2014-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春18きっぷの旅@加賀の国(4)

封建時代は武士の為の制度なので、農民は自分たちが作った米は殆どが年貢として取り立てられた。現代から見ると随分理不尽な話ですが、そういう奴隷制の様な不平等な時代だった。

青春18きっぷの旅@加賀の国(4)-1

鶴来の近くに鳥越村という所があって、今度はそこに案内してくれた。北陸地方は戦国時代に一向一揆が多発した地域ですが、ここ鳥越村でも加賀一向一揆の拠点となる山城が築かれた。

青春18きっぷの旅@加賀の国(4)-2

武士に搾取されるのは嫌!民衆連で自治をやろうというのが一向一揆の主旨。最初抵抗した一向衆も戦いのプロの織田方に敗れ去り、300人以上がここで磔にされたとか。有名な話です。
ここは二曲(ふとげ)城址への登り口。熊出没注意!の看板が立っていたので行くのは止めた。

青春18きっぷの旅@加賀の国(4)-3

さて、お次は小松市原町にある仏御前の墓へと参る。我が妹ながら色んな所を知ってます。この方は平清盛の寵愛を受けた女性であったとか。スカルノ大統領とデビ夫人の様な関係かもネ。

青春18きっぷの旅@加賀の国(4)-4

清盛と別れて加賀の国に戻った仏御前、原村に開いた茶店が大繁盛した。ところが二十歳の時に惨殺される。諸芸はあるし、たいそうな美貌の持ち主。嫉妬の渦に巻きこまれたのかもネ。

青春18きっぷの旅@加賀の国(4)-5

色んな所を案内して貰ったが、神戸に帰る時間がやって来た。小松15時44分発、17時36分敦賀着。敦賀で新快速に乗り換えて20時28分に芦屋駅に到着。往復9時間の電車の旅が終了。


最初に戻る


スポンサーサイト

テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

青春18きっぷの旅@加賀の国(3)

白山市鶴来は金沢から野々市を経て鶴来街道を南へ約10㎞ほど下った所にある。白山麓の玄関口に当たり、白山の伏流水が豊かに湧き出る所なので、菊姫などの有名な酒蔵があります。

青春18きっぷの旅@加賀の国(3)-1

神社の参道と境内を巡ると結構良い運動になる。一の鳥居の近くに茶店があったので一休み。

青春18きっぷの旅@加賀の国(3)-2

店の前には白山の湧水が流れ出るお手水場。大木を半割にし、くり抜いて作った豪快なもの。

青春18きっぷの旅@加賀の国(3)-3

垂れ幕にも出てるように素朴な地場産の品々がズラリ。10割蕎麦も食べられる様ですけど・・・

青春18きっぷの旅@加賀の国(3)-4

さすがに遠慮して、どぶろくと笹寿司を注文。寿司米が美味いのにビックリ!どぶろくは初体験でしたがスルリと飲めた。溶けた米粒がイッパイ入っていて、これを搾ると日本酒と酒粕になる。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

青春18きっぷの旅@加賀の国(2)

物知りな妹なので、色んな情報を持っている。任せておけば何時も気の利いた所へと案内してくれてご馳走もしてくれる。お土産はもちろん必要ですけどネ。草庵の次は白山比咩神社へ。

青春18きっぷの旅@加賀の国(2)-1

白山信仰の総本社 白山比咩(ひめ)神社にやって来た。草庵から車で10分程度の距離にある。

青春18きっぷの旅@加賀の国(2)-2

一の鳥居を抜け、両側に巨木が立ち並び苔むす表参道を上がる。昼なお暗き神秘ロードです。

青春18きっぷの旅@加賀の国(2)-3

5分程上ると二の鳥居が見えてきた。右手には樹齢800年と云われる老杉や大欅がお出迎え。

青春18きっぷの旅@加賀の国(2)-4

新年初詣ではごった返す境内も静謐そのもの。幼い頃、父親に連れられ来たことがあったナ。

青春18きっぷの旅@加賀の国(2)-5

特別大きくはないですが、端正で趣のある佇まいの本殿。加賀白山信仰のキーポイントです。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

青春18きっぷの旅@加賀の国

JRが毎年、年末年始とお盆時期に発行している青春18きっぷをご存じでしょうか? 超割安なサービスきっぷですが、これを利用して旅をしてみようと思った。その第1回目は墓参りの旅。

