2010-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンバフェスタKOBE2010

7月31日曇り。本日は毎年恒例、熱く燃えるサンバフェスタKOBEの日。先ずは午後12時過ぎからハーバーランドスペースシアターのサテライト会場で全出場7チームの顔見世があった。私はそこから一旦引き返し、17時20分からの本番、神戸プラージュのメイン会場に行く予定。メイン会場にちょっと寄ってみましたら、強めの涼しい西風が吹いて絶好のコンディションでした。

サンバフェスタKOBE2010-1

サテライト会場では2番目にプロコフェジョン・プレットが出演。今年もNO.1の優勝候補でしょう。

サンバフェスタKOBE2010-2


次回へと続く



スポンサーサイト

テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

2010神戸・芦屋8月イベント予定はこうだ!

今月もイベント多し。プラージュに盆踊り、六甲山、花火、JAZZ、etc・・・  7月に引き続き、とにかく目まぐるしくて暑い8月の神戸になりそう。熱中症になってパンクしないようにネ!
 
2010神戸・芦屋7月イベント

2010年の神戸港客船入港予定

7月13日~ 六甲山の新たなランドマーク/自然体験展望台六甲枝垂れ オープン

4月1日~11月30日 伏見・十石舟の運航  十石舟

4月21日~11月30日まで 堺・住吉まん福ぷくチケットを発売

7月17日~8月31日 神戸プラージュ(KOBE Plage)2010  神戸港新港第1突堤に約3,000 平方メートルの人工砂浜が出現!今年からの新企画。はたして来年はどうなる・・・

7月17日~8月31日 アルプス祭 神戸市立六甲山牧場

7月17日~8月31日 真夏の雪まつり  六甲山カンツリーハウス  真夏の雪まつり2007

7月28日~8月18日 有馬涼風川座敷

7月21日~8月31日 ブルー・ナイト・ファンタジー  神戸市立須磨海浜水族園

7月31日~10月3日 特別展 水木しげる・妖怪図鑑  兵庫県立美術館

7月31日~8月15日 3D WONDERLAND サン広場 無料 アメリカで開発された異次元空間を演出する3Dホーンテッドハウス。ゲゲゲの鬼太郎3D映画を上映。

8月3日~5日 生田神社 大海夏まつり

8月5日~14日 なら燈花会  奈良公園

8月6日~8日 第61回姫路お城まつり 姫路城周辺(姫路) 大名行列・千姫輿入れ行列

8月7日19時半~20時20分 第40回みなとこうべ海上花火大会 新港第一突堤

8月7・8日 第10回レスキューロボットコンテスト 神戸サンボーホール レスキューロボットコンテスト2009

8月7・8日11時~ 新開地夏まつり2010 新開地商店街一帯  新開地夏まつり2009

8月8日午後2時から エルヴィス・フェスティバルinハーバーランド  神戸新聞松方ホール 

8月8日 ハーバーランドの日 神戸ハーバーランド

8月20日~26日 湊川神社夏祭り

8月21日 JAPAN STUDENT JAZZ FESTIVAL2010 中学生の部 開場 11:00  高校生の部 8月22日(日)開場 9:30 JAPAN STUDENT JAZZ FESTIVAL2009

8月21日 こうべ海の盆踊り2010  メリケンパーク

8月28日11:00~14:30 神戸港フェリー船内見学会・阪九フェリー「せっつ」 新港第1突堤

8月28日16時~ 第23回 RICサマーイブニングカーニバル

8月29日 神戸コレクション2010 AUTUMN/WINTER   ワールド記念

8月29日13時~ 第2回おやじジャズバンドコンテストin 神戸  兵庫県公館中央


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

兵庫の中小企業を応援!

経済停滞が続いています。高度成長期(昔そんなイイ時があったナ~)には猫の手も借りたいほどの人手不足であった。現在はコスト削減とやらで日本の工場は人件費の安い中国や東南アジアに転出し、国内での生産は空洞化。その結果、仕事が少なくなり労働人口過剰化の現実。

自分の持ち味を活かし、自営業に転進するとしても、経営基盤の弱い中小企業がこの不況を生き抜き、成長するにはかなりの困難が伴う。赤ん坊と同じく自立するまでアシストが必要不可欠。

そこで兵庫県内の中小企業を支援する兵庫県中小企業団体中央会がインターネットによって県内中小企業のPR支援を強化することにした。その一環として「ブロガー」に協力を要請。対象企業の製品・サービスを各自のブログに掲載し、知名度の向上を目指すことになった。

そのセミナーへの参加希望者募集が新聞に掲出されていたので、興味深深と申し込んでみた。

パソコンだって数多く接続すればスーパーコンピューターに匹敵する性能が可能だとか。一人一人のブロガーは微力でも大勢集まれば強い影響力を発揮するかも。期待しましょう。

兵庫の中小企業を応援!

