2015-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

門前仲町(6)

東京では何処でもそうでしょうけど、門前仲町にも色んな店がズラリ並んでいて、選んでいると迷うばかり。初めてだから情報が無いし、ここは直感力を頼りに入店するしかない。

門前仲町(6)-1

空腹が我慢出来なくて、この店に入ることにした。店頭では甘酒や酒粕まで販売してる。

門前仲町(6)-2

中はビストロ風で若い女性に人気。ワインに日本酒まで置いてある無国籍流。

門前仲町(6)-3

不動堂通りだけあって、薬膳カレーだって。身体にご利益がありそうなウマ辛口でした。


最初に戻る


スポンサーサイト

テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

門前仲町(5)

この日は清洲橋で折り返し、元来た道を戻ったけれど、途中左折して横丁に入ってみた。

門前仲町(5)-1

あらら、何とも昭和レトロな飲み屋街が出現した。深川でもこんな通りは珍しいと思う。

門前仲町(5)-2

いずれ再訪問してみたいエリアでもあります。この辺りは辰巳新道と呼ばれているらしい。

門前仲町(5)-3

成田山深川不動堂の参道に舞い戻った。この街の横丁には面白い店が潜んでいるかもネ。

門前仲町(5)-4

下町ならではの角打ち店もあった。店内では老若男女が好い御機嫌、繁盛してました。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

門前仲町(4)

案内地図によりますと、清澄公園から西へ徒歩2、3分の所に隅田川が流れているみたい。

門前仲町(4)-1

昔から色んな小説の舞台になっている隅田川。初めて見るけど、どんな印象か楽しみ。

門前仲町(4)-2

コバルトブルーに塗られたレトロなアーチ型の橋桁。これが清洲橋か・・・ 中々良い感じ。

門前仲町(4)-3

左岸は中央区で右は江東区。川幅が広く綺麗に整備されてます。大阪中之島に似てる。

門前仲町(4)-4

橋上より南の東京湾方向を見ると、多分これらは佃島の高層マンション群だと思う。

門前仲町(4)-5

川面を見てると、格好いい観光船がスイスイやって来た。観光客気分でいずれあれに乗ってみましょうか。向うに見えるビルは読売新聞みたいです。東京の川らしく近代的な表情。


  次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

門前仲町(3)

清澄公園に隣接して、フェンスに囲まれた有料の清澄庭園もあったので入場してみた。

門前仲町(3)-1

無料と有料が隣接しているのは珍しい。ここまで歩いて来たんだし、有料の方も見ないとネ。

門前仲町(3)-2

中央に大きな池がある回遊式のとても立派な都市型庭園です。枝ぶりの良い松には金沢の兼六園の冬景色みたいに雪釣りが施してあるけど、ここは雪国ではなく東京ですゾ・・・ 

門前仲町(3)-3

池には水鳥の群れが羽を休めて憩っています。互いに見つめ合い、仲良い鴨のツガイ。

門前仲町(3)-4

庭園の周囲にビルが立ち並ぶ景色から、神戸のあの相楽園をふと思いだしたものです。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

門前仲町(2)

引っ越したばかりで、雑用に追われています。ブログの更新が儘ならず申し訳ない。新天地は今までとは随分違う。区役所まで転入届に行ったら片道10㎞ほどもあって、自転車で30分以上も掛かり大汗!一時が万事このような調子が続くので、さすが東京は違うと感心。

門前仲町(2)-1

さて、門前仲町の案内地図を見ていたら、清澄公園というロマンティックな名前が目に付いたので行ってみることに。ここ江東区には大きな公園が沢山あるみたいだし、川もまた多い。

門前仲町(2)-2

江東区とは隅田川の東にあるからそう名づけられたのかも?銘板を見ると、木材の集積地の木場が近いのか丸太の絵が描いてある。昔は運河として使われた川なのかも。

門前仲町(2)-3

公園に到着しましたが、何故かフェンスに囲まれていて入り口が分からない。この深川図書館の女性スタッフに訊ねようやく解った。お礼を云うと、「楽しんで下さい」と労ってくれた。

門前仲町(2)-4

心優しきスタッフでありました。公園は木々がとても多く広々してる。ここは入場無料でした。

門前仲町(2)-5

園内にはレトロ時計台があって、その向うにはアーチ型の斬新なデザインの建物が見えた。美術館かな?と近づいてみると、これが何と!ミッション系の女子中・高等学校でした。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

