フェジョン・プレットのリーダーはダンスも衣装も凄い!

神戸まつり2010(2)-2

外国人JAZZバンドの「テイクファイブ」。演奏はもちろん上手いが、雰囲気も素晴らしい。

神戸まつり2010(2)-3

カラフルで躍動感があって、力強い。皆さん大分企画を練って、練習を積んで来たんでしょうネ。

神戸まつり2010(2)-4

子供も大人に混じって大活躍です。あの有名人や外国の美女も熱心に見物してました。


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

神戸まつり2010

5月16日、お祭り気分を盛り上げる最高にいい天気。元町駅に10時半ごろ降り立った。まつりのエリアは交通規制に囲い込まれていたが、まだ街は嵐の前の静けさで平常通りの雰囲気。ただ道行く人たちはこれから起こる情熱の爆発を予感し、ワクワクと心落ち着かない様子。

神戸まつり2010

11時ジャスト神戸大丸前通りでKOBE JAZZ LIVE STREETの幕開けとなり、いよいよ神戸まつりの始まり~ そこから流れに身を任せ東遊園地に向かうと、もう大洪水で渦巻いていた。


詳細は次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

東灘うはらまつり2010

5月15日いい天気。3,4日前の予報では16日は雨模様でしたが、良い方に外れて晴天みたいですね。心配してたんですが、明日の神戸まつりはつつが無く進行しそうな感じ。ヨカッタ~

本日は神戸まつりのプレイベントが各区内であって、我が東灘区では毎年恒例の東灘うはらまつりが開催された。11時ごろの会場はもうすでに好天に誘われた人達で大賑わいでした。

東灘うはらまつり2010-1

まつりの花は御馴染み華やかでスピーディーなダンス。カラフルな衣装の颯爽JAPANとJr.連。

東灘うはらまつり2010-2

こちらも御馴染み春待ちファミリーBAND の仲間たちも出演。相変わらずMCが面白くて大笑い


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

クルーズ客船 SEABOURN PRIDE 初入港

5月14日風は冷たいがいい天気。クルーズ客船 SEABOURN PRIDE が神戸港中突堤に初入港した。総トン数1万トン弱でクルーズ客船としては小さい方でしょうか。

クルーズ客船 SEABOURN PRIDE 初入港-1

バハマ船籍のスタイリッシュで格好いい船。クルーズが楽しめそうなサイズです。

クルーズ客船 SEABOURN PRIDE 初入港-2

バウ側にジャグジーが設けられていた。走行中に風が吹き付けないようフェアリング付きです。

クルーズ客船 SEABOURN PRIDE 初入港-3

ファンネル2本出しの奇抜で凝ったデザイン。今夕18時に出港した。次港は名古屋だとか。

クルーズ客船 SEABOURN PRIDE 初入港-4

ちょうど遊覧船ファンタジー号が戻ってきました。明日12時からのエコカーフェア2010がメリケンパークでテント設営され準備中だった。時事に合った企画で、これも楽しめると思います。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

神戸らんぷミュージアムコンサート

9日(日)に神戸らんぷミュージアムコンサートに行ってきた。神戸と芦屋には様々な美術館や博物館があって、色々と楽しめます。今回はミュージアムでクラッシクコンサートを聴く、一寸珍しい企画。旧居留地にある神戸らんぷミュージアムをワクワクしながら初訪問してみました。

神戸らんぷミュージアムコンサート

神戸らんぷミュージアムは道路を隔て、日銀のすぐ北側にあって、まことに分り易かった。14時からの開演に間に合って到着。1Fロービーでは皆さんもう既にお待ちかね。間もなく弦楽四重奏の「THE STRINGS」が登場し、バロック音楽から現代音楽までの幅広い演奏があった。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

第10回新開地音楽祭(3)

2日間で130組以上の出演だから、個人的にはほんの一部にしかお目に掛かれないのは当たり前。勿体無くも随分お宝を聴き逃しているかも知れない。あれは良かったヨ、コレも良かったヨという御指摘は重々分りますが、私が見た限りにおいて良かったと思うステージを抜粋してご紹介。

第10回新開地音楽祭(3)-1

8日12時20分からの御馴染み新開地のど自慢。司会者は元NHKアナの演歌大好き吉川精一さん。丁度芸達者な元船長さんの登場で、ド演歌をフリ付きで大真面目に熱唱されていました。

第10回新開地音楽祭(3)-2

公園ステージ15時半からはホルモンキングの出演。前回からは2年ぶりに新開地音楽祭に登場。KYOKOさん、相変わらず目を引く異能ぶり。名物ダンスおじさんが飛び入りで参加。フト気がついて後を振り向くと、観客がイッパイ取り囲んで大人気。ハーレーにまだ乗ってはるのかな~