そんな可能性を信じ、セミナーに参加してみた。兵庫県中小企業団体中央会のサイトには数多くの企業が紹介されていますが、その中で特にPRを希望する企業が商品を携えエントリーした。矢張り現物を直接観察した方が分かり易い! 多くの出展商品から割愛してご紹介します。


有限会社小林商事 織衣羽(おりーぶ)   兵庫県の地場産業『播州織』を使ったハンカチのし袋を開発。見た目に可愛いし、以外性があって贈って喜ばれるのでは。手作り感があるので、芦屋アートフリーマーケット相楽市などに出店し、アンテナショップとしても活用できる。

ビオファーム  ワサビの葉で包んだお寿司(一見高菜の目はり寿司みたい)や茎を利用した食品を展示してました。ワサビの辛みは大人向きで美味しそう。是非食べてみたいと思った。

パソナ  といえば、アウトソーシングの有名企業ですが、農業ベンチャー支援制度を実施し、 次世代の先端産業としての農業の可能性を追求しているとか。今回はその淡路島農場で収穫されたバジルを使ったドレッシングを出展。食の安全性100%の国産野菜の開発を目指す。

Kobe Sweets Garden   無農薬自家農園で収穫した作物を使った焼き菓子やジャムなどの加工品。ブルーベリーなどの摘み取りができる観光及び食農体験や食育のできる農園を目指している。当日には玉ねぎの入ったケーキが試食でき、風味があって美味しかった!



               このブログは 兵庫の企業をブログで応援
             「ブログdeプロモーション大会」に参加のため作成


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

北野国際まつり2010(2)

北野坂を上ると六甲山裾にある北野町。その由来となる北野天満宮は菅原道真を祀った神社ですが、12世紀頃に京都北野天満宮より分詞された古い歴史を持つ。坂道の続くこの界隈には沢山の異人館が点在し、北野国際まつりは異国情緒ある雰囲気に囲まれた神社で開催される。

北野国際まつり2010(2)-1

すぐ左隣にある風見鶏の館を横目で見ながら、両側に献灯された急階段を登っていきます。

北野国際まつり2010(2)-2

子供神輿が町内練り歩きに出発した後、最初踊りの所作説明がお師匠さんよりあって、目の前でインド舞踊が始った。思ったより激しい動き。極彩色の柔らかな曲線の女性らしい衣装に隠されてはいるが、アスリートのように筋肉が引き締まり、鍛えられた体型の人達だな~と思った。

北野国際まつり2010(2)-3

次に西アフリカの太鼓が始った。神戸でも近頃、この太鼓はよく見かけるようになった。秋田県の民謡も途中交え、大サービス。インド舞踊もそうですが、この舞台に立っても何の違和感も無い。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

元町夜市2010

7月27日良い天気。暑さ慣れしたのか?気のせいか、昨日今日と少し暑さが和らいだような気がした。本日は6時すぎに大丸前から元町アーケイドを通り、元町夜市2010見物に行った。

元町夜市2010-1

ず~っと屋台が出ていて、ビールや焼き肉、カクテルまで売っていた。それにしてもスゴイ人波。

元町夜市2010-2

三和フルーツ前はいつものまま変らず。あられの花見屋もワゴンを出してサービス。餅つき大会とか子供達の和太鼓、氷柱の宝探しなど様々。お姉さんたちのウエスタンダンスまで披露された。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

神戸プラージュ2010(4)・フェリー船内見学会

昨日神戸プラージュ2010会場に寄ってみましたら、第一突堤西側に巨きな船が碇泊していた。

神戸プラージュ2010(4)・フェリー船内見学会-1

近寄ってみますとフェリー船「さんふらわー ぱーる」だった。普段は六甲アイランドと九州大分を往復していますが、この日は船内見学会を特別にやっていたので、中に入ってみました。

神戸プラージュ2010(4)・フェリー船内見学会-2

船内ではJAZZコンサートでよく顔をみかける若手プロのジャズ演奏をやっていて、よく音が響いていた。8月1日と8月28日にもまたやるので、来たい方はチェック!詳細はこちらからどうぞ。