青春18きっぷの旅@加賀の国-1

7時29分芦屋発の新快速に乗って敦賀で乗り換え、小松着11時40分。妹の車で墓参りに直行した。その後、白山市鶴来にある蕎麦の名店 草庵へと案内してもらう。4年振りにやって来た。

青春18きっぷの旅@加賀の国-2

古民家をリノベーションしたお店なので、廊下の奥には蔵もある。ここも店として活用されている。

青春18きっぷの旅@加賀の国-3

土間には親子の草鞋が・・・ 涼しそう! スニーカーと交換してもらい、履いて帰ろうと思った。

青春18きっぷの旅@加賀の国-4

調度品も神経が行き届いていて、この店全体の雰囲気が達人の領域。オヌシ、中々出来るナ!

青春18きっぷの旅@加賀の国-5

妹が注文した限定品の大人気、鴨汁蕎麦。お裾分けして貰い、初めて食す。コリャ~美味いワ。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

2014神戸・芦屋8月イベント予定

梅雨明けと共に猛暑がやって来た。今年も夏らしい夏に成りそうな気配。夏は暑いものだ!と割り切って楽しもう。よく食べ、熱中症にならない程度に動き回り、よく休む・・・  これに着きる。

2014神戸・芦屋7月イベント

2014年の神戸港客船入港予定

開催中~11月までの第3土曜  リュックサックマーケット  摩耶山掬星台

開催中~毎週日曜 アイランドフリーバザールin六甲アイランド

開催中~ 六甲高山植物園今シーズンオープン 過去の六甲高山植物園

開催中~~8月31日 ピーターラビットと楽しむ 六甲山英国フェア 六甲ガーデンテラス

開催中~8月31日 須磨ドルフィンコーストプロジェクト2014

開催中~8月31日 西宮の古文書 岡本家文書の世界

開催中~8月31日 夏の企画展「夏の六甲高山植物園を遊びつくそう!」

開催中~8月31日 真夏の雪まつり 六甲山カンツリーハウス

開催中~9月15日 ギヤマン展 あこがれの輸入ガラスと日本 神戸市立博物館

開催中~11月31日 京都伏見・十石舟の運航

開催中~8月31日   須磨離宮公園 サマーフェア2014

開催中~8月31日 アルプス祭 神戸市立六甲山牧場   六甲山牧場ブログ

開催中~9月28日 横尾忠則展 枠と水平線と・・・グラフィック・ワークを超えて  横尾忠則展 @ 横尾忠則現代美術館

開催中~8月31日 有馬涼風川座敷2014  有馬涼風川座敷2010  有馬温泉HP

開催中~8月31日  開館20周年記念特別コンサート「久石譲。あの夏へ。~オルゴールがひらく記憶の扉~」  六甲オルゴールミュージアム  六甲オルゴールミュージアムブログ

8月2日 みなとこうべ海上花火大会

8月2・3日11時~ 新開地夏まつり2014 新開地商店街一帯  新開地夏まつり2010

8月3日 2014ハーバーランドの日 神戸ハーバーランド

8月3日 ASHIYA CUP ドラゴンボートレース2014  ASHIYACUPドラゴンボートレース2011

8月3・4日 有馬の夏まつり 有馬温泉

8月3日~5日 生田神社 大海夏まつり

8月4日 ハーバーランドの日 神戸ハーバーランド

8月8日 海上自衛隊阪神基地隊サマーフェスタ 2014  キッズサマーフェスタ2011

8月9・10日10時~17時  レスキューロボットコンテスト2014  サンボーホール  レスキューロボットブログ

8月16日 こうべ海の盆踊り2014  メリケンパーク

8月20日 おべっさん 京都府伊根町蛭子神社 伊根町観光協会

8月22~24日 JAPAN STUDENT JAZZ FESTIVAL2014 神戸文化ホール JAPAN STUDENT JAZZ FESTIVAL2010

8月23・24日 第2回神戸港夏物語2014 KOBE MUSIC GOURMET PORT 中突堤・かもめりあ
                                                             
8月30日16時~ 第27回 RICサマーイブニングカーニバル  第23回 RICサマーイブニングカーニバル

9月予定 第6回神戸フィエスタ みなとのもり公園  第4回KOBE FIESTAブログ


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

ボート天国@第13回Kobe Love Port・みなとまつり(2)