門前仲町

東京は富と知が集まった日本一の巨大都市。一極大集中と云っても過言ではあるまい。ただ、それは均一な一塊ではなくて、個性あるパーツが緩く結び付き集まった混沌のエリアだと私は推測します。そのエリアがどれだけあるか?今は皆目分からない。だから面白い。

門前仲町-1

東京に引っ越して間もない。未だ出かける余裕は無いのですが、夕方4時過ぎから出かけることにした。先ずは東京メトロ東西線沿いから攻めてみましょうかナ。門前仲町にやってきた。

門前仲町-2

上の画像は富岡八幡宮、そしてこちらは成田山深川不動堂。この2大著名神社仏閣が鎮座するところが門前仲町なのです。そう、地名で分かるように、こちらは門前町なのです。

門前仲町-3

この辺り一帯は古くから深川と呼ばれ、江戸の下町でありました。参道を歩く人達は若干年齢層が高め、人生の粋も辛いもある程度解る方達が多いのでは・・・ ただ、老舗の中に交って新しい活気のあるショップもあり、奥深い街ではなかろうかとお見受けしました。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

富士山二題

東京へやってきました。天気は良いけれど神戸より寒いかも。新幹線に乗ってる途中、静岡駅を過ぎたころにフジ山が一望。真っ青な空に半ば冠雪した富士山、キレイでありまする。

富士山二題-1 

富士山二題-2


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

白雪蔵まつり2015(4)

白雪蔵まつりが開催される伊丹市は、伊丹空港を代表する近代施設にプラスしてレトロな街並みや名所も保存されています。新しいものと古いものが融合している街が伊丹かも。

白雪蔵まつり2015(4)-1

蔵まつり会場の横には最近まで白雪の本社ビルがありました。現在は伊丹産業に売却され、跡地には駐車場と入母屋造りのコーヒーショップにイタリアンレストランが建っていた。

白雪蔵まつり2015(4)-2

そのタリーズコーヒーの店内は木材をふんだんに使った和風様式。環境調和の為かな。

白雪蔵まつり2015(4)-3

窓際席からは目の前に蔵まつりの賑わい。店内ではWiFiも使えるので、長時間の滞在もOKみたい。実利的に詰め込むショップが多い中で、鷹揚に寛ぎの空間を演出してます。

白雪蔵まつり2015(4)-4

JR伊丹駅と会場の往復でも名所に出会う。その一つはNHK大河ドラマで黒田官兵衛が荒木村重によって牢に幽閉された逸話がある有岡城址。JR伊丹駅近くにある。

白雪蔵まつり2015(4)-5

一見、お洒落なミニコンビニですが、これは伊丹駅のkiosk。小さいながら回遊式になっていて、スペース効率が抜群! こんな先進的な店初めて見ました。


最初に戻る 


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

白雪蔵まつり2015(3)

昼酒は何となく後ろめたいものですが、ここでは皆さん赤い顔だから朱に染まれば赤くなる。酒のみ天国と化してます。肴は美味いし酒も豊富。おまけにステージの余興まである。

白雪蔵まつり2015(3)-1

毎年お馴染みの自動燗酒機。ここでは何と!日本酒がカップ一杯100円。

白雪蔵まつり2015(3)-2

カップ酒をチビチビ飲りながら、うどん屋台にやって来た。名物粕汁うどんにカレー味が増えていた。スジ肉がタップリ入って300円ポッキリ。うどんは普通ですが出汁が本当に美味い。

白雪蔵まつり2015(3)-3

昔は酒蔵であった長寿蔵は今はレストランや資料館。その駐車場が会場になっている。

白雪蔵まつり2015(3)-4

ステージでは地元有志によるヨサコイ踊りの演技中。踊りあり太鼓ありと賑やかデス。


次回へと続く 


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

白雪蔵まつり2015(2)

白雪蔵まつりは灘五郷の中でトップクラスの蔵まつりだと思う。集客力はもちろん、企画力においてもとても熱心。毎回その賑わいには感心してます。社長がサービス精神旺盛なのかも。

白雪蔵まつり2015(2)-1

私が到着した時には長寿蔵横の酒蔵通りは早くもこんな状態。文字通りお祭り騒ぎ。

白雪蔵まつり2015(2)-2

有料で提供される酒は日本酒はもちろん、ホットワインにホットビール、地ビールに焼酎など様々。カップ片手に通りを赤い顔をして闊歩する人達も大勢。まさに皆で酔えば怖くない。

