2010-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブンシーズナビゲイター初入港

9月30日曇り空で寒い。本日はクルーズ客船セブンシーズナビゲイターが神戸港第4突堤(ポートターミナル)に8時初入港。駆けつけたが、悪天候?の為か、1時間ほど到着が遅れるらしい。

セブンシーズナビゲイター初入港

8時半ごろになって、ようやくといった感じで最終コーナーを曲がりゆっくりと姿を現した。この時点でポートターミナルまで2kmほどの距離があるので、接岸まであと30分以上費やすことになる。


次回へと続く      


スポンサーサイト

テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

西宮砲台ジャズコンサート

潮芦屋アクアスロン大会の後、午後16時ごろ御前浜の西宮砲台ジャズコンサートに出かけた。

幕末の頃、海外列強の侵略を恐れた江戸幕府が築いた西宮砲台。同類が和田岬にも残されていますが、このような史跡が残っていることでも分る様に、御前浜はこの辺りでは珍しく昔から残されている貴重な自然海浜です。近頃BBQなどで汚されるその貴重な砂浜を憂い、地域住民のコミュニティの意味も込めて海辺のひろっぱフェスタ・砲台ジャズコンサートが開催された。

西宮砲台ジャズコンサート-1

16時半ジャストに上場正俊クインテットの演奏が始まった。「上場さん」では分らなかったが、顔を見ると小曾根実クインテットのメンバーでよく見かける御馴染みのドラマーだった。西宮の生まれらしく、自分の青春時代の逸話などを交えた話。和やかで楽しく丁寧な時間が過ぎて行った。

西宮砲台ジャズコンサート-2

「ひろっぱ」には波除堤防が築かれ、演奏中も子供たちが普段通りの長閑な姿で遊んでいた。

西宮砲台ジャズコンサート-3

プロミュージシャンの後は西宮浜中学校ビッグバンドの元気な演奏があった。父兄たちなのか沢山の聴衆が詰め掛けていた。一生懸命練習したのか、上手くて良い演奏でした。


最初に戻る      


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

潮芦屋アクアスロン大会(2)

南芦屋浜のこの人工海浜は普段は遊泳禁止ですが、水質基準に満たない為だと思っていた。ところが、この日は一般にも開放し、海水浴が出来るくらいキレイに見えた。水質浄化に努力したんでしょうか?もし仮に芦屋浜海水浴場になれば、阪神間で1番近くなって便利なんですけどね。

さて先頭グループの2人が早くもダントツに1周目をクリアし、水を蹴立てて砂浜へ駆け上がってきた。2周目に向かって、そのまま再度海中へドボン!  しばらく遅れて、集団がやってきた。

潮芦屋アクアスロン大会(2)-1

スイムを終えた選手たちはトランジットでウエットスーツを脱ぎ、各自白い袋から出したシューズを履いて、すぐさま今度はランで出発。中にはTシャツを着ながら走るお洒落な女子選手もいた。さすがにお化粧はしなかったみたい。海岸べりの10kmを選手たちのストライドがグングン伸びる。

潮芦屋アクアスロン大会(2)-2

スイムで1着だった選手が先頭でフィニッシュした。バランスの取れた良い体格してる。聞くところによると、国体出場の選手らしい。やっぱりね!スイムとランの合計タイム52分弱でした。


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

潮芦屋アクアスロン大会

アクアスロンとはスイムとランの複合競技だとか。これに自転車が加われば、トライアスロンになる。使う筋肉が違う異種のスポーツを組み合わせることは、バランスとれた体格を造り非常に良いことかもね。ただヘビーな競技なので、この日も性別とか年齢に応じてクラス分けされていた。

潮芦屋アクアスロン大会-1

潮芦屋アクアスロン大会は南芦屋浜に造られた人工海浜で行われた。オイルフェンスで仕切られた閉鎖海域になっているので、海水は割りと綺麗です。この日の為に砂浜も掃除されていた。

間もなく一般A(高校生以上)が始まるので、ライフセーバーや監視員たちが海に出る準備をしている。快晴で波静かですが、選手たちの気持ちを代弁すれば「嵐の前の静けさ」といったとこか。

潮芦屋アクアスロン大会-2

さて選手たちがスタート地点に付いた。最高クラスだけあって各選手立派な体格しています。

潮芦屋アクアスロン大会-3

合図で総勢113名の選手が一斉に海に飛び込む。気温25℃、水温27℃絶好のコンディション。

潮芦屋アクアスロン大会-4

250m先にある折り返しマーク目がけ一生懸命泳ぎまくる。これからこのコースを2周回します。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