神戸プラージュ2010(4)・フェリー船内見学会-3

4Fがパブリックスペースになっていて、窓から海の見える広いレストランがあった。

神戸プラージュ2010(4)・フェリー船内見学会-4

展望大浴場もあって、私も経験ありますが、フロに入りながら瀬戸内海の夜景を眺めるのは非日常性があって楽しいですヨ。瀬戸内海航路はクルーズ客船の外国人にも非常に人気がある。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

神戸プラージュ2010(4)と北野国際まつり2010

7月25日毎日呆れるほどの良い天気が続きます。たまには一雨降って、涼しい風が吹いて欲しいワ。私は首筋の皮が一枚むけて、ようやくこの暑さにも少し慣れたかな? ・・・という今日このごろ。皆さんお元気ですか~ 体調を崩してる人も多いようですが、暑中お見舞い申し上げます。

さて、本日は神戸プラージュ2010と北野国際まつり2010に出かけてきました。

神戸プラージュ2010(4)と北野国際まつり2010-1

神戸プラージュ2010の会場ではフェリー船内見学会をやっていて、船内では生ビールを飲みつつ若手プロのジャズ演奏まで聴けた。8月1日と8月28日にもまたあるのでチェックしてね。

神戸プラージュ2010(4)と北野国際まつり2010-2

その後、北野天満神社で開催の北野国際まつりに行ってきました。北野坂を登り切った突き当たりの高台に神社はあって、海方向から風は少し吹いてきますが、やっぱりここも暑かった。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

芦屋花火2010

7月24日良い天気。本日20時から毎年恒例の芦屋花火大会があった。海上花火なので見るポイントは色々とありますが、今回は高みの見物と洒落込むことにした。アーチ型の東灘芦屋大橋が近くでは1番高いかなと思って、側道の歩道からてっぺんまで上ってみました。

芦屋花火2010-1

矢張り考えることは皆同じ。1番上は大勢の見物客でいっぱいだった。ここは風が通って涼しい。

芦屋花火2010-2

真正面から見られてとてもダイナミックで綺麗。ゆっくり出来て結構良い場所でした。

芦屋花火2010-3

目の前を高速道路湾岸線が走っているので、真下の仕掛け花火はみられませんでしたが。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

西宮神社夏まつり2010(2)

すっかり暗くなった7時半ごろ、『原笙会(はらしょうかい)によるあでやかな女人舞楽が奉奏されます。』云々のアナウンスがあり、私の目の前を夜目にもきらびやかな衣装と分る集団が、一列になって颯爽と通りすぎていった。女人舞楽に関しては前知識が全く無かったので興味深深。

このブログを作るにあたって調べたのですが、原笙会の創立者である原笙子さんはもう物故されていて、かってベストセラーになりテレビドラマ化された「不良少女と呼ばれて」の原作者であったとか。私はTVは見ない人間なので知りませんでしたが、発表当時大評判であったらしい。

西宮神社夏まつり2010(2)-1

さて、万燈籠が煌く松林の中に女人舞楽の演技者の方達がスタンバイしました。

西宮神社夏まつり2010(2)-2

原笙子が復活させた女人舞楽。大陸から伝播した日本で一番古い伝統文化だとか。先ずは 「陵王」の舞から始った。アナウンスの説明によると、本来は恐ろしげな面を付けるのですが、そこは矢張り女人舞楽ですから、代わりに綺麗にお化粧し、きびきびと優雅に舞います。

西宮神社夏まつり2010(2)-3

次に4名による「陪臚」の舞が始った。盾と鉾、太刀をもって踊る戦いの舞であるとか。こちらも煌びやかで素敵な衣装。4名の息がピッタリ合って、優雅な舞の中にも勇ましい技があった。


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

西宮神社夏まつり2010

昨日の7月20日、西宮神社夏まつり2010に初めて行ってきた。43号線で行けば高々10分ほどですが、こんな機会でもないと中々訪れることもない。ということで夕刻6時すぎ神社に到着した。

西宮神社夏まつり2010-1

日が高くて、まだまだ境内は明るい。万燈籠のロウソクにはすでに点灯されていましたが、微かな灯りは目立たなくて幽玄な雰囲気は出ていない。そろそろ東門より見物客たちがゾロゾロと入場してきています。本殿入り口の鯛とエビス行灯は光は入っていますが、矢張り目立たない。

