FC2ブログ

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てくてく東灘「清流の道コース」 ②

午前9時にいよいよ区役所前を出発。これより住吉川に沿って上がり、歴史と景観を楽しみます。

てくてく東灘2008-3

5分ぐらい国道2号線を西に進むと本住吉神社とJR住吉駅の間を通る古くからの有馬道があり、その碑と云われの看板がたっています。

かっては住吉駅まで鉄道で来て、有馬温泉行きへはこの有馬道が利用されていましたが、明治32年JR福知山線の前身阪鶴鉄道が開通してからは次第に使われなくなったそうです。

この日はこの有馬道を辿って終点の白鶴美術館までの行程を逍遥することになっている。

てくてく東灘2