潮芦屋アクアスロン大会と砲台ジャズコンサート

9月26日朝から秋晴れの良い天気。本日午前中は潮芦屋アクアスロン大会に午後からは西宮の砲台ジャズコンサートに行ってきた。両方とも海に面した、潮の香りがプ~ンと漂う会場でした。

潮芦屋アクアスロン大会

南芦屋浜の人工海浜の砂浜、普段は遊泳禁止ですが、本日は特別。アクアスロン大会が開催。

砲台ジャズコンサート

芦屋市に隣接する西宮市では、貴重な自然海浜が残る御前浜で砲台ジャズコンサートが開催。


潮芦屋アクアスロン大会に続く      砲台ジャズコンサートに続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

神戸南京町中秋節2010

9月25日朝から良い天気。23日敬老の日に行く予定でしたが、生憎の雨だったので、今日になってようやく南京町に行って来た。明日まで中秋節。ナガ~イ夏も終わり、いよいよ秋に突入か!

神戸南京町中秋節2010-1

すっかり南京町名物になった孫悟空トリオの一員、トボケ顔の猪八戒。楽しそうに「ぶーぶー」喋りながら、プログラムを配っていた。けっこう芸達者なキャラで見物客を笑わかしていた。

神戸南京町中秋節2010-2

13時半過ぎから南京町龍獅団の演技が始まった。相変わらず身軽で軽業のような見事な動作。

神戸南京町中秋節2010-3

初めて見ましたが、子供獅子も出演していた。時折、演技者の正体が見えて、中身は少年そのものの幼顔。年齢にしてはダイナミックで立派な演技。日頃からの練習の成果を発揮していた。

神戸南京町中秋節2010-4

フィナーレは親子獅子揃っての舞。途中アナウンスがあって、頭を獅子にハグハグされると幸運があるとか。皆さん喜んで差し出していました。南京町は本日も食・飲・見物で沢山の人だった。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

国際フロンティア産業メッセ2010(3)

日本企業が戦後飛躍的に発展したのは、アメリカやヨーロッパの先進国のニーズを掴み、技術革新によって他国へのシェアを拡大してきました。それにつれ国民の所得水準も上がり、より付加価値の高い高級品が国内の店頭に並び、世界の一流国と肩を並べる先進国となっていった。

日本は経済大国となって安心したのか?油断したのか?或いはサムスンの瀬戸際での危機回生のマネージメントが上回ったのか90年代に入って日本経済の指標は下降線をたどり始めた。

サムスンにキャッチアップされた日本企業は新興国への進出にも遅れを取ってしまった。サムスンの方が日本より新興国のニーズを上手く掴んで商品開発したということか。リーマンショックの時に、成熟した先進国より成長期で伸びしろが大きい新興国の方が立ち直りが素早かった。

国際フロンティア産業メッセ2010(3)

最近の日経新聞に出ていましたが、パナソニックが三洋電機とパナソニック電工に対しTOBを実施し、パナに一本化を目指している。この処置に関して、パナの大坪社長は「世界は短距離ランナーのスピードで走っているが、我社はまだ中距離ランナーのスピードだ」と。危機感の表れか。

さて、ここで再び吉川良三氏の講演を要約し、以下続けます

◇         ◇

『世界に対する日本の技術的イノベーションが競争優位の源泉に繋がっていなかった。もう「特許だ特許だ」と言っている時代ではないんです。新しいものを出したら公開して、仲間を増やしていくことが重要なんです。

とにかく消費が重要なんです。有形の人工物には、ある環境のなかで操作して初めて消費が生まれる。これを日本のメーカーは忘れて、使いもしない機能を入れて「どうだ」と言う。で、それをまた日本人が喜んで使うという…

機能は環境に合わせて小刻みに提供するものなんです。それが グローバリゼーション 。208カ国あれば208カ国の環境と操作がある。そしてテレビでも洗濯機でも冷蔵庫でも、208カ国すべてでスペックを変えていく必要がある。そこが日本の負けているところです。今までの開発プロセス、組織のあり方、ITの使い方、管理の仕方…、全部変えないといけませんよね。高度成長時代のまま、高機能・高コスト・高品質の製品をつくっていた時代と同じ組織能力で、いくらグローバリゼーションと言ってみてもだめだと私は思っています。 』