西宮神社夏まつり2010-2

本殿内ではエビスさんのゆるキャラが三体紹介されていた。真ん中は何と、アメラグキャラです。

西宮神社夏まつり2010-3

明るすぎるので、一旦退出し7時過ぎに再度来襲。万燈籠も目だち、良い雰囲気になってきた。

西宮神社夏まつり2010-4

女人舞楽の会「原笙会(はらしょうかい)」の素晴らしい演技が終わったのが8時ごろでしたか。境内はすっかり闇に落ちて、あたりは真っ暗。万燈籠のロウソクが煌き、良い雰囲気が出てきた。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

第9回 Kobe Love Port・みなとまつり ユネスコジャズライブ

Kobe Love Port・みなとまつりのステージイベントとして毎年ユネスコジャズライブが開催されている。今年は18日19時からだったので、一旦戻って夕方再度メリケンパークに出撃してきた。

第9回 Kobe Love Port・みなとまつり ユネスコジャズライブ-1

今回で第9回目になるユネスコジャズライブ。今年も古谷充と古谷光広を中心としたフュージョン系ジャズの演奏。ユニット全体の息が合い、脂が乗り切った素晴らしい演奏に聞きほれた。

第9回 Kobe Love Port・みなとまつり ユネスコジャズライブ-2

20時に演奏が終わり、帰途につく時にメリケンパークの岸壁から神戸プラージュ2010の会場となっている第一突堤を見ますと、神戸大橋を背景にして帆船海王丸がライトアップされていた。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

神戸プラージュ2010(3)と第9回 Kobe Love Port・みなとまつり

7月19日快晴の夏日。本日も神戸プラージュ2010と第9回 Kobe Love Port・みなとまつりに出かけてきた。昨日今日とメリケンパークの駐車場は他県ナンバーの車でイッパイで大賑わい。

神戸プラージュ2010(3)と第9回 Kobe Love Port・みなとまつり-1

動きが軽やかで凄いジャンプ力。男子学生の試合はダイナミック。人のいない所に上手くボールを落とす。予選を勝ち抜いてきたチームは矢張り違う!それにしても蒼い空と白い雲・・・

神戸プラージュ2010(3)と第9回 Kobe Love Port・みなとまつり-2

12時からプラージュステージでは神戸出身のアカペラグループ、今売り出しバリバリのパーマネントフィッシュのライブがあった。ソフトで個性豊か。お洒落をした女の子たちが詰め掛けてた。

神戸プラージュ2010(3)と第9回 Kobe Love Port・みなとまつり-3 

隣の第9回 Kobe Love Port・みなとまつり会場でも色んなイベントが、夏といえばフラですね。

神戸プラージュ2010(3)と第9回 Kobe Love Port・みなとまつり-4

変ったところでは競輪自転車を使った最速チャレンジメーターがあった。女子で50KM、男で60KMぐらい。現役競輪選手の模範走行は流石に速く、最高速85.1KMを記録した。スゴ~イ!歯を食いしばって真剣にやっていた。賑わいのある日本競輪選手会兵庫支部のブースでした。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

神戸プラージュ2010(2)とフィエスタペルアナ

7月18日暑カッタ~。もう手足が日焼けでヒリヒリするくらい真っ赤。本日は神戸プラージュ2010で開催の神戸市長杯関西学生ビーチバレー男女選手権とフィエスタペルアナに行ってきた。

神戸プラージュ2010(2)とフィエスタペルアナ-1

猛暑の中でも選手たち元気いっぱい。周囲の景色が良いから絵になるネ~。明日が決勝。

神戸プラージュ2010(2)とフィエスタペルアナ-2

女子は御馴染みの水着スタイル。みんなスリムでスタイルが良くて背が高いから迫力がある。砂は柔らかい普通のビーチのモノじゃなくて、神戸空港沖の硬く締まった砂を使用してます。

神戸プラージュ2010(2)とフィエスタペルアナ-3

金時で早めのランチを食べ、次へと移動する。本日は忙しいのです・・・  ア、ご飯も食べたよ。

神戸プラージュ2010(2)とフィエスタペルアナ-4

海外移住と文化の交流センター
に到着。入り口でペルー民族衣装の可愛い子たちがピース!