神戸運輸監理部の船名は「はるかぜ」、YAMAHA製プレジャー型スピードボートです。神戸港の隅々にまで入り込み、港内クルーズでは大きい船より小回りが利いて丁度良いサイズかも。

ボート天国@第13回Kobe Love Port・みなとまつり(2)-1

途中、色んな船に出会いましたが、その一部をご紹介。これは大阪港では船名あこがれでしたが、神戸港に活動の場を変えて帆船みらいへにリニューアル。港内クルーズに使用されます。

ボート天国@第13回Kobe Love Port・みなとまつり(2)-2

神戸大橋下を通過中。飛鳥Ⅱがポートターミナルを出港するのに出くわす。OH、ラッキー!

ボート天国@第13回Kobe Love Port・みなとまつり(2)-3

第四突堤の西側には、上海行きフェリーのお馴染み新鑑真号が停泊中でした。

ボート天国@第13回Kobe Love Port・みなとまつり(2)-4

第三突堤の西側には、これもお馴染みのジャンボフェリーが停泊中。これから小豆島を経由して高松港に向かいます。新ターミナルビルが新築中で、円筒型の空中連絡通路が右に見える。 

ボート天国@第13回Kobe Love Port・みなとまつり(2)-5

40分のクルーズが終わりメリケンパークに戻って来ました。年に1回のお楽しみが終わり、少々寂しい気分。神戸に居るからこんな楽しみに出会える。背後に見えるのが帆船日本丸です。


最初に戻る


全文を表示 »

テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

ボート天国@第13回Kobe Love Port・みなとまつり

7月21日、お祭り日和の良い天気。3,4日前からそろそろ梅雨明けかな?と睨んでいましたが、本日はまさにその宣言を出してもOKかもネ。いよいよ夏のイベントシーズンに突入でしょ。
さて、本日は第13回Kobe Love Port・みなとまつりのメーンイベント ボート天国に行った。

ボート天国@第13回Kobe Love Port・みなとまつり-1

先ずはボート天国会場@メリケンパークの説明から。左側半分の赤と青の船形が本日停泊していた船。赤は体験乗船か船内見学が可能な船です。去年よりその数は増えているようです。

ボート天国@第13回Kobe Love Port・みなとまつり-2

9時ごろ会場に到着。ミス一日海上保安官たちがお出迎え。この暑いのに、ユルキャラは大変!

ボート天国@第13回Kobe Love Port・みなとまつり-3

乗船を希望する熱心な人たちが既に並んで長蛇の列。メーンイベントなので例年大人気です。

ボート天国@第13回Kobe Love Port・みなとまつり-4

乗船可能な5隻の船の中から、神戸運輸監理部の船に乗船することにした。中々格好イイ。

ボート天国@第13回Kobe Love Port・みなとまつり-5

馬鹿と煙は高い所に上る・・・ 屋根上の見晴しの良い席に座り、40分間のクルーズに出発。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

サンバフェスタKOBE2014

7月20日、サ~マ タ~イム♪ ・・・  午前中から30℃を超える暑い1日。サンバダンスが似合う夏がやって来ましたネ! 本日はサンバフェスタKOBE見物に神戸メリケンパークまで行った。 

サンバフェスタKOBE2014-1

開催中に救急車がサイレンを鳴らしながら会場を通って行った。多分、熱中症でしょ。ギラつく太陽が脳天ジリジリ焼いて堪りません。見てるだけでも汗ダクなのに、ダンサーはもっと大変。

サンバフェスタKOBE2014-2

絢爛豪華でドラマティック、万華鏡を見るようなカラフルな衣装。軽やかなステップと打楽器隊のリズムが混然一体となり、砂浜に砕ける波のように押し寄せて引いていく。見事なものでした。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

岡本家古文書の世界@西宮市立郷土資料館(2)

7月19日曇り。本日より岡本家古文書の世界展が始まったので、西宮市立郷土資料館へGO!