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

西宮まつり2010(2)

9月23日朝から雨、西宮まつり最終日の神輿渡御は残念ながら中止。子供たちが多いし、風邪を引いたり、綺麗な衣装も濡れたら大変!中止も已むなしか。また来年に期待しましょう。




テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

西宮まつり2010

昨夜から始まった西宮まつり、本日は朝から例祭があり、15時からは稚児行列があった。今日も30度を越え暑かったにも係わらず、可愛い衣装の子供たちに熱心な父兄たちが同伴し、手を取り合って神社の赤門から西宮商店街に繰り出して行った。明日は時代絵巻の神輿渡御がある。

西宮まつり2010-1

榊でお払いする宮司さんを先頭にして、町内の有志が引っ張る船、住吉丸が続いて鳥居を通る。

西宮まつり2010-2

何時もと違って、着慣れない衣装や冠姿の子達、緊張気味ですが、少し誇らしげな感じ。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

2010神戸・芦屋10月イベント予定

動き回り易い良い季節になって来ました。今月はイベントが多いです。それも土日祭日に集中している。この中からどれだけ行けるかな~? 気持ちは全部行きたいのですが・・・    多分月末にかけてまだまだイベントの追加が出てくるので、随時更新していく予定。楽しみダ~。
 
2010神戸・芦屋9月イベント

2010年の神戸港客船入港予定

7月13日~ 六甲山の新たなランドマーク/自然体験展望台六甲枝垂れ オープン

4月1日~11月30日 伏見・十石舟の運航  十石舟

4月21日~11月30日 堺・住吉まん福ぷくチケットを発売

7月31日~10月3日まで 特別展 水木しげる・妖怪図鑑  兵庫県立美術館

9月4日~10月22日 秋楽祭  神戸市立森林植物園

9月18日~10月31日  淡路花祭2010秋

9月11日~11月9日 木下大サーカス神戸公演

9月18日~11月23日  六甲ミーツ・アート「芸術散歩2010」 六甲山カンツリーハウス

6月12日~11月23日 バラの小径 ローズウオーク

9月1日~12月11日 神戸アートウォーク2010

10月1日~11月28日 灘の酒蔵探訪2010 灘の酒蔵等灘・東灘スタンプラリー

10月2日~11月28日  灘の酒蔵めぐりバス運行  バスで行く灘の酒蔵めぐり2009  酒蔵資料館等8箇所を巡る 

10月2日11時~16時 摩耶山リュックサックマーケット  過去のリュックサックマーケット

10月2日10:20~,14:20~  UCCカフェ・コンサート2010  UCCコーヒー博物館ポーアイ

10月2・3日 Swing Jazz Cruise in KOBE HARBORLAND  Swing Jazz Cruise2009

10月2・3日 14回西宮酒ぐらルネサンスと食フェア 西宮の酒と食を楽しむ

10月2・3日 白鶴2010秋「酒蔵開放」   白鶴酒造酒蔵開放2010春

10月2・3日  三国志祭パレード

10月3日11時~18時 Oktoberfest2010ビールの祭典 in 兵庫 Oktoberfest2009

10月3日10時~16時 茅葺民家内田家一般公開  過去の茅葺民家内田家一般公開

10月2日~10日 第13回神戸元町ミュージックウィーク 

10月3日~10月11日  KOBE 観光の日

10月3日~11月23日  第16回ウール&チーズフェスタウール&チーズフェスタ

10月9日  第10回神戸建築物語~阪神間モダニズム物語~

10月9日~10日 KOBE JAZZ STREET2010 今年で29回目を迎えるジャズストリート。三宮、トアロード、北野町界隈のライブハウスや教会などの10会場で開かれる