神戸プラージュ2010(2)とフィエスタペルアナ-5

6Fでペルー人の祭り、フィエスタペルアナが開催されていました。この前開催のフェスタジュニナはブラジル人の祭りです。色々紹介があって、ケーナやサンボーニャなどのペルー民族楽器による演奏があった。先ずは御馴染み「コンドルは飛んでゆく」から。南米の人は音楽好き。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

神戸プラージュ2010グランドオープン

7月17日一部を除いて全国的に梅雨アケ~。神戸も行楽日和のアッチッチ~な夏日だった。本日から神戸港第一突堤で神戸プラージュ2010がグランドオープン。11時ごろ偵察してきた。

神戸プラージュ2010グランドオープン-1

プラージュとはフランス語で砂浜のことらしく、第一突堤上に人工の砂浜が出現していた。ここでサッカーやバレーボールの大会が開催される。本日は練習帆船海王丸も岸壁に停泊してた。

神戸プラージュ2010グランドオープン-2

暑くてスタッフが砂浜に散水していると、その下で子供たちがシャワー気分で飛び跳ねていた。

神戸プラージュ2010グランドオープン-3

海王丸船内見学はそんなに混んでいませんでした。船上から見ると砂浜は随分広い。ステージもあってここで色んな音楽イベントが開催される。グルメブースやトイレ、更衣所なども完備。

神戸プラージュ2010グランドオープン-4

12時ごろお隣の中突堤に停泊していた巨大クルーズ客船飛鳥Ⅱが後進を掛け、Uターンして悠々と出港していきました。運が良ければ目の前でこのような絶好の場面に出会えるかも。

明日と明後日はプラージュで神戸市長杯関西学生ビーチバレー男女選手権が10時からある。


次回へ続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

第27回神戸骨董祭

7月16日曇り。Webの天気予報を見ると明日から一週間連続で晴れマーク。いよいよ梅雨明け近しかな。神戸プラージュ2010も始ることだし、夏のイベントシーズンがドド~ンとやって来る!

本日は前回に引き続いて第27回神戸骨董祭が開催中の六甲アイランドまで行ってきた。

第27回神戸骨董祭-1

アンティークといってもスゴイ幅広い。神戸骨董祭は性別、年齢に係わらず対応が出来るくらい沢山のショップが出ている。ん百万円するものや、お小遣いで買えそうそうなモノまで様々デス。

第27回神戸骨董祭-2

若い女性だったら矢張り小物系雑貨のアンティークでしょうか。どっさりと並んでいて楽しい。

第27回神戸骨董祭-3

主婦はアンティークな食器やガラスの器がお好みか。見易いようにきちんと展示されていました。

第27回神戸骨董祭-4

アクセサリー類は素敵で割と値段が安いのがあった。珍しい仏像や人形も沢山出展されていたので、見回った後、お気に入りがあればスタッフと粘り強く交渉してみましょう。18日まで開催。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

「自然体感展望台 六甲枝垂れ(しだれ)」を見て来た(3)

冷蔵庫の無かったはるか昔、山の北側斜面に大きな穴を掘り、冬に積もった雪を投げ込んで圧縮し、上にワラで編んだゴザを何枚も重ね保存した。それは氷室と呼ばれ、夏になると氷のように固まった雪を切り出して、将軍様や殿様にその貴重な氷を献上する習慣があったそうな。

バリアフリーのスロープを下りて、幹下の円形の室に入って行く。壁は腐りに強いヒノキの集合材で造られていて、独特の良い香りが充満していた。スタッフの説明によると、壁の向こうに隠された氷室には冬季間に氷が貯蔵され、夏はこの室にエコな冷風を送るようになっているとか。

「自然体感展望台 六甲枝垂れ」を見て来た(3)

幹は煙突のようにがらんどうで晴れれば日光が、雨ならばもろに室中に入って来る。氷室で溶けた氷は一筋の冷水となって花崗岩の床に流れ込む。自然と共存したこの室温は18.5度でした。


最初にもどる


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

「自然体感展望台 六甲枝垂れ(しだれ)」を見て来た(2)

今年の春、樹齢60年の見事な桜を見た。ブラジル移民となって、かの地に渡る親戚の幸福と無事を祈って植えられた1本の桜。土地との相性が良かったのか、手入れが良かったのか、見事な枝垂れ桜の大木となって評判を呼び、毎年春には大勢の見物客が集まるほどの名木となった。

