2014-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

港@西宮から芦屋、神戸まで(3)

神戸や西宮の海岸には工場や倉庫が立ち並んでいますが、芦屋の海岸にはそういうものは一切無し。庭園都市 芦屋を標榜しているだけあって、市民が憩えるような環境と施設ばかり。

港@西宮から芦屋、神戸まで(3)-1

南芦屋浜の一部は人工の格好良い砂浜になっている。ただし、水質基準が適していない為に遊泳は不可デス。立派な砂浜なのに勿体ない気がしてならない。ここに来る度に何時もそう思う。 

港@西宮から芦屋、神戸まで(3)-2

泳ぐのは禁止みたいですが、入るのは良いようです。潮干狩りをやってる人が結構いました。

港@西宮から芦屋、神戸まで(3)-3

砂浜でバーベキューも禁止のようです。遊ぶのは可ですが、自分達のゴミは持ち帰りましようネ。

港@西宮から芦屋、神戸まで(3)-4

新西宮ヨットハーバーのスケールには及びませんが、素敵な芦屋マリーナーもあります。近年、この近辺にショッピングセンターや大規模温浴施設が完成して、随分リゾート感が出てきました。

港@西宮から芦屋、神戸まで(3)-5

海岸線を辿って来ますと、芦屋川の河口に出会う。ここでも潮干狩りやってます。右岸に見えるのは東灘区深江浜の工場群。橋脚が高いのはヨットのマストや大型船の通過を考慮したから。



次回へと続く


スポンサーサイト

テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

港@西宮から芦屋、神戸まで(2)

6月29日良い天気。本日は芦屋にある兵庫県立海洋体育館に行った。昨日の新西宮ヨットハーバーはエキスパート専門ですが、こちらはシニアとジュニアが混在した一般のヨットクラブです。

港@西宮から芦屋、神戸まで(2)-1

午前中に寄ってみたら、小中学生向けのヨット体験会をやっていた。本日が最終回のようです。

港@西宮から芦屋、神戸まで(2)-2

子供と付添の父母が出走前のレクチャーを受けているとこ。費用は5,500円らしいです。

港@西宮から芦屋、神戸まで(2)-3

初心者向けダックリング級のヨットを使用してる。もちろんインストラクターが横に乗るから安心。

港@西宮から芦屋、神戸まで(2)-4

女子も交えて次々に出走して行きます。風速は3~5m程度、丁度いい風模様かも。頑張れよ!

港@西宮から芦屋、神戸まで(2)-5

沖ではそのダックリング級の集団。遠くで見てると楽そうですが、これが結構難しいけど楽しい。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

港@西宮から芦屋、神戸まで

ジットリと蒸し暑い毎日、梅雨だからシャーないですが、これが明ければ真夏がやって来ることは既定の事実。お天道様は毎日ジリジリと輝いて、都市砂漠にいる我々の心と身体を干上がらせる。冷房も良いけど、ここは矢張り週末に海か山に行って気分をリフレッシュさせるのが1番!

港@西宮から芦屋、神戸まで-1

本日は真夏に先駆けて、港に行ってみることにした。先ずは新西宮ヨットハーバーから。

港@西宮から芦屋、神戸まで-2

マーキュリー350HP4機掛けのスピードボートが船台に乗っていた。MADE IN USAのレーシングチャンピオンチームの船だって。西日本最大級のヨットハーバーだけあって、凄い奴がいた。

港@西宮から芦屋、神戸まで-3

阪神地区にある大学のヨット艇庫がズラリと並んでいます。上は倶楽部室になってんでしょう。

港@西宮から芦屋、神戸まで-4

船を吊上げて船台に乗せる大型のクレーン。プレジャーボートを陸揚げする時に使用します。

港@西宮から芦屋、神戸まで-5

ドックと云うか、ボートの整備工場でしょ。ただ今、昼休み中なので人影は見えません。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

レジャーきっぷ@六甲山(7)

食べ飲んで、1日身体を動かさないで過ごす人もいれば、900mの山頂まで走ってくる人たちもいる。これは両極端な例ですが、心と身体の為に少しは運動は必要かも。特に梅雨時はそう。