第10回新開地音楽祭(3)-3

9日17時半からはBIGMANステージでa piece of the earthのゴスペルがあった。このグループからは、自分たちのメッセージを観客に伝えたいんだ!という強い「気」をひしひしと感じた。1曲聴いて湊川公園に行く予定が、引き込まれてしまって結局ファイナルの18時までここにいた。


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

第10回新開地音楽祭(2)

Whoopin+大友孝彰トリオの素晴らしい演奏が終了。司会者にマイクの所に呼び止められたが、Whoopinさん一瞬放心状態で行き過ぎようとし、ハッと気がつき正気に戻ったよう。今のステージで全エネルギー放電したか?それほど全精力を傾けたエネルギッシュなシャウトだった。

宵闇も深まり、地元神戸が生んだスーパーアルトサックス土岐英史が大トリでいよいよ登場!

第10回新開地音楽祭(2)-1

土岐英史バンド、去年のメンバーとは紅一点のギターとドラムが変更になった。キーボードが相変わらず凄かった。よくジャンプする、のりのりの素晴らしい演奏でした。

第10回新開地音楽祭(2)-2

土岐英史、変に格好つけない素朴ないい人といった感じなんですが、アルトのソロをとると、一瞬にして聴衆を土岐ワールドに引きずり込む凄腕のプレーヤー。幅広いジャンルで活躍中とか。

娘さんのラジオ番組、TOKI CHIC RADIO(トキシックラジオ)がKISS FMで現在放送中。

第10回新開地音楽祭(2)-3

ロックギタリスト安達久美が新参加。ショキングピンクの衣装で、遠くからもスタイルの良さがよく分る目立ちよう。 フィーチャリングされ、サンタナ似のよく泣く上手いギターだった。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

第10回新開地音楽祭(1)

5月8・9日の両日で、6会場合わせ約130組ぐらいが出演したのでは。ものスゴイ数です。どのステージも大勢が取り囲んでいた。2日目のビッグマン会場で最終のゴスペルを聴き終わったのが18時。残すはメインステージの18時15分からのジャズナイトのみ。湊川公園に駆けつけた。

第10回新開地音楽祭(1)-1

会場のステージ前はもう既に立ち見の観客が3,4重に取り囲み、壁のようになって進入を阻んでいた。とてもじゃないが近寄れない。人気のあるのも良し悪しか。夜間のズームは失敗することが多いけど、50mほど離れたところから運を天に任せ、ダメを覚悟で撮影するしかありません。

しばし待って、大友孝彰トリオが登場。去年も小橋知枝と競演してたが、今年もこれから第10回神戸ジャズボーカルクイーンと競演。トリオで2曲の演奏があって、いよいよWhoopinが登場。

第10回新開地音楽祭(1)-2

第10回神戸ジャズボーカルクイーングランプリのWhoopinさん。普段は宮崎でゴスペルクワイヤを主宰しているとか。全身で、それもお腹の底から歌いあげる迫力とテク。超絶の歌声だった。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

モザイク大道芸人コンテスト2010

5月9日五月晴れのいい天気。本日はイベントが3件重なって大忙しだった。先ずはモザイク大道芸人コンテスト2010見学にハーバーランドへ。去年の海の見える広場から、今年は街角遊園地モザイクガーデン特設会場に変更になった。こちらの方が広くて、大勢の観客が入場出来る。

本日は予選を勝ち抜いてきたパフォーマーたちがグランプリの栄冠を争う決勝の日です。

モザイク大道芸人コンテスト2010-1

決勝に残っただけあって、次々出場するパフォーマーの演技の素晴らしいこと。ハラハラどきどき、時にはコミカルで大笑い。本当に優劣を付け難かった。ところが他のパフォーマーには悪いんですが、このお洒落な仮面バルーンパフォーマーが登場したら、全てがぶっ飛んでしまった。

出てくるやいなや、キュッキュッとミニーの顔を作り、マジックインキで目と鼻を描き、チョチョイのチョイで身体も。スマートで流れるような動きに加え、意外性があって、感動しまくりでした。

モザイク大道芸人コンテスト2010-2

ミニーが出来上がった後、コートを脱ぎ仮面を取った素顔は格好よくて渋いハンサムぶり。

モザイク大道芸人コンテスト2010-3

お次は何と!羽ばたく様子の火の鳥を作ってしまった。この作品、気前良く観客に提供された。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