10月9日~11日 丹波篠山味まつり2010 丹波篠山の秋の味覚 丹波篠山味まつり2009

10月9日~10日 KOBEトアロード・クラフトアートフェア2010

10月9日~11日 Feel The Nature2010  神戸市立森林植物園

10月10日8時30分~17時 第22回あしや秋まつり 芦屋市精道小 あしや秋まつり2009

10月10日13時半 ギャルソンレース(飲み物を持って走る) 第22回あしや秋まつり同時開催

10月10日  東灘区制60周年記念だんじりパレード

10月10日  SANNOMIYA Collection 2010 A/W KOBE

10月10日 10時~17時  琉球祭in神戸  新長田若松公園内鉄人広場   琉球祭2009 エイサーパレード

10月15日~17日  KOBE デザインの日記念イベント  旧神戸生糸検査所中央体験型展示

10月16日10時~15時 テクノオーシャン2010 地球深部探査船など一般公開 

10月16日10時~13時 水中ロボット競技会 ポートアイランドスポーツセンター 

10月16日18時30~19時 ミュージアムナイトコンサート 小磯記念美術館1階ロビー  チロルの風コンサート in 小磯記念美術館

10月16・17日 丹波焼陶器まつりと物産市  立杭陶の郷

10月16・17日 秋のアートフリーマーケット  芦屋市立美術博物館   春の芦屋アートフリーマーケット2010

10月16・17日11時~16時 北野小径 愛称披露・芸術祭 北野町広場

10月17日10時~16時 関西ハイランドゲームズ 神戸三宮・磯上公園 本格的なスコットランドの伝統文化

10月16日~11月23日  神戸東灘アートマンス   過去の東灘アートマンス

10月20日~11月23日  第59回神戸菊花展  相楽園   第58回神戸菊花展

10月22日~26日10時~18時 木製帆船模型作品展   第27回帆船模型作品展

10月23日10時~16時 芦屋市総合公園オータムフェスタ2010

10月23日~11月30日 神戸市立森林植物園 森林もみじ散策

10月30日  六甲アイランドハロウィンフェスティバル   六甲アイランドハロウィンフェスティバル2008

10月30・31日 第12回六甲アイランド収穫祭  2006六甲アイランドハロウインと収穫祭

10月30・31日10時~16時  技能グランプリ&フェスタ2010  ポーアイ国際展示場  技能グランプリ&フェスタ 2009

10月31日10時~16時酒蔵茶会  灘泉・酒蔵ホール 【 主催 】茶道ボーイズガールズ・宇山宗圭   神戸市東灘区制60周年の記念イベントとして、 酒蔵にて、裏千家のお茶会、日本酒の試飲、酒蔵の歴史探訪などが 一緒に楽しめます
 

テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

神戸ドイツ学院オクトーバーフェスト2010(2)

正午にオープンしてからみるみる込み出して、食べ物を受け取るテント前は長蛇の列で大賑わい。皆さんお腹時計のベルがジリジリ鳴ってるから早く受け取って、座席の方も確保しないとネ。

神戸ドイツ学院オクトーバーフェスト2010(2)-1

ドイツ料理と言えば矢張りソーセージとミートローフは欠かせない一品。炭火でじっくりと両面を。

神戸ドイツ学院オクトーバーフェスト2010(2)-2

学校らしく手描きイラスト入りのメニュー。絵は万国共通語、分かり易くて良いんじゃないスか。

神戸ドイツ学院オクトーバーフェスト2010(2)-3

Bセットをゲット。本場のミートローフはサスガ~と思わせる滋味がイッパイ!ポテサラとパンもかなり美味かった。これでドイツ産の生ビール ガッフェル ケルシュを2杯飲んで、いい心持~


前に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

神戸ドイツ学院オクトーバーフェスト2010

9月18日、日中の日差しはまだ強いが朝晩が涼しくなり、まさに収穫の秋が訪れて来つつある。本日は六甲アイランドにある神戸ドイツ学院オクトーバーフェスト2010 ドイツビール祭りに行ってきた。これから各地で次々開催されるオクトーバーフェスト。先ずはこちらが先駆けでしょうか。

神戸ドイツ学院オクトーバーフェスト2010-1

六甲ライナーの駅から数分。信号のある横断歩道を横切ると、校舎に掛かる看板が見えてきた。

神戸ドイツ学院オクトーバーフェスト2010-2

去年まだ建設時に前を通りましたが、最新のエコ設備が導入されたきれいな新校舎となった。

神戸ドイツ学院オクトーバーフェスト2010-3

センター棟前の高いフェンスに囲まれたグラウンドには沢山のテントが設営され準備万端か。

神戸ドイツ学院オクトーバーフェスト2010-4

南棟のフェンスに入り口が設けられ、タープの下では受付がもうスタンバイOK!ここで飲食チケットを買って中へ入る。まだオープン時間前でしたが、もうお客がゾロゾロと訪問しつつあった。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

第2回関西ハンバーガーフェスタ

9月17日、このところ暑さも和らぎ、動き回るには良い環境になってきた。明日から9月のウレピ~連休が始まるが、各地でイベントが目白おし。六甲アイランドでも本日より第2回関西ハンバーガーフェスタが始まった。第1回目が好評だったので、今年もランチ時に襲撃してみた。