レジャーきっぷ@六甲山(7)-1

摩耶山掬星台では毎月第3土曜日にはリュックサック マーケットの開催日。この日がそうだった。やってるものだと思って行ってみたら、アウトでした。看板が傾いていて、悲しそうに見えた。

レジャーきっぷ@六甲山(7)-2

天候不順の為に中止になったんでしょう。摩耶ロープウェー乗り場にも人影が見えない。摩耶山掬星台には以前は摩耶の森クラブの例会でよく来てたんですが、この所てんでご無沙汰。

レジャーきっぷ@六甲山(7)-3

生憎の曇り空なので、掬星台から見る神戸市街は薄ぼんやりした景観。スカッ!としませんナ。

レジャーきっぷ@六甲山(7)-4

来る時乗ったバスが停留所に待機していたので、それに乗って帰った。前半はマアマアでしたが、後半は見事空振り三振。阪神タイガースも近頃調子が良くないけど、後半は頑張っていこう。

ア、これは途中にある神戸市立六甲山牧場です。バスの窓からパチリ!


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

レジャーきっぷ@六甲山(6)

六甲山は瀬戸内海国立公園の指定地になっているので、相応しくない建物や広告類は禁止されています。レジャー施設は沢山ありますが、不健全な種類のものは一切無し。あくまで健康的!

レジャーきっぷ@六甲山(6)-1

高山植物園に隣接するオルゴールミュージアムの正面。何回か入館してますが、今回はパス。

レジャーきっぷ@六甲山(6)-2

バス停で待ってたら、カンパニョーロとコルナゴのアベックが目の前をスイスイ~。下界から 遥々と急坂を上って来たんでしょう。スポーツ車といえど、ここまで来るのは大変! 感心しました。

レジャーきっぷ@六甲山(6)-3

オルゴールミュージアム前から六甲山上バスに乗って六甲山ホテルまでやって来た。これから摩耶山方面に行くので、ここで六甲摩耶山スカイシャトルバスに乗り換えが必要になります。

レジャーきっぷ@六甲山(6)-4

ただ、お互いのバス停が100m程離れていて、一寸ややこしい。同じ場所にしとけば良いのにと思った。バス停で待ってたら、目の前をランニング集団が走り去った。凄い連中がいるもんだ。

レジャーきっぷ@六甲山(6)-5

このタイプのEVがよく走ってた。結構速かった。オープンにした旧型のコペンもよく見かけた。六甲山にはセンスの良い、決まってる連中が集まってきてる。環境が人を呼び寄せてるのかもネ。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

レジャーきっぷ@六甲山(5)

六甲山は何処に行っても鬱蒼とした緑が溢れています。しかし明治の初め頃、はげ山だったらしい。市街から近い山なので、燃料として伐採され尽くしたのです。植林され現在の姿になった。

レジャーきっぷ@六甲山(5)-1

園内は植物の種類によってエリア分けされています。木道が通る湿地帯があったり・・・

レジャーきっぷ@六甲山(5)-2

例えば、この湿地帯にはクリンソウが群生していました。そろそろ花期は終わりかけでしたが。

レジャーきっぷ@六甲山(5)-3

木道を辿って行くと、休憩所と池と吊り橋の三点セットに出会う。後は階段や坂道を登ったり下りたり、お気に召すまま。ロックガーデンやお花畑、樹林地帯など色んなエリアが楽しめます。

レジャーきっぷ@六甲山(5)-4

高山植物園の西口から出て沢道を辿って行くと、オルゴールミュージアムのバス停に出ます。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

レジャーきっぷ@六甲山(4)

阪神と云うと、皆さん思い浮かべるのは矢張りTigersでしょ。プロ野球のイメージが強い阪神電鉄ですが、そのグループが六甲山で1連のレジャー施設を経営してることは意外と知られていない。六甲ケーブルがそうですし、六甲ガーデンテラスしかり。次に行く六甲高山植物園もそう。

レジャーきっぷ@六甲山(4)-1

六甲ガーデンテラスからまたバスに乗って、六甲高山植物園東口近くの停留所に降り立った。丁度昼時だったので、園内に入る前に先ずは山小屋カフェ エーデルワイスでランチタイム。