春の芦屋アートフリーマーケット2010

5月8日屋外マーケットには絶好の好天気。本日は春・秋と年2回開催される芦屋アートフリーマーケットに行った。会場の芦屋市立美術博物館に11時前に到着。お出かけには最高の日和だったせいか、開始間もないにも係わらず、芝生の庭は大勢の人たちで賑わっていました。

春の芦屋アートフリーマーケット2010-1

芦屋市立美術博物館の広い庭にはパラソルとテントが林立し、日除け対策はバッチリ。参加者の殆どは女性なのでその辺は準備怠りません。持ち込んだ布や棚で飾りつけも決まってます。

春の芦屋アートフリーマーケット2010-2

土と炎の素敵な作品やカラフルな小物、毎回出品の御馴染みセンスあるバッグ、リサイクル素材を使ったリバーシブルのトートなど。売れることもさりながら、お客との対話がお楽しみの様子。


去年のアートフリーマーケット



テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

第39回中之島まつり

GW中は各地で色んなイベントが開催され、神戸は勿論、時には大阪に出かけたりで嬉しい悲鳴。1日に何件か重なって来ると、ブログを作るのが間に合わなくなってきます。第39回中之島まつりへは3日に行ったんですが、地元神戸を優先せざるを得なかった。遅れまして済みません。

第39回中之島まつり-1

第39回中之島まつりは5月3日~5日まで開催。去年も行きましたが、今年は初日に行ってきました。堂島川と土佐堀川に挟まれた広い中洲で開催のこのまつり、エリア的には水都大阪2009と重なる部分が多い。今回も大阪の歴史的建造物の中之島公会堂周辺で行われた。

第39回中之島まつり-2

このまつりを一言でいうと、下町の触れ合いを目指す市民参加型まつりか。舞台や遊具なども手作り品ぽく、人力で回すメリーゴーランドなどアイデアが面白い。ゴミの分別収集やリサイクル市などのECOや障害者の作った作品販売にも力を入れ、お互いの知恵を出し合う熱気があった。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

第13回モザイクジャズフェスティバル(2)

時にはアマ、プロ混成バンドが出演し、その時になって初めてメンバーの組み合わせが決定する。ジャズのジャムセッションの醍醐味ですが、即興だとはとても思えない程スムーズに各プレーヤーの演奏がつながっていった。若い時から何十年もキャリアを積んできたベテランプレーヤーの技術には流石だなと思った。蓄積された経験で、頭と身体が自然と反応してしまうんでしょうね。

第13回モザイクジャズフェスティバル(2)-1

去年も出演しましたが、ビッグバンドのWestwindsの演奏素晴らしかった。年齢層が壮年から若手まで幅広く、演奏もバラエティがあって、ラテンが特に格好良かった。来年も出てね。

第13回モザイクジャズフェスティバル(2)-2

女性シンガーは全員個性があって上手でしたが、私はナチュラルで新鮮な雰囲気のこのシンガーが気になった。可愛い白のローヒール革靴を履いたお洒落さん。女性司会者もチャーミングだと褒めていた。歌も上手かったし、こんなニュージェネレーションにもっと出てきて欲しいネ。

第13回モザイクジャズフェスティバル(2)-3

私の隣にいた人は演奏曲名や出演者名を全てメモしてましたが、几帳面な人がいるものです。でも48組も出演したんですから、それが正解だったかも。私といえば、あのハーモニカの演奏は良かったナ~ とか、あのクァルテットのピアノは上手かったナ~ とかは記憶に残っていますが、曲や演奏者名はもう忘却の彼方。全く弱ったものですが、写真と曲を聴くのに忙しかった。

第13回モザイクジャズフェスティバル(2)-4

18時を回ったころ、あの青い空にも宵闇が迫り、ポートタワーに光が灯り始めた。48組目の最終はサックスのトリオで締めくくった。左の赤シャツが小曾根Jr.で右の赤シャツが古谷Jr.。共に関西ジャス界重鎮の息子さんたち。真ん中のグリーンのシャツは多分、高砂高校の卒業生か。


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

第13回モザイクジャズフェスティバル

5月5日子供の日でGWの最終日。お昼ごろには気温が25度を超え、真夏のような日だった。本日は神戸モザイク 2階海の広場で恒例の第13回モザイクジャズフェスティバルが開催された。

第13回モザイクジャズフェスティバル-1

会場広場からは、 リニューアルオープンしたばかりのポートタワーが丁度正面に見える。このジャズフェスに出場した女性シンガーも言ってましたが、夜間ライトアップの演出がかなり変ったようです。本日の子供の日の為にタワーの屋上には鯉のぼりが3匹元気良く泳いでおりました。