白雪蔵まつり2015(2)-3

この列は無料の振る舞い酒を所望する人達。その数ざっと500人。それも増え続ける。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

白雪蔵まつり2015

2月8日、曇り後晴れ。夜半に雨が降ったのか道路が濡れていた。危うい天気ながら、11時ごろになって日が差してきた。白雪蔵まつりは毎年好天ですが、今年も運が良いネ。

白雪蔵まつり2015-1

JR伊丹駅からきれいな街並を通って徒歩5分。10時半ごろ会場に到着しました。

白雪蔵まつり2015-2

毎年のことながら、超満員のメイン会場。飲んだり食べたり、お酒が入ってるから皆元気。

白雪蔵まつり2015-3

小西酒蔵の社長(右側の紳士)自ら振る舞い酒のお酌。サービス精神がある方です。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

Kawasaki Ninja H2&H2R発表会@海洋博物館(3)

一般公道用のH2でも200馬力あるのだから、乗り手を選ぶスーパーマシンであることは云うまでもない。そして、その価格は何と!270万円するらしい。でもかなり売れると思うヨ。

Kawasaki Ninja H2&H2R発表会@海洋博物館(3)-1

H2のフェアリングはFRPで作られていますが・・・

Kawasaki Ninja H2&H2R発表会@海洋博物館(3)-2

H2Rのフェアリングはカーボンファイバー製です。バットマンの顔に似てますナ~。

Kawasaki Ninja H2&H2R発表会@海洋博物館(3)-3

このマシンは保安部品が付いているからH2でしょう。ライトは真ん中で右の穴はタービンを冷やすエアダクトの入り口。とすると、左の穴は何かな?ダミーでしょうか。

Kawasaki Ninja H2&H2R発表会@海洋博物館(3)-4

スーパーチャージャーの回る様子がモニターに映されたCGで説明されていた。クランクシャフトからベルト駆動されたインペラーが超高速回転して、エンジンにエアを過給します。

Kawasaki Ninja H2&H2R発表会@海洋博物館(3)-5

エンジン単体のモデルも展示され、カメラマンの恰好の被写体となっておりました。


最初に戻る


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

Kawasaki Ninja H2&H2R発表会@海洋博物館(2)

四輪ではターボチャージャー付エンジンは珍しくないけれど、2輪では殆ど無かった。しかしこのH2とH2Rにはスーパーチャージャーが付加され、H2Rでは1Lで300馬力を発生する。

Kawasaki Ninja H2&H2R発表会@海洋博物館(2)-1

展示会ならではのストリップモデル。タービンを空冷するエアダクトが取り付けられてます。

Kawasaki Ninja H2&H2R発表会@海洋博物館(2)-2

カワサキカラーのグリーンに塗装されたフレームはエンジンと結合して一体化してます。

Kawasaki Ninja H2&H2R発表会@海洋博物館(2)-3

赤に塗装されたタービンハウジング。これの動力はクランクシャフトより得ていると思う。

Kawasaki Ninja H2&H2R発表会@海洋博物館(2)-4

とても華奢なフレーム。単体でも機能美。獲物に飛び掛かる野獣の骨格見本みたい。


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

Kawasaki Ninja H2&H2R発表会@海洋博物館

2月3日良い天気。本日は神戸メリケンパークまで行って来た。川崎重工がエポックメーキングなバイクを作ったのです。その発表会が本日より海洋博物館で開催されました。

Kawasaki Ninja H2&H2R発表会@海洋博物館-1

メリケンパークにある海洋博物館の中にカワサキワールドがあって、そこで開催ってます。

Kawasaki Ninja H2&H2R発表会@海洋博物館-2

元町駅より徒歩10分ほど。10時45分ごろ到着しました。平日午前中なのに沢山のお客。

Kawasaki Ninja H2&H2R発表会@海洋博物館-3

館内には沢山の展示物がありますが、本日のお目当てはこのレース用のH2Rと・・・

Kawasaki Ninja H2&H2R発表会@海洋博物館-4

H2Rがデチューンされ公道走行可能なH2タイプがこちら。そう!ほとんど外見は一緒?


次回へと続く


テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:mikekimura
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

By FC2ブログ

コウベ アシヤ
神戸 芦屋の情報サイト

東京のここが面白い

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

リンク

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。