レジャーきっぷ@六甲山(4)-2

盛夏には混み合いますが、丁度テラス席が空いていた。テラスから見下ろす園内、木々が重なって見事に一面の緑。ここでランチセットの六甲山特製のハチミツ入やまみつカレーを食べる。

レジャーきっぷ@六甲山(4)-3

六甲山のレジャー施設は数あれど、高山植物園が1番好き!今年も涼風と共に楽しみたい。

レジャーきっぷ@六甲山(4)-4

この時期、旬の花は何と云っても矢張りこれに尽きる・・・ コアジサイが群生していました。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

レジャーきっぷ@六甲山(3)

六甲ケーブル駅から六甲山行きのバスは2系統あり、摩耶山方面へ行く六甲摩耶山スカイシャトルバスと、その反対の東に向かう六甲山上バスがあります。先ずは六甲山上バスに乗った。

レジャーきっぷ@六甲山(3)-1

で、最初にやって来たのは六甲ガーデンテラス。1時間に3本と結構頻繁に発着しています。

レジャーきっぷ@六甲山(3)-2

店内には女性が喜びそうなセンスの商品ばかり。8月末までピーターラビット展も開催中。

レジャーきっぷ@六甲山(3)-3

ここは英国の田舎家や庭が基本デザインでしょう。涼しい気候も彼の国に似ているのかも。

レジャーきっぷ@六甲山(3)-4

こちらで目に付くのは何と云ってもイングリッシュ ガーデン。花の色とグリーンの対比が見事!

レジャーきっぷ@六甲山(3)-5

こんな家に住んでみたいわネ・・・ と云った女性の永遠の夢を表現させたのかも知れません。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

レジャーきっぷ@六甲山(2)

六甲山の魅力は市街地から近いところに900m級の山並みが連なっていること。交通の便は良いし、途中の眺めも最高です。尾根道に点在するレジャー施設も沢山あり、手軽に楽しめる山。

レジャーきっぷ@六甲山(2)-1

緑のトンネルを通って、ケーブルカーは急勾配を時速10kmで登って行く。女性客が多い!それもお洒落したキレイな人ばかり。車中とても華やかで、これも六甲山の魅力の一つかな?

レジャーきっぷ@六甲山(2)-2

一本のケーブルの両端にケーブルカーが繋がっているので、中間点ではお互いすれ違います。

レジャーきっぷ@六甲山(2)-3

約10分の小旅行の後、六甲ケーブル山上駅に到着。レトロな内外装でこれも見所の一つです。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

レジャーきっぷ@六甲山

6月21日、2日前の予報は雨でしたが、曇り後午後からは薄日が射してきた。本日はお得なレジャーきっぷを利用し、これから絶好のシーズンを迎える六甲山に行って来た。涼しかったデス。

レジャーきっぷ@六甲山-1

阪神御影駅でレジャーきっぷを購入。390円までの電車往復切符+往復市バス+往復ケーブルカー+山上でバス乗り放題=1,550円。お得だし、逐一料金を支払う面倒から解放される。

レジャーきっぷ@六甲山-2

先ずは御影駅から市バス16系統に乗って六甲ケーブル駅までやって来た。約40分の道のり。

レジャーきっぷ@六甲山-3

待ち時間が少なく、スムーズな連絡。お客は長時間待って、イライラしないでも良い。シーズン始まったばかりですが、バスは割と混んでました。ケーブルカーは座って上まで楽勝で行けた。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

2014神戸・芦屋7月イベント予定

盛夏がやって来る! 神戸は海も山も満喫出来るところ。家族揃って出かける時は車が便利でしょうが、1人2人でのお出かけにはこんなチケットもあります。さあ、お弁当持って出かけよう。
 