第2回関西ハンバーガーフェスタ神戸-1

六甲アイランド神戸ファッションプラザ 3F サン広場に到着。参加のショップは去年より2店舗増えて13店舗が出店し盛況。肉を焼く煙がたちこめ、雰囲気や匂いも揃ってお腹をグ~と鳴らす。

第2回関西ハンバーガーフェスタ神戸-2

グルリと一回りし、1通り店舗を見て歩く。中にはピエロが販促をやっている店もあって、各店独自の趣向を凝らしていた。長蛇の列の店やそうでも無い店、矢張り客の少ない店は並びにくい。

第2回関西ハンバーガーフェスタ神戸-3

しばらく並んで高槻バーガー680円をゲット。大きめサイズの紙包みを持ち、空きテーブルを探す間に、手の平にその熱さがジンジン伝わってくる。一個でも胃袋には結構充実感ある量だった。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

国際フロンティア産業メッセ2010(2)

これまでは例年各ブースを見て回り、色んな最新の技術が展示紹介されているのに感心しているだけでした。単にオブザーバーとして面白いものを観察して回る、その他多勢の1人だったのかも知れません。今年は2日目の午後からあった講演会がまさに時流を捉えたテーマであったので、興味深く拝聴してきました。当ブログにしては話題が重たいですが、取り上げてみますネ。

国際フロンティア産業メッセ2010(2)

日本の長引く不況の原因を探ると、中国や韓国の経済成長がそれと表裏一体となっているのが見えてくる。例えば、韓国のサムスン財閥が世界各国で飛躍的に売り上げを伸ばし、その影響を日本の大企業がモロに被ってしまった。その理由は何処にある?サムスンを研究してみよう。

ということで、この講演のテーマは「サムスンに学ぶ新時代の経営戦略」という聴く人にとっては真に有り難いお話。私なりに要約して述べてみますが、詳細を知りたい方にはコチラから。

さて、元サムスン電子常務で、東京大学大学院経済学研究科ものづくり経営研究センター特任研究員の吉川良三氏に2時間に渡って講演して戴きました。以下、氏の講演内容を要約。

◇      ◇

『私はたまたま縁あって、1987年にサムスン電子の李健煕会長と知り合いました。その後ときどき韓国へサムスンを見に行っていたのですが、当時は本当にひどい会社でした。 ところが危機感を抱いた会長の大号令により93年に三星電子からSamsungへと社名を変更するとともに「女房と子供以外はすべて変えよう」という悲壮な覚悟で革新を行っていったんですね。

日本人は世界に誇る技術をたくさん持っていると思っていますよね。それ自体は正しい。しかし技術が競争優位に繋がっていないし、利益にも繋がっていないんです。

サムスンの場合には、世界中から最新の技術やパーツを導入してモジュール型の製品開発を行い生産するので、非常に短時間でキャッチアップして安価に大量生産出来てグローバル市場で地歩を築いた。日本製品の良いとこ取りされ、グローバル市場でモジュール化、コモデティ化してしまい、急速な価格の下落に見舞われて価格競争力で自滅に追い込まれて失速してしまった。

日本で皆さんが使っているテレビや冷蔵庫は、日本から一歩出るとほとんど使えないんですよ。アメリカなどの人々は使いますが、新興国やアジアに出て行ったらほとんどだめ。サムスンは新興国のニーズに合わせて売ったが、日本は当時それが出来なかった。』


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

中央卸売り市場 まるもずし

兵庫運河祭2010に行く前、ちょうどお昼時だったので、まるもずしに寄っていくことにした。中央卸売り場が再開発され新棟ビルに移店したらしい。兵庫運河祭会場に近いので丁度良い。

中央卸売り市場 まるもずし-1

新市場ビル2Fに移転した「まるもずし」。この店と東灘区のすし市松は兄弟店らしいデス。

中央卸売り市場 まるもずし-2

上にぎりを注文。並べ方とか彩りがアートな和菓子のよう。女性だったら一目見て、「カワイイ~」とのたまうのでは。口に入れるのが惜しいような感じ。一つ一つ味わってゆっくり食べた。

中央卸売り市場 まるもずし-3

食べ終わったころ、別皿が出てきた。いっぺんにド~ンと出さないところが憎いですね。気持ち細やかな仕事ぶり。これに赤だしと果物が付いて、目でも舌でも味わい美味しくいただきました。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