岡本家古文書の世界@西宮市立郷土資料館(2)-1

酒蔵通りと夙川が交わった南東の位置に西宮教育文化センターがあって、その1Fにある。

岡本家古文書の世界@西宮市立郷土資料館(2)-2

茶箱が積み重ねられて展示されています。この中に保管されていたようです。その数約100箱。

岡本家古文書の世界@西宮市立郷土資料館(2)-3

周知の為、帳面1頁分が拡大コピーされて図書館の掲示板に貼ってありました。そのサイズはおよそ34センチ×12センチぐらい。多分、公にした文書では無く、当主自身の為の私日記でしょ。

ここでは正月3日から19日までにあったことがメモ書きの様に書き記されている。

我々現代人は読み難い筆文字なので、分かり易いように下記に翻刻してあります。ただ、他人に見せるものでは無いので、かなり省略された文書になってます。別添付の解説文をご紹介。

例えば、正月3日には小松村の庄屋 武兵衛と千五郎を伴って年札に参った、以上・・・ 年札とは藩の役人の所に贈答品持参し挨拶回りに行くこと。現代のお年玉みたいなものでしょうか。

岡本さん、5日が誕生日らしく村中に餅を配ったとか、10日には西宮神社に参って御奉納したり、17日には中山寺や清荒神にまで参拝にお出かけしてます。御多忙な方であった様です。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

港@西宮から芦屋、神戸まで(9)

神戸港ではクルーズ客船や貨物船等の民間船の他に、海上自衛隊の潜水艦が出入りすることがあります。三菱重工や川崎重工で造られて就航したり、時には修理の為に入港してきます。

港@西宮から芦屋、神戸まで(9)-1

高浜岸壁の南東側から見た川重造船所。親潮型の潜水艦が修理の為停泊中。潜水艦はマル秘部分の多い艦船ですが、横顔を晒しているところを見ると、外見上ではマル秘が無いのかも。

港@西宮から芦屋、神戸まで(9)-2

海上自衛隊の潜水艦はこの親潮型から新型の蒼龍型に切り替わってきています。新型はこんな風に公開?出来ないかもネ。何はともあれ、潜水艦がこれだけ間近に見られる港はそうは無い。


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

ギヤマン展@神戸市立博物館(2)

北斎展は人気が有り過ぎ、作品を充分に見られないのでイライラしてた。その点、ギヤマン展は半日いる積もりでゆっくりと見物しましょう。途中、エアコンの効いた館内のカフェで寛いだりするのも良し。私はソファに座って暫らくウトウトしてた。夏季の博物館はクールタイムも楽しみたい。

ギヤマン展@神戸市立博物館(2)-1

ガラスだから作品のほとんどは飲食に関係したものが多い。その数ざっと190程あって、膨大な数の骨董美術品。おそらくは貴族階級やお金持ち連中の食事タイムに使用されたものでしょう。

ギヤマン展@神戸市立博物館(2)-2

酷暑の外から涼しい館内に入って、涼やかなギヤマンを鑑賞する。 ピッタリな企画でしょう。

ギヤマン展@神戸市立博物館(2)-3

1F・2Fがギヤマン展で3Fでは南蛮美術企画展も同時開催。全品屏風仕立てになっていました。

ギヤマン展@神戸市立博物館(2)-4

外国人の方たちも大挙して来館してました。さすが美術品に対してお目が高いです。 


最初に戻る



テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

ギヤマン展@神戸市立博物館

7月14日、そろそろ梅雨明けかナ?というような天気。この時期、例年天候が不順な為にイベント開催が少ない。よって、神戸のイベントも記事が少ない。別にサボっている訳では無いのです。

ギヤマン展@神戸市立博物館-1

さて昨日のこと、ギヤマン展を見に神戸市立博物館に行った。前回の北斎展は超ビックリの人出でしたが、今回は静かなものでした。というよりこれが普通でしょ。お蔭でゆっくり見物出来た。

ギヤマン展@神戸市立博物館-2  

お客が少ないからといって、けっして内容が落ちる訳ではない。中々素晴らしい展示会でした。

ギヤマン展@神戸市立博物館-3

見てますと、ソフト帽の紳士が入っていかれた。今回の雰囲気にピッタリないでたち。 エッ!私ですか・・・ 遠方よりこちらまで徒歩より詣でけりなので、短パンにTシャツのユル~イ格好。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

岡本家古文書の世界@西宮市立郷土資料館

7月11日、台風一過真夏の青空にヘンシ~ン!超大型の割には神戸はそんなに影響が無かったみたい。地域的に被害が出たようですが、昔の様に大被害が出ることは無く、先ずはホッ!