2014神戸・芦屋6月イベント

2014年の神戸港客船入港予定

開催中~11月までの第3土曜  リュックサックマーケット  摩耶山掬星台

開催中~毎週日曜 アイランドフリーバザールin六甲アイランド

開催中~ 六甲高山植物園今シーズンオープン 過去の六甲高山植物園

開催中~~8月31日 ピーターラビットと楽しむ 六甲山英国フェア 六甲ガーデンテラス

開催中~11月30日 京都伏見・十石舟の運航

開催中~7月13日 森の中のあじさい散策・神戸市立森林植物園   過去の森林植物園

開催中~7月31日 バラの小径 ローズウオーク 六甲山カンツリーハウス

開催中~7月上旬 8時~18時 永沢寺花しょうぶ園

7月1日~8月31日 須磨ドルフィンコーストプロジェクト2014

7月5日~9月15日 ギヤマン展 あこがれの輸入ガラスと日本 神戸市立博物館

7月7日、9・10日、20日 西宮神社 夏えびす

7月12日~9月28日 横尾忠則展 枠と水平線と・・・グラフィック・ワークを超えて  横尾忠則展 @ 横尾忠則現代美術館

7月14日~16日 灘の酒・SUMMERガーデン 神戸朝日ビルディング1階 ピロティ特設会場

7月19日~8月31日 西宮の古文書 岡本家文書の世界

7月19日~8月31日 夏の企画展「夏の六甲高山植物園を遊びつくそう!」

7月19日~8月31日 真夏の雪まつり 六甲山カンツリーハウス

7月19日~21日 ジャパン・ビアフェスティバル2014  ジャパン・ビアフェスティバル大阪2009

7月20日 サンバフェスタKOBE2014 メリケンパーク

7月20・21日 第13回Kobe Love Port・みなとまつり メリケンパーク

7月24・25日 家島天神夏祭り 家島神社

7月26日 第36回芦屋サマーカーニバル2014 潮芦屋ビーチ 芦屋花火2010

7月26・27日(予定) 伊根祭 伊根町観光協会

7月29日 元町夜市 神戸元町商店街

8月2日 みなとこうべ海上花火大会

8月3日 2014ハーバーランドの日 神戸ハーバーランド

8月3日 ASHIYA CUP ドラゴンボートレース2014  ASHIYACUPドラゴンボートレース2011

8月8日(予定) 海上自衛隊阪神基地隊サマーフェスタ 2014  キッズサマーフェスタ2011

8月9・10日 阪神基地隊展示訓練予定

8月10日・11日10時~17時  レスキューロボットコンテスト2014  サンボーホール  レスキューロボットブログ


 

テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

第34回NABL BIG BAND JAZZ FESTIVAL(3)

レストランや居酒屋、渋い所では蕎麦屋なんかでバックにジャズが流れていることがある。殆どはバラード系のコンボジャズで、ビッグバンドはあんまり聞こえてこない。飲食時には迫力ありすぎかも。ビッグバンドの醍醐味は大音量のアンサンブルですが、演奏者も力が入るパートでしょ。

第34回NABL BIG BAND JAZZ FESTIVAL(3)-1

前出の河田健氏が指揮するドルチェ ジャズオーケストラ。大阪の楽器店が主催しているアカデミーの同好会メンバーが演奏してます。時には各種イベントに出場することがあるらしい。

第34回NABL BIG BAND JAZZ FESTIVAL(3)-2

東京ユニオン ジャズオーケストラの元メンバーを中心とする元プロ演奏家が殆どのウエストユニオン ジャズオーケストラ。この日出場した各バンドからもピックアップされていて、今回初出場。

第34回NABL BIG BAND JAZZ FESTIVAL(3)-3

ウエストウインズ ジャズオーケストラ from 西宮。レパートリーが広く、毎回楽しませてくれます。

第34回NABL BIG BAND JAZZ FESTIVAL(3)-4

さて、今年の幹事バンド和歌山のスーパーグルーパー ジャズオーケストラ。このバンドが15番目で最終になる。ここまで6時間以上掛けて突っ走って来た。出場バンドの皆さんご苦労さま。


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

第34回NABL BIG BAND JAZZ FESTIVAL(2)

継続は力なり! とは昔からの名言ですが、でも嫌いでは矢張り続かないでしょ。連綿と34回も続いたのですから、ジャズは人を魅了する音楽なのかも。マア、音楽全て素晴らしいですが。 

第34回NABL BIG BAND JAZZ FESTIVAL(2)-1

夜な夜な三宮のライブハウスで腕を磨いているという富士通テンビッグバンドのコンサートミストレス。サックス上手けりゃ歌も上手い。おまけに何時もフィットネスに通ってるような身体つき。

第34回NABL BIG BAND JAZZ FESTIVAL(2)-2

大人たちに交じって唯一の高校生バンドが出場。中学生とか高校生は急速に上手くなる時期なんでしょうね。特にこの学校は凄い!高砂高校ビッグフレンドリージャズオーケストラでした。