その大木の枝は地面に届くほど垂れ下がり、まるで桜の花で出来たドームのように見えた。

「自然体感展望台 六甲枝垂れ」を遠くから見たとき、あの枝垂れ桜によく似てると思った。

「自然体感展望台 六甲枝垂れ」を見て来た(2)-1

太い幹から枝が周囲に張り巡らされ、その間隙から雨や風が通り、太陽の光が差し込んでくる。

「自然体感展望台 六甲枝垂れ」を見て来た(2)-2

枝垂れはステンレスの丸棒が溶接されて枝となり、ヒノキの丸棒がビス止めされ花?となる。

「自然体感展望台 六甲枝垂れ」を見て来た(2)-3

幹の周りを滑り止めされたヒノキ材の坂が一周し、木漏れ日のスロープと呼ばれている。

「自然体感展望台 六甲枝垂れ」を見て来た(2)-4

太い幹は内部が空洞となって、ある仕掛けがしてあった。そこにはこの入り口から降りて行く。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

「自然体感展望台 六甲枝垂れ(しだれ)」を見て来た

7月13日毎日飽きもせずよく降ります。梅雨ながら感心する。本日は自然体感展望台 六甲枝垂れのオープン日。六甲山の中腹から上は灰色雲が掛かっていたが、行ってみることにした。

「自然体感展望台 六甲枝垂れ」を見て来た

六甲山丁子が辻で右折し、尾根道を道なりに行くと元十国展望台があった場所に到着。下界は曇り空でしたが、やはり山の上は濃いガスが掛かっていた。オープン日なのに生憎の空模様。

小高い丘を仰ぎ見ると、ガスってる中に・・・  オォ~ッ! イェ~イ!


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

参議院投票日に感じたこと

7月11日朝から1日雨模様。投票日にとっては生憎の日でしたが、一票投じてきた。投票率の途中経過は前回より良いらしい。選挙に対する関心が高くなって来ているということか。

国は今大変な時期だと思う。それを感じ、危機感を持つ人たちが増えつつあるのかも知れない。力を持ったライバルが増え、どんどんとシェアを奪われつつある。現在の不況の一理由でしょう。

かって、国土が小さく、資源も少ない日本がヨーロッパやアメリカに負けない優れた品質に加え、値段が安い製品を作る技術で脚光を浴びた時期が続いた。先進国を最初は模倣し、工夫しながらそれ以上のものを作りあげてきた。当時、内外のジャーナリスト達によって賞賛されていた。

ところが先進国となった日本をかって日本がそうしたように中進国が模倣し、創意工夫によって優れたシステムを作り、先進国の仲間入りをし始めた。今までアジアにおいては日本が唯一先進国であったが、日本のお株を奪うように諸外国がその仲間入りをし、凌駕しようとしている。

日本はかっては先進国を追う立場であったが、そこに到達すると今度は目標とされ追われる立場に変ってきた。人を殺戮する戦争ではないが、これは明らかに国家間の経済戦争ではないか。

永らく一党独裁でしたが、去年から風向きが変って来ている。今回、日本国民はどのような審判を下すのでしょうか。政治が熱を持ち、灼熱し、もっともっと面白くなって欲しい。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

ヘリコプターフェスタ2010

7月10日朝から良い天気。今日明日とメリケンパークカワサキワールドでヘリコプターフェスタ2010がある。抽選ですが本物に搭乗できるらしい。倍率はどれくらいかナ~ 行ってみようか。

ヘリコプターフェスタ2010-1

海洋博物館前のテントで抽選券を受け取って、抽選会場は海洋博物館内にあるから入場券が必要になる。赤玉が当選デス。残念ながら白玉でした。出玉を見ると倍率は約10倍くらいかな?

ヘリコプターフェスタ2010-2

川崎重工製の9人乗りヘリコプター。大型扇風機をブン回して飛び立つので、ものスゴ~イ風!


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

灘の酒・SUMMERガーデン2010

毎年恒例の灘五郷酒フェア、そのサマーバージョンが何時もの神戸朝日ビルディングで開催中とか。私も嫌いな方じゃないので、昨夜の7時過ぎに楽しみ半分?チョット覗いてみることにした。

灘の酒・SUMMERガーデン2010-1

先ず入り口で500円支払い、ツマミとチケット3枚受け取った。前回とはかなり様子が変って、灘五郷のメーカーが「コ」の字にズラリと会場を取り囲み、お客が好みのメーカーの酒を選べるようになっていた。何時にも増して沢山のお客さん達、どれを飲んでやろうかと、右往左往で忙しい。

灘の酒・SUMMERガーデン2010-2

チケットの枚数で人気が分るので、メーカーも客の目を引く展示に一工夫。殆どが夏用の冷酒なのか、冷し方にポイントがあったみたい。中にはシャーベット状に凍らせた酒もあって様々デス。

