FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都の秋2013・そば茶寮 澤正(2)

わざわざ京都に行って食事するのだから、それは期待して当然。しかし初めての店なので、ホームランになるか、空振り三振に倒れるのか、食べてみるまで分からない。多少、不安でもある。

京都の秋2013・そば茶寮 澤正(2)-1

12時前、続々とやって来たお客で室内は満杯になった。テーブルの上には本日のメニューが。

京都の秋2013・そば茶寮 澤正(2)-2

12時10分ごろより食事が始まった。先ずは八寸から。お酒のつまみというか、前菜ですね。出て来た時には「オオ~ッ!」と云った声にならない声。極力京都産の素材が使われているようです。

京都の秋2013・そば茶寮 澤正(2)-3

続いて温鉢。小芋の蕎麦餡仕立て。野菜やキノコ、麩なども入っていた。

京都の秋2013・そば茶寮 澤正(2)-4

3番目が小鉢。冷たい更級蕎麦に牛蒡と柿の組み合わせ。蕎麦のコシがスゴイ。

京都の秋2013・そば茶寮 澤正(2)-5

4番目が揚げ物。そばご飯のオコゲにホタテ貝柱のフライとキノコの餡がのっている。

京都の秋2013・そば茶寮 澤正(2)-6

5番目が手打ち二八蕎麦。北海道黒松内町 落合氏から直送された石引新蕎麦粉使用だとか。一見、江戸風に出汁が濃く感じますが、あくまで京風の上品な味。タップリと浸けても辛くない。

京都の秋2013・そば茶寮 澤正(2)-7

6番目が炊き込みそばご飯。 豆腐の入った赤出し汁は芦屋の六甲味噌を使用してます。

京都の秋2013・そば茶寮 澤正(2)-8

さて、最後のお菓子はそば短冊を添えたそばの胡桃餅。これも自家製です。煎茶を一杯飲み、一息ついた時には2時を過ぎていた。大ホームランだったナ~。お代は3800円。来て良かった!


次回へと続く


スポンサーサイト

テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kobeevent.blog100.fc2.com/tb.php/3032-7c886a7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

mikekimura

Author:mikekimura
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

By FC2ブログ

コウベ アシヤ
神戸 芦屋の情報サイト

東京のここが面白い

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

リンク

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。