第34回NABL BIG BAND JAZZ FESTIVAL(2)-3

香川県から来神のSKGジャズオーケストラ。去年に続いてヴォーカルは夏さんと一曲だけアルトを演奏した河田健氏。夏さん相変わらずダイナミックで魅力的。今年は近くで聴かせて貰った。

第34回NABL BIG BAND JAZZ FESTIVAL(2)-4

珍しくも男性ヴォーカルが入ったアクアジャズオーケストラ。よくスイングする上手い歌手でした。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

第34回NABL BIG BAND JAZZ FESTIVAL

6月15日、本日は第34回NABL BIG BAND JAZZ FESTIVALを聴きにハーバーランドまで参上。ワールドカップ日本初戦の時間帯でしたが、会場は8分の入り。NABLは大善戦してた。

第34回NABL BIG BAND JAZZ FESTIVAL

出発前は1対0で勝ってたんですが、会場でバンドのメンバーが日本負けました!と発言。一瞬、シラ~っとした沈黙・・・ 会場の皆さん、心中ガックリとした様子。負けたものはシャーない。

その後は音楽を聴くのに没頭し、サッカーのことは念頭に無し。出て来るバンド全て素晴らしく、何時もの様に半日楽しませて戴いた。中盤過ぎからは会場満員となり大盛況で御座いました。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

蕎麦の実 よしむら@五条烏丸通り

6月14日、日中は暑いけど朝晩はまだ過ごし易い。身体が慣れて来たのかも。盛夏になると歩く気が無くなるから、今の内にどんどんと歩いとこう・・・ と思って、本日は京都に行ってきた。

蕎麦の実 よしむら@五条烏丸通り-1

京都駅から徒歩で五条烏丸通りにある蕎麦の実 よしむらにやって来た。店頭で妙齢の和服美人がぞろぞろ行き交ってる。さすが京都だなと感心していたら、近くに和服着付け学院があった。

蕎麦の実 よしむら@五条烏丸通り-2

午後1時半ごろでしたが、店内繁盛してました。京都市内に三軒の店があるみたいです。

蕎麦の実 よしむら@五条烏丸通り-3

先ずはこれでしょう・・・ 冷を一杯。 ガラスの升が露を帯びて、とても涼やかなのが嬉しい。

蕎麦の実 よしむら@五条烏丸通り-4

酒の肴にはおばんざい三品セット。京都ではがんもどきを飛龍頭(ひろうす)というらしい。

蕎麦の実 よしむら@五条烏丸通り-5

手打ち二八の大を一枚。京都駅から近いから、盛夏になってもまた歩いて来よ。良い店でした。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

北斎人気はスゴイ!@神戸市立博物館(2)

6月13日梅雨の晴れ間の蒸し暑い1日。本日は神戸市立博物館にリベンジ訪問。前回は1時間待ちだったので入場取り止め。今日は平日にも関わらず20分待ちでしたが、まだましかも。

北斎人気はスゴイ!@神戸市立博物館(2)-1

ランチ時に行けば少ないであろうと期待してましたが、甘かった。12時半ごろで20分待ち。

北斎人気はスゴイ!@神戸市立博物館(2)-2

それでも1Fロビーでは100人程がお待ちかね。企画が大当たりで神戸市はニンマリでしょうネ。

北斎人気はスゴイ!@神戸市立博物館(2)-3

絵を見始めたら混んでる理由が分かった。赤富士や波の絵など大きな絵をイメージしますが、週刊誌大くらいのサイズで思ったより小さい。皆さんマジマジ見つめて前へ進もうとしません。

北斎人気はスゴイ!@神戸市立博物館(2)-4

北斎当人の人気も凄いですが、それ以上に彼の娘たちの華麗な才能にも驚きを覚えました。


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

KIITOマルシェ(5)

現状に満足しない、飽き足らないから日本人はここまでやって来られた。手と頭を使って物を造り出すのは日本人のお家芸。僅か百何十年でここまで成長した日本はある面凄い国だと思う。