岡本家古文書の世界@西宮市立郷土資料館

阪神地区の昔の洪水は凄くて、上流から家ぐらいの大岩が次々転がり落ちてきたらしい。結果、大掛かりな治水事業が為され、現在ではその様な被害は皆無。御先祖様達は賢かった。

さて、7月19日~8月31日まで「西宮の古文書 岡本家文書の世界」が西宮市立郷土資料館で展示される。昔だから、もちろん墨文字で書かれた文書ですが、それが膨大な量であるらしい。

岡本家とはこの近郷の大庄屋でした。戦災や大震災の火災にも遭わずに生き残った貴重な資料が展示される。見ても何が書いてあるか分からないでしょうし、普通の本と違って直接手に取って見られるものでもない。多分、当時の日常がこと細かく記してあると思われますが、一見の価値は大いにありそう。昔の写真や絵、文書はタイムマシンだと思う。期間中一度は覗いてみたい。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

港@西宮から芦屋、神戸まで(8)

船からクレーンで降ろされたコンテナはトレーラーで直接届け先に運ばれる。従来必要だった港湾荷役や艀、倉庫業などが必要無く成ってきた。コンテナ船が主流に成ったことによって、海貨業務のプロセスが簡素化され、神戸港でも貨物取次業の乙種仲立業者が少なくなってきた。

港@西宮から芦屋、神戸まで(8)-1

港の埠頭から2号線を隔てた北側に栄町通りがあります。再開発から取り残された小さなビルが乱立した街。ここは通称、乙仲通りと呼ばれています。かって乙種仲立業者が沢山いた街。

港@西宮から芦屋、神戸まで(8)-2

乙種仲立業が減少し、小さな空きビルが増えてきた。ところが、ここに目を付けた人たちがいた。

港@西宮から芦屋、神戸まで(8)-3

私の記憶では10年程前でしょうか。この辺の古い小さなビルに古着屋が入居したのが始まり。

港@西宮から芦屋、神戸まで(8)-4

今ではファッションやレストラン、ケーキの店などが大増殖し、若者文化を象徴する街になった。

港@西宮から芦屋、神戸まで(8)-5

小さいながら1国1城の経営者に成れる街。廃れていく文化があれば、新芽を出す文化もある。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

VIXX@スペースシアター

7月5日曇り時々小雨。本日は所用でハーバーランドに行った。スペースシアターの中を歩いていると、10代から20代前半と思える女性たちの大群衆。若いエネルギーが爆発寸前状態でした。1人1人だと大したこと無いですが、この年頃の女性が集まると全体的な熱気がもの凄い!

VIXX@スペースシアター-1

これからVIXXという韓流アイドルグループが登場するらしい。そのグッズを買うのに長蛇の列。

VIXX@スペースシアター-2

お洒落したうら若き女性たちが鈴なり状態で、2階から背伸びしてステージを覗き込んでいます。

VIXX@スペースシアター-3

1階を埋め尽くす女性たちは握手を希望してる集団。女性心理はいつの時代も一途で不変。

VIXX@スペースシアター-4

背が高く、スレンダーでマスク良し。しかも歌って踊れるグループらしい。この日はプロモーションのみ、歌やダンスの御披露は無し。韓流ポップスは下火だと云われていますが、とんでもない。


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

港@西宮から芦屋、神戸まで(7)

日本は平和で良い国だとつくづく思うのは、自分の好きな事を自分流に楽しめること。神戸では毎週末色んなイベントが開催されますが、多彩な趣味趣向を持った人たちが集まって来てる。

港@西宮から芦屋、神戸まで(7)-1

第3突堤からこれも近くにあるメリケンパークにやって来た。ミニ鉄道フェスタ in 神戸メリケンパーク2014が開催されていました。船から今度はミニ鉄道かいな! どんな関係あるねん。

港@西宮から芦屋、神戸まで(7)-2

これを主催したのがカワサキワールド、潜水艦に新幹線、オートバイまで造っている川崎重工グループのミュージアムです。ミニ機関車は学校や個人の好事家が造ったもののようですが。