第10回スルッとKANSAIバスまつり

ボリビアフェスの開催時間中にランチ休憩があるようなので、一旦会場を抜けて「第10回スルッとKANSAIバスまつり」に行って来ることにした。神戸では色んなイベントがあって目まぐるしい。

第10回スルッとKANSAIバスまつり-1

会場になっているホームスタジアム神戸に初めてやって来た。地元Jリーグ・ヴィッセル神戸がフランチャイズで使用しているこのドーム、敷地内では予想以上に沢山の人達が集まっていた。

第10回スルッとKANSAIバスまつり-2

近畿圏のバス会社24社が集まったこのイベント、色んなバスが展示されていましたが、日本でも有数のカバンの町・豊岡市が展示したボストンバッグ型のこのバスが1番目立っていたかな。

第10回スルッとKANSAIバスまつり-3

解体された中古バス部品も展示即売され、マニアが「これ、安い!」と言って、結構売れていた。

第10回スルッとKANSAIバスまつり-4

以前空の日イベント in 神戸空港島の時に乗った神戸市交通局のボンネットバスも展示され、その周囲ではカメラマンが熱心に動きまわっていました。この後、再度ボリビアフェスに戻った。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

ボリビアフェスティバル2010

南米のブラジルやアルゼンチン、ペルー、チリなどは日本でも色んなところで紹介されて割りと馴染み深いですが、ボリビアとなるとどんな国やったかいナ~と、首を傾ける人が多いのでは。

かく言う私も皆さん同様あんまり知識がありませんでしたが、本日は神戸市立海外移住と文化の交流センターでボリビアフェスティバル2010が開催されましたので初見学に行ってみた。

ボリビアフェスティバル2010-1

ご存知のように、南米ではブラジルでポルトガル語が使用されている以外はスペイン語が共通言語となっています。その為、元宗主国であったスペインの強い影響力を感じます。ボリビアも例外ではないようで、お祭りの時に着るダンスの衣装も刺繍とか形が闘牛士のようで印象的でした。

ボリビアフェスティバル2010-2

その他、様々なダンスが披露されましたが、原住民インディオ系のカラフルなデザインにスペインのフェスタ開催時に着用されるようなマスカレード風な衣装がプラスされ、異国情緒満点でした。

ボリビアではトウモロコシとじゃがいも、そしてビーフが主食らしい。弁当を買ったら、でか厚いビーフが入っていた。塩味で柔らかく煮込まれたビーフ、脂身が少なくて日本人の口に合う美味さ。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

第10回兵庫運河祭2010

9月11日、兵庫運河祭2008は夕方に行きましたが、今回の第10回兵庫運河祭には真昼間の2時前会場の新川運河キャナルプロムナードに到着した。夜にはライトアップされ、涼風も吹いて宵祭り気分が盛り上がるのは分かっています。でも、祭りのスタート状況も覗いて見たかった。

第10回兵庫運河祭2010-1

本日もカンカン照りで暑かった。プロムナードを歩いているだけで汗が吹き出てくる。開始直後の2時頃から沢山の人達が集まり始め、ステージでは夜に出演の歌手が入念にリハ中だった。

第10回兵庫運河祭2010-2

運河沿いに沢山のテントブースが並び、ゆるキャラやチンドン隊が練り歩く。出来上がったばかりの名物清盛なべを汗を拭きながら食べ、大道芸や飴細工などを見物。駄菓子屋の店内は子供達でイッパイです。昼間でもこれだけ盛り上がってんだから、夜はスゴ~イ人ゴミになりそうだヨ。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

国際フロンティア産業メッセ2010

9月10日、本日は国際フロンティア産業メッセ2010に行ってきた。毎年行ってますが、今年も暑い中沢山の人たちが詰めかけていました。長引く不況ですが、こんな時期だからこそ世の中の先端を見聞し、研究しないとネ。グローバルな話題の講演会や興味あるブースが出展してました。

国際フロンティア産業メッセ2010-1

今年もポーアイの神戸国際展示場1号館で開催された国際フロンティア産業メッセ2010。

国際フロンティア産業メッセ2010-2

1号館1,2階を利用して、地元の大企業から中小企業、ベンチャーなど多種な企業がアピールする自慢のテクノロジーを発表していた。その面白さに時間を忘れてしまい、蛍の光までいた。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