KIITOマルシェ(5)-1

KIITOマルシェのショップに並ぶ物は自分でも作れそうにも見えるけど、センスが一味二味違う。

KIITOマルシェ(5)-2

帰る時にCAFEがやってるのに気が付いた。いままで営業してるのを見たことが無かった。

KIITOマルシェ(5)-3

窓の外は中庭で、ここからよく見える。不思議な形のテーブルは元生糸検査機械だと思います。

KIITOマルシェ(5)-4

KIITOを出ますと、こんなのが立ってる。向こう左に一部見えるのが神戸税関。文字が小さくて読めませんが、何と!これはバスの時刻表なのです。HAT神戸に行きたい人はここから乗る。


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

KIITOマルシェ(4)

もりのレストランのキーマカレー本当に美味かった。どこがやってるのかKIITOに問い合わせたら、西宮のウーバレ ゴーデンという店でした。そういえば何年か前、酒蔵通りを通った時そのような店があったナと思い出した。ただし、残念なことにその店、今年の5月で閉店したらしいデス。

KIITOマルシェ(4)-1

色んなワークショップがあった。これはソロバンを作ってます。カラフルだとイメージが変わる。

KIITOマルシェ(4)-2

手作り雑貨のART WORK STUDIOのSHOP。絨毯が素敵でした。手書き看板もセンスある。

KIITOマルシェ(4)-3

近頃、段ボールのアート作品を見かけることが増えた。このハウスはプラネタリュームだって。

KIITOマルシェ(4)-4

先程、中庭にいたアーティストが空き缶や空き瓶を使って作業してます。何が出来るのやら・・・

KIITOマルシェ(4)-5

Green Mindの虹のスプーンが私が見る前に売り切れになったようです。見たかったネ。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

KIITOマルシェ(3)

KIITOのイベントの食べ物は美味い。何時も有名処が出店してる。昼時は非常に混み合う。

KIITOマルシェ(3)-1

混む前にランチは済ませたい。これは神戸パンプロジェクトのブース。KOBEパンの日に出てた店ばかり。 1番左の本日限定!イスズベーカリーのベーコンとチーズのフランセをゲット。

KIITOマルシェ(3)-2

そのパンとベルギービール。美味いパンでした。 もちろん、これだけでは足りないので・・・

KIITOマルシェ(3)-3

当日のみ出店の「もりのレストラン」を偵察してみた。メニューは3種類のみの限定品でした。

KIITOマルシェ(3)-4

その中から淡路島大地のめぐみのキーマカレーをゲット。これが美味いのなんの!絶品です。

KIITOマルシェ(3)-5

しばし食後の休息・・・  ふと、気付いたら、周囲には人・人・人。先のレストランは長蛇の列。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

KIITOマルシェ(2)

日本は小さな島国で、これといった資源も無い。鎖国から開国した当時はヨーロッパ列強の足元にも及ばなかった。それがここまで発展したのは国民性がクリエイティブだったからでしょう。

KIITOマルシェ(2)-1

KIITOに到着した時、シュールな感じの女性2人が中庭でまだ作業をやってはった。何だろ?

KIITOマルシェ(2)-2

グリーンプランツや竹などで造形をやってるようです。掃除をしている所を見ると、完成間近?

KIITOマルシェ(2)-3

朝方の小雨が晴れたんで、館内43番ブースの場所が中庭に急遽変更になったようです。

KIITOマルシェ(2)-4

何回か中庭を見に行きましたが、この時は外国人がビールを飲みながら休憩タイム。残材を焼却するストーブで何か焼いています。焼き鳥かなと思ったら、ワッフルケーキみたいでした。

KIITOマルシェ(2)-5

作品を創りながら、そのプロセスを見せる試み。ステージで芝居やショーを見せるようなものでしょう。パフォーマンスと云えるかも。手前には昔の生糸検査機械がディスプレイされている。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

北斎人気はスゴイ!@神戸市立博物館

6月8日梅雨の晴れ間で良い天気。本日は京都に行くか、北斎か迷った。サイコロを振ったら偶数の目が出たので、神戸に居ることにした。「たまには遠くに行こう」が過ぎていたかもネ。

北斎人気はスゴイ!@神戸市立博物館-1

三宮で降り、神戸市役所まで地下道で行った。暑い時期は地下を行くに限る。東公園を通りルミナリエ通りを西へ。アウトドアショップのショーウインドを覗きながら神戸市立博物館に到着。