港@西宮から芦屋、神戸まで(7)-3

これは神戸市立科学技術高校の生徒が造ったSL機関車。動かすのも生徒がやってはる。

港@西宮から芦屋、神戸まで(7)-4

これはUSAノーフォーク・サザン鉄道のディーゼル機関車だと思う。麦藁帽子が渋いデス。

港@西宮から芦屋、神戸まで(7)-5

これはまた本格的! 旧国鉄のユニフォーム?に超ど級のSL。もちろん石炭と水で走ります。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

港@西宮から芦屋、神戸まで(6)

海外への船旅は手軽に安く行けるように成りましたが、如何せん時間が掛かり過ぎる。私のようなせっかち人間には悠長過ぎる旅。その点フェリーの旅は短期間だし、立派に船旅も楽しめる。

港@西宮から芦屋、神戸まで(6)-1

第4突堤の西隣りにある第3突堤にやって来た。出入り口に神戸税関や倉庫街が見えます。手前の2階建が港湾労働者ご用達のピア食堂。神戸港の各所にあって、どなたでも入店可能。

港@西宮から芦屋、神戸まで(6)-2

第3突堤には高松行きフェリー乗り場。横づけされると、車が次々このゲートを上って行きます。

港@西宮から芦屋、神戸まで(6)-3

新ターミナルビルが建設中でした。完成予定が今年7月だって。ハア~、この状態ですよ、出来ますかね? ここのフェリー、便利で安くて旅情も楽しめる。利用客が増えているらしいですよ。

港@西宮から芦屋、神戸まで(6)-4

道路を跨いで長い空中連絡通路が伸びています。完成後、またうどんツアーに行こうかな。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

港@西宮から芦屋、神戸まで(5)

大型コンテナ船は六甲アイランドとポートアイランドに任せ、港の華大型クルーズ客船の発着は第4突堤と中突堤で決まり!水深が9mの中突堤は5万トンまで、それ以上だと第4突堤になる。

港@西宮から芦屋、神戸まで(5)-1

ポートターミナル(第4突堤)に到着。クルーズ客船ツアーも近頃安く成って、1日1万なんてツアーもあるらしい。その最たるものがこのピースボートによる地球一周の旅。何と!129万円。

港@西宮から芦屋、神戸まで(5)-2

ポートターミナルホールは見学希望者で長蛇の列。予約が必要なので、私は見学不可でした。

港@西宮から芦屋、神戸まで(5)-3

船内見学会は結構色んな船で実施してますが、何れも事前予約が必要。安全の為でしょうネ。

港@西宮から芦屋、神戸まで(5)-4

見学した人たちの何割が実際乗船するか分かりませんが、クルーズ客船人気は凄いです。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

港@西宮から芦屋、神戸まで(4)

神戸港と云うと、中央区の大型クルーズ客船が出入りする所とお思いでしょうが、あれは観光面での顔。実際に物資を輸出入する港はポートアイランドや六甲アイランドに変わっています。

港@西宮から芦屋、神戸まで(4)-1

これは六甲アイランドフェリーターミナル。九州、奄美、沖縄方面行の大型フェリーが発着してる。

港@西宮から芦屋、神戸まで(4)-2

バースに積み重なり置かれたコンテナ群。左側が冷蔵用のコンプレッサー付で、ワインなどの食品輸送に使用される。現在はコンテナ船が国際間の海上貨物輸送の主流を占めています。

港@西宮から芦屋、神戸まで(4)-3

釣りをしてる少年たちの向こう岸は住吉浜。食品工場の大型サイロが連なっていて、夜間この近辺を通ると、食用油独特の匂いが漂ってきます。背後に壁の様に連なっているのが六甲山。

港@西宮から芦屋、神戸まで(4)-4

ズームアップしますと、六甲山の中腹に東灘区渦ヶ森台の住宅や団地が見える。平地の少ない神戸ならではの風景ですが、あそこから急坂を下りて、毎日通勤するのは大変だろうと思う。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

«  | HOME |  »

プロフィール

mikekimura

Author:mikekimura
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

By FC2ブログ

コウベ アシヤ
神戸 芦屋の情報サイト

東京のここが面白い

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

リンク

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。