神戸コロッケ南京町店リニューアルオープン

建築設計の安藤忠雄氏といえば世界的な大家。巨きくて立派な建築物しか手掛けないのかと思っていましたら、何と神戸コロッケ南京町店を設計し、リニューアルオープンさせたらしい。これには驚いた。例えて言うと、生前の岡本太郎画伯が南京町に小壁画を描くようなものではないか。

神戸コロッケ南京町店リニューアルオープン

先日、早速見学に行ってきた。南京町西側の門から50mぐらい入った所に店はあって、5,6人の客が並んでいました。天井が高くて、店のサイズにしては開放的な感じ。神戸コロッケ1号店ということですが、どのような評価を受けますやら気になりますネ。キッシュのセット1000円を買った。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

9月の高山植物園と森林植物園(5)

六甲高山植物園を後にし、神戸市立森林植物園に向かう。六甲山の曲りくねった尾根道を下り、西へ約10km以上行ったところに森林植物園の入り口を示す案内看板が左手に見えてきた。

9月の高山植物園と森林植物園(5)

自然豊かで広大な植物園なので、結構人が入っていても園内人影は疎らに見える。時間があってゆっくり出来るなら、お弁当持参の1日がかりで散策すると色んな発見が出来て面白いかも。

六甲高山植物園より標高が低い分だけ暑いんですが、何となく秋が忍び寄って来ているような気配がした。長谷池にカキツバタがまだ何本か綺麗に咲いていて、かなり目だってました。

途中、池周辺で奇妙な形をした木の塊が竹の子のように地面からニョキニョキ顔を出していた。説明板によると、ラクウショウの木が水辺に植えられた時にだけに発生する気根というものらしい。


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

9月の高山植物園と森林植物園(4)

自然が作り出す造詣には感心する時がある。何らかの必要に迫られ、長い年月を掛けた進化の過程でそんな形になったのでしょうが、まるで神様の思し召しとしか思えない芸術の誕生!

9月の高山植物園と森林植物園(4)-1

風が吹くと、チリ~ンという軽やかな音をたてそう。ところで、キミの名前は何ていうのかな?

9月の高山植物園と森林植物園(4)-2

多肉植物・ヒダカミセバヤも花の季節が到来。ピンクの蕾を沢山つけ、開花すると星になる。

9月の高山植物園と森林植物園(4)-3

御馴染みサギ草が見頃を向かえつつある。純白で可憐、これぞ造詣のマカ不思議。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

9月の高山植物園と森林植物園(3)

昆虫が蜜を吸うことによって、花の雌しべが受粉する大切な仲立ちをやっている。虫たちの気を引く為か目立つ花を付け、その花がまた「ウワ~キレ~」と人間の気持ちを慰め、感動させる。

9月の高山植物園と森林植物園(3)-1

フジアザミに止まる蝶。アップで見ると、その個体には全て自然の摂理があって、その形には理由があるのでは。アザミには棘が無数にあるけど、蝶は上手く蜜を吸う。蜂には無理かな?

9月の高山植物園と森林植物園(3)-2

キレンゲショウマに蜂が頻繁に蜜を吸いに飛び回っていた。この花と蜂は相性が良いのかもネ。

9月の高山植物園と森林植物園(3)-3

ヒゴタイの花にも蝶が群れていた。 絶滅危惧種らしいけど、見かけより繁殖力弱いのかな。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

9月の高山植物園と森林植物園(2)

六甲高山植物園では高山植物の見頃は6,7月。残念ながら9月は季節外れでした。ただ、山野草はちらほらと見頃を向かえていた。高山植物園では花の咲く季節が違う色んな植物を満遍なく植えてあるので、何時でも何らかの花は咲いている。花の蜜を求めて蝶や蜂が何時も飛び回る。

9月の高山植物園と森林植物園(2)-1

花の蜜を求めるのは虫ですが、花の晴れ姿を求めて沢山の花写真愛好家が園内を散策します。

9月の高山植物園と森林植物園(2)-2

上のカメラマンたちが撮っていたのは、今まさに見頃を向かえたこのカノコユリでした。

9月の高山植物園と森林植物園(2)-3

ユリ科のノカンゾウも見頃で見事な花を咲かせていた。お互いの子孫繁栄に虫も共存共栄です。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

9月の高山植物園と森林植物園

9月4日、本日も飽きもせず真夏日。今の時期、神戸で自然の涼風が吹く場所と言えば矢張り六甲山頂か。神戸市立森林植物園の秋楽祭と合わせて高山植物園にも行ってみることにした。