北斎人気はスゴイ!@神戸市立博物館-2

館正面玄関には人が溢れていた。何か悪い予感!入場券売り場も長蛇の列。それどころか、1階ロビーには何百人の客が待機していました。何と1時間待ちだって。諦めて、平日にしよ。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

KIITOマルシェ

江戸幕府の鎖国が解けて明治に入ったけれど、極東の貧乏国の日本にはこれといって輸出するものが無かった。当時、生糸が珍重されたので、神戸と横浜の港から輸出され外貨を稼いだ。

KIITOマルシェ-1

生糸は蚕が作りだす絹の原糸ですが、西洋女性のストッキングに使われた。輸出前に各地から持ち込まれた生糸を検査したのが神戸生糸検査所でした。この建物の前身がそうだった。

ナイロンが発明され、絹は衰退していった。神戸生糸検査所は役目を終えてKIITOが誕生!

KIITOマルシェ-2

KIITOマルシェが開催されるので、久し振りにKIITOにやって来た。11時開場の15分前、皆さん楽しみにお待ちかね。毎回色んなクリエイティブを提案してますが、今回はどんなんかナ?


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

京都鴨川納涼床(2)

トロッコ列車は体感的にも心理的にも涼しかった。鴨川納涼床は言葉のフレーズは涼しいですが、これは矢張り夜専用でしょう。客足が落ちる京都の暑い夏を乗り切る料亭の知恵かもネ。

京都鴨川納涼床(2)-1

豆水楼の名前通り、出て来る料理は全て豆腐に関係したもの。右は汲み上げ豆腐。氷で冷やされて出て来ました。冬は湯豆腐に変わるかも。真ん中はゴマ豆腐。片口は冷の純米酒です。

京都鴨川納涼床(2)-2

左が湯葉と豆腐の和え物。右は硬豆腐と野菜の天ぷら。出汁が薄味でとても美味い。

京都鴨川納涼床(2)-3

豆腐の入った茶わん蒸し。汁は一滴残らず飲み干します。後は御飯と味噌汁、漬物。 最後に抹茶のアイス。京都鴨川納涼床の場所とイメージからすれば、リーズナブルなお勘定だと思った。

京都鴨川納涼床(2)-4

御池大橋付近にある店を出て、京都駅に向かった。河原町通り ビル街の影を選んで歩いた。繁華街だけあって、お洒落な女性とすれ違う。休日の昼下がり、ゆかしい3人連れが信号待ち。


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

京都鴨川納涼床

帰りもトロッコを利用しましたが、鴨川納涼床でランチするので、二条駅で地下鉄に乗り換えた。

京都鴨川納涼床-1

京都市役所前で降り、鴨川端へブラブラと・・・ 1時半過ぎだからそろそろランチの終了時です。店はズラリと並んでいますが、選んでいる暇が無い。最初目に付いたこの店に入店した。

京都鴨川納涼床-2

川床に出てみると、午後の日差しが燦々とし海水浴の浜茶屋気分。昼間は暑過ぎる。両隣の川床を見回しても客は誰一人いない。提灯が示すように、鴨川納涼床は夜限定で御座いました。

京都鴨川納涼床-3

昼もやってると思ってた。田舎者には困ったもんです。 で、冷房の効いた店内で戴くことになる。

京都鴨川納涼床-4

奥庭には祠が祀られていて、京都らしい良い雰囲気。ここは豆腐料理の豆水楼と申します。

京都鴨川納涼床-5

スリッパではなく、草履が用意されてました。芸妓同伴の方もお出でになるのでしょうか・・・


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

トロッコ列車@嵯峨野(3)

行くまで知らなかったけど、トロッコ列車とJRは線路も駅も全く別でした。知らないにも程がある。

トロッコ列車@嵯峨野(3)-1

混雑する駅舎の中では先程の鬼さんが愛嬌を振りまいていた。それにしても中国人の多いのにビックリ。子供からお年寄りまで様々です。中国語がそこいら中に飛び交っていました。

トロッコ列車@嵯峨野(3)-2

トロッコ亀岡駅からすぐ近くにある河原に出てみた。この地点の川幅は広く、ゴムボートのラフティングはここから出発するようです。上流から保津川下りの船がオールで漕ぎやって来た。