灘の酒・SUMMERガーデン2010-3

フリューゲルホーンとギターの一昨年と同じコンビがソフトでお洒落な演奏を繰り広げていた。毎回企画に工夫があって、灘五郷酒フェア売る気満々!やる気満々!元気いっぱいでした。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

神戸で秀吉と出会う旅(5)

14時半ごろ「道の駅淡河」を出発し、神戸市内に向かって帰路についた。この日見学に回った場所は全部神戸市北区内ですから、市内に戻るという言い方は変なのですが、感覚として遠く離れた市外から戻って来たような気がしました。神戸の周辺は広いし、鄙びた良い所が沢山ある。またそのようなところだからこそ、古い貴重な文化遺産が現在まで残されたのかも知れません。

神戸で秀吉と出会う旅(5)-1

15時20分ごろ神戸市立博物館前に到着。「神戸で秀吉に出会う」が開催中なので見学した。

神戸で秀吉と出会う旅(5)-2

16時から「三木合戦絵解き」特別講話があるので地下展示室に向かった。中は映画館のように広々としており、ステージには3枚の絵図が用意されていた。これから何が始るのか興味深深。

さて、羽柴秀吉の三木城兵糧攻め作戦は1年と10ヶ月に渡って続いた。最後は食料が底をつき、城主一族郎党の切腹を条件に戦いは終了する。その間の悲惨な戦いをこの3枚の絵図が説明しているのですが、合戦の場面が色々沢山描いてあるだけで、我々には意味が全く分らない。

間もなく語り手が紹介され、 300年の歴史があるという「三木合戦絵解き」講話が始った。絵図の各部分を指し示し、文語体も交え朗々とした見事な語り口で20分以上も続いたでしょうか。


8月1日まで 神戸市立博物館にて「神戸で秀吉に出会う」が開催中


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

神戸で秀吉と出会う旅(4)

石峯寺見学の後、20分ほどバスに乗り、湯山街道と有馬街道の交差点にある「道の駅淡河」に到着。かっては有馬街道を徒歩でやって来て、峠の茶屋で一休み・・・ といった大変な旅だったのでしょうが、現在の旅は有り難い程楽になって、あっけないくらい目的地に早く着く。

神戸で秀吉と出会う旅(4)-1

淡河城址は小高い山上にあって、道の駅淡河の駐車場から直ぐ仰ぎ見ることが出来る。小さな天守閣が建っていましたが、戦国時代の城は黒澤映画に出てくる砦のような規模の山城が殆どであったとか。姫路城に代表されるような立派な平地城が出来たのは天下統一後になる。

織田信長と毛利氏との代理戦争として始った羽柴秀吉と別所氏の争いは、別所氏が三木城に立て篭もって援軍を待つことになる。そこで秀吉は三木城を取り囲み兵糧攻めの作戦を取った。ところがその抜け道はあって、海路運ばれた食料はこの淡河城のような支城が兵站基地となり三木城まで運ばれた。そこで秀吉はこのような支城をシラミ潰しに攻撃し、補給を絶つ作戦に出る。

 神戸で秀吉と出会う旅(4)-2

関西の奥座敷と言われる有馬温泉。かっては湯山街道や有馬街道を通って湯治客が往来したことでしょう。この淡河は宿場町として栄え、旧道には当時の面影を残した街並みがあった。

街道筋のこの地に満月堂という名物・豊助饅頭を商う有名店があった。 

神戸で秀吉と出会う旅(4)-3 

さて淡河の街探索後は道の駅淡河で一休み。この後市内に戻り、神戸市立博物館へと向かう。


次回へと続く


全文を表示 »

テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

神戸で秀吉と出会う旅(3)

有馬温泉太閤の湯を後にし、バスで40分ぐらいの北区淡河町にある石峯寺(しゃくぶじ)に向かった。西区の性海寺もそうですが、石峯寺もかっては沢山の支院に囲まれていたらしい。

天下統一を目指した織田信長の命を受け、羽柴秀吉は中国地方の大大名であった毛利氏との戦に出陣した。先ずはその同盟軍であった三木城攻めを敢行するのですが、この辺りの抵抗勢力であった城や僧兵を抱えた寺は戦火に巻き込まれ、焼き払われたということです。

神戸で秀吉と出会う旅(3)-1

降り続く雨の中、石峯寺仁王門前でバスは停まった。真っ直ぐ伸びる参道の正面には石峯寺が見える。かっては70あまりの支院に囲まれ栄華の時代があったが、明治維新の廃仏毀釈によって衰え、現在は3院のみ。境内に入り、庫裏でランチの美味しいお弁当を戴いた。廊下より外を見ると、山に雲が切れ切れになってたなびき、のんびりとした風情ある田舎の景色があった。