9月の高山植物園と森林植物園-1

早めに出たので、10時ごろ六甲高山植物園に到着。11時ごろの園内気温は25℃だった。矢張り下界より大分涼しい。休憩所の中で池を見ていると、風が気持ち良くてついウトウトとしてくる。

9月の高山植物園と森林植物園-2

六甲高山植物園に続いて、神戸市立森林植物園にやって来た。ここは高山植物園より標高が400mほど低いから結構暑かった。花の時期は終わったが、緑が濃くて目にも鮮やか。久し振りの園内、日陰を選んで長谷池まで散策してみた。かなり広いのでちょっとしたハイキング気分。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

和食処 まるさん

9月3日、残暑お見舞い申し上げます。厳しい暑さが続いていますが、体調はいかがですか?暑くてもしっかりと食べないと体力が落ちます。病気になる前に栄養があって美味しいものを食べて体力回復しないとネ。この時期、新鮮で栄養のある魚は美味しいし、身体が元気になりますヨ。

和食処 まるさん-1

ブログで評判を呼んでいる「まるさん」に初めてやって来た。坂の途中にあって、芦屋のステータスにしてはかなり質素な店構え。「大丈夫かな~」と少々不安になったが、ダメ元と思い入店。

店内カウンターと奥にテーブルが一席のみ。午前中ながら、お客がもう5,6人。黒板には産地を記した魚定食がズラリと10種類以上書いてあったので、豊後産真アジ定食1000円をチョイス。

魚の出汁が良く出た大椀の海草入り味噌汁、焼き魚もとても新鮮でチョ~ウマ~。もちろん作り置きでは無く、じっくりと焼いてくれました。頭の部分をせせっていたら、アジのアジ骨を発見。

和食処 まるさん-2

秀逸はこのピカピカの刺身類。ご飯をお替りして予算内。世の中には感心な店があるもんです。


和食処 まるさん  芦屋市東山町29-25  090-9160-3937

テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

シャーリーバーでランチ

新形態でご飯の食べ方を提案する店がモザイク2階に出来たらしい。ファッション性のある変り型オニギリを提供する店だとか。おやじジャズバンドコンテストに行く前に寄っていくことにした。

シャーリーバーでランチ-1

毎年モザイクジャズ開催される海の広場前にその「syaarii bar」があった。明るくて開放的な外観、第一印象はお洒落なケーキ屋さんか。どんなお米料理が食べられるのか楽しみデス。

シャーリーバーでランチ-3

海苔の替わりにモナカの皮を使ったモカムス290円×2をショーケースから選んでレジへ。西区産こだわりの神戸ポークソーセージ&ベーコン680円も同時に注文。それともちろんビールもね。

テーブルに座り、焼き上がりを待つこと10分。ソーセージプレートが運ばれ、ナイフで切って一口。いかにも肉を食べてる、といった感じのシッカリした歯ごたえ。付け合せの彩り野菜を トマトで煮込んだカポナータもとてもオイシィ~。このプレートはお得感があってビールにスゴク合う。

さて、各モカムスは色んな食材料が交ざり合った複雑で濃厚な美味さ。さりげなくファーストフードの形をして手軽ですが、味は紛れも無くスローフードだと思った。子供より大人がターゲットか?


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

第23回 RICサマーイブニングカーニバル(3)

神戸にはいたるところに下町はあるし山の手もある。六甲アイランドのように最初から全体設計された人工島では道は広いし、大きな広場、美術館や外国人学校、ファッション関係などの色んな施設がある。超高層の立派なマンションが沢山建っていて、如何にも住み易そうな感じがする。

第23回 RICサマーイブニングカーニバル(3)-1

ただ計画都市は人間関係が希薄なようなイメージがしますが、お祭りの賑わいはそれを覆す。

第23回 RICサマーイブニングカーニバル(3)-2

夕日が沈み、イブニングステージでは地元グループの「よさこい」が激しく、切なく始まった。

第23回 RICサマーイブニングカーニバル(3)-3

各国料理の屋台が沢山出店され、賑わいと生活感がある東南アジア市場の雑踏のようだった。


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

«  | HOME |  »

プロフィール

mikekimura

Author:mikekimura
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

By FC2ブログ

コウベ アシヤ
神戸 芦屋の情報サイト

東京のここが面白い

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

リンク

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。