トロッコ列車@嵯峨野(3)-3

高瀬舟は目の前を通り過ぎ、岩場が露出した急流へクルリ回頭し入って行く。ここが見せ場。

トロッコ列車@嵯峨野(3)-4

トロッコ列車の終点であって始点の亀岡駅。周囲は田舎の景色で、真にノ~ンビリした風景。

トロッコ列車@嵯峨野(3)-5

亀岡市街に行きたい方はJR馬堀駅から一駅のJR亀岡駅まで乗ります。保津川下りの乗船場は駅の近くにあるらしい。私は往復券を買ってあったので、船に乗らずにトロッコで京都まで。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

トロッコ列車@嵯峨野(2)

国鉄がJR各社に民営化されてかなり経つ。電車が綺麗になり、駅員もスマートになった。親方日の丸から商売上手な鉄道会社に大変身。トロッコ列車など昔は考えられなかったプランかも。

トロッコ列車@嵯峨野(2)-1

嵯峨駅を出てしばらくすると、対岸の森の中に和の建物群がほんの何秒か見えてきた。車内放送によりますと、嵐山温泉旅館だとか。あそこへは船で行くらしい。星のや京都といいます。

トロッコ列車@嵯峨野(2)-2  

途中停止した駅には狸の置物がズラ~リ。トロッコ会社の社長が狸好きなんだって。サービス精神旺盛な社長のようです。向こうに見える吊り橋は現在修理中の為通行止めになってました。

トロッコ列車@嵯峨野(2)-3

トンネルの中で鬼の闖入などもあり一波乱。これも社長が面を被ってサービスしてるのかな?記念撮影なども気軽に受けていた。左のハンサムな男性は私では御座いません・・・ 念の為。

トロッコ列車@嵯峨野(2)-4

かの有名な保津川下りの船にも度々出会う。船頭さんは狭い水路を手練の技で抜けてゆく。

トロッコ列車@嵯峨野(2)-5

やがてトロッコ列車は終点亀岡駅に到着。約30分間の小旅行。修学旅行生達がお待ちかね。勘違いしてましたが、この駅はJRの駅とは全く関係ナシ。ここから10分程歩くとJRの駅がある。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

トロッコ列車@嵯峨野

夏めいて来ました・・・ と云うより盛夏そのもの。急にどっと来たから、こたえます。身体は冷たいモノ欲しがるし、心はもっとユックリとやって来てヨ!と願う。しゃあない、涼しさを感じに行くか。
 トロッコ列車@嵯峨野-1

下調べしないで急にやって来たので、何処からトロッコ列車に乗るのか分からない。京都駅で駅員に聞き、何とかトロッコ嵯峨駅までたどり着いた。JR西の子会社が経営しているようです。

トロッコ列車@嵯峨野-2

駅舎の中は天井が高くて広い。昔風な感じに作ってあるのかな?突き当たりがジオラマ館。

トロッコ列車@嵯峨野-3

全開放になった客車。これだったら、走り出せば涼しいかも。ただし満員で、立ってる人もいる。

トロッコ列車@嵯峨野-4

今トンネルを走行中。途中、何本も通過します。レトロ電灯が車内を照らす。これはLEDでした。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

トロッコ列車@嵯峨野&京都鴨川納涼床

6月1日、本日は京都行。トロッコ列車@嵯峨野と京都鴨川納涼床を体験した。全国的に暑かったようですが、京都は35度を超える酷暑日!変化があり過ぎ、身体が着いていかないヨ~。

トロッコ列車@嵯峨野&京都鴨川納涼床-1

先ずは京都駅からJR嵯峨野線に乗り換えて嵐山嵯峨野まで。そこからトロッコ列車で・・・

トロッコ列車@嵯峨野&京都鴨川納涼床-2

その後、鴨川沿いに並ぶ納涼床でランチ。トロッコ列車で手間取って、1時半ごろ到着した。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

«  | HOME |  »

プロフィール

mikekimura

Author:mikekimura
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

By FC2ブログ

コウベ アシヤ
神戸 芦屋の情報サイト

東京のここが面白い

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

リンク

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。