神戸で秀吉と出会う旅(3)-2

食後に本堂で住職さんの法話を聞き、境内を散策した。室町時代に建立されたという重要文化財の薬師堂や三重塔などがあって、街に居ては想像も出来ない神戸の古い歴史を実感した。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

神戸で秀吉と出会う旅(2)

前夜から降り続く雨で大増水し、渦巻き音を立て流れ落ちてくる有馬川。普段は温泉客がそぞろ歩くであろう整備された川端はさすがに人っ子一人見えない。川沿いの道を「ねね像」前で右折し、案内されるままに坂を登って行くと、総湯・金の湯に出会う。そこから舗装されてはいるが、狭い坂道をさらに行くと温泉寺、念仏寺、極楽寺と寺が寄り集まっているエリアに到着した。

神戸で秀吉と出会う旅(2)-1

秀吉関係の遺構や文献は徳川の時代に破棄されたり遺棄され存在しない物が多い。太閤の湯の存在も単なる言い伝えでしかなかった。しかし、阪神大震災の時に極楽寺が損壊し、その修復時に太閤の湯の存在が確認されたそう。現在はそこに立派な御殿が建てられていました。

内部は博物館になっていて、当時の岩風呂遺構や蒸し風呂が復元され展示されていた。

有馬温泉には何ヶ所も源泉がありますが、その内の一つ天神泉源に寄ってみた。98℃のお湯が湧き、この時期でも蒸気でいっぱい。鉄分が多いのか、辺りは鉄錆び色に染まっていた。

神戸で秀吉と出会う旅(2)-2

関西の奥座敷とも言われる有馬温泉。谷間の狭い土地を利用しているので、家は寄りかたまり、道幅はとても狭い。その両側に古民家や商店の軒が連なって何とも言えない風情があった。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

タリーズコーヒーJazzLive

7月4日梅雨あけしたか? と錯覚するような良い天気。本日はタリーズコーヒー神戸ファッションマート店でJazzLiveがあったので、晴れの日専用のkuwaharaFunny号に乗って出かけた。

タリーズコーヒーJazzLive

久し振りでファニー君に乗ったが、相変わらずウキウキさせる良い出足。六甲アイランド大橋の急坂を簡単に登り切って、神戸大クァルテットの第1回目の演奏が始る、12時少し前に到着した。

オープンテラスでの演奏は途中水分を補給し、汗をかきながら、バップ系ジャズを熱演。神戸は学生のジャズが盛んでレベル高し。それに六アイの静かな環境は屋外演奏に向いてますね。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

神戸で秀吉と出会う旅

今、神戸市立博物館で「神戸で秀吉に出会う」が開催されているように、神戸の近郊で秀吉はその足跡をよく残しています。本日は生憎の雨でしたが、神戸で秀吉と出会う旅に出かけてきた。

織田信長に仕えていた頃の羽柴姓時代には戦でこの地の大名達を根こそぎ滅ぼし、蹂躙していましたし、天下人となった豊臣姓時代には有馬温泉をよく利用し、かの有名な太閤の湯の遺跡まで残しています。市役所3号館前からバスで9時に出発し、先ずは有馬温泉までやって来た。

神戸で秀吉と出会う旅

バスを降り、増水しごうごうと轟く音を立てて流れる有馬川沿いの坂を太閤の湯に向かう。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

ポーアイのフリマ

近頃はフリマが大流行。エコの時代の反映なのか、リュックサックマーケットのように摩耶山上までわざわざロープウエーに乗っていく変り種もあって、神戸でもフリマがよく開催されている。

2010神戸太極拳カーニバルの開催当日にポーアイ市民広場でもフリマをやっていた。生憎の曇り空にも係わらず、出店者も買い物客も結構多く賑わっていたので、ちょっと覗いてみました。

ポーアイのフリマ

スペースが広いこともあって、車に商品を積み駐車している人たちが殆ど。中にはこのビートルのようにFor Saleのマイカーも。ちなみにこれは50万円だった。外国人の姿もチラホラ見られた。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

«  | HOME |  »

プロフィール

mikekimura

Author:mikekimura
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

By FC2ブログ

コウベ アシヤ
神戸 芦屋の情報サイト

東京のここが面白い

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

リンク

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。