第13回モザイクジャズフェスティバル-2

予定通り12時半から始ったジャズフェス。最終の48組目の演奏が終わったのが、予定の17時をはるかに超過し、なんと18時半だった。青空の下に6時間いた私の腕は日焼けして真っ赤。

プロがアマチュアをサポートするこのジャスフェス。今年はアマといっても、実力はセミプロ以上のような出場者が殆ど。素晴らしい演奏の連続で、お陰で楽しい時間を過させて戴きました。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

本山だんじりパレード2010

5月4日真夏のような日差しの1日だった。この所のおかしな気候で体調が少し変。暑くて堪らず今年初めての半袖のオープンシャツ姿になって、近くの本山だんじりパレードに出かけた。

本山だんじりパレード2010-1

交通規制された山手幹線JR本山駅前に13時ごろ到着。もう沢山の見物客が集まっていた。各地区のだんじりが勢揃いし、鳴り物入りの威勢のいい掛け声をあげながら動き回っていた。

本山だんじりパレード2010-2

2台のだんじりが前部を持ち上げ、お互い見合って見得を切っている珍しいシーン。挨拶なのか?

本山だんじりパレード2010-3

田中地区の衣装はムラサキ。皆さん鍛えた良い身体してる。派手で動きがあった方が面白い。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

こうべメリケンフェスタ2010

5月3日ゴールデンウィークも中日、今日もいい天気。神戸の街は県外ナンバーが溢れ、観光客でいっぱいだ。本日は恒例のこうべメリケンフェスタ2010見物にメリケンパークまで行ってきた。

こうべメリケンフェスタ2010

こうべメリケンフェスタ2010会場は御馴染み神戸ワインや神戸ビーフ祭、シーサイドステージに沢山の食品ブースが出店し、大勢の人たちで賑わっていました。帰りに南京町に寄ったらここも大賑わい。元町アーケイド下には親切にもお休み処が設けられ、美味しいお茶の提供があった。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

インフィオラータ2010(2)

5月1日~3日までインフィオラータ北野坂が始まった。初日の午前11時ごろ会場に行ってみたらまだ一生懸命に制作中だった。箱から出されたばかりの花びらは冷蔵されていた為か、露を含み、まだ瑞々しくて新鮮。見頃は矢張り最初の日か。最終日になると萎びて、絵が痛々しくなる。

インフィオラータ2010(2)-1

1枚の絵を大勢で取り掛かる。原画が下絵に描かれ、木のチップで輪郭を造り、その後色とりどりのチューリップを敷き詰める。チューリップの花びらは神戸市からチームに無料で提供される。

インフィオラータ2010(2)-2

出来上がったばかりの見事な花絵。風見鶏の館を背景にした花嫁さんでしょうか。


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

居酒屋 明治屋

昭和町へは阪神大阪難波駅から地下鉄・御堂筋線昭和町駅で下車します。その一つ手前の駅が天王寺。折角阿倍野まで来たんだし、帰りは天王寺近くの明治屋に寄って行くことにした。真ん中に手打ち蕎麦大正庵を挟めば時代が揃い踏みだったんですが、生憎そんな店は無かった。

居酒屋 明治屋-1

落語家さんの楽しい寄席が終了し、天気が良いので、地下鉄一駅分歩いて明治屋に行くことにした。楽をせず出来るだけ歩いた方が健康にイイ。世の中の色んなものが見られるしネ。 ・・・と、いう訳で阿倍野筋を北上し、明治屋に到着。休日の真昼間なのに暖簾が掛かっていた。立派!

居酒屋 明治屋-2

店内は何時もながらレトロで渋くていい感じ!酒を注文する度にカウンターの中にデーンと置かれた酒樽からガラスの徳利に入れ替え出してくれる。木の香漂う美味い酒。

高級品ではありませんが、肴の器もシンプルでセンスよし。カツオ出汁が効いた湯豆腐が絶品でした。一皿では足りず、お代わりをしてしまった。徳利3本空け、ぶらりと天王寺駅に向かった。

居酒屋 明治屋-3

阿倍野筋に掛かる陸橋から見ると、近鉄百貨店を含め道の両側は大規模に再開発中。あの明治屋も消滅し、何処かへ移動してしまうんだろうな。近いうちにまた来ないとね。


明治屋  大阪市阿倍野区阿倍野筋2-5-4   TEL 06-6641-5280



最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

«  | HOME |  »

プロフィール

mikekimura

Author:mikekimura
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

By FC2ブログ

コウベ アシヤ
神戸 芦屋の情報サイト

東京のここが面白い

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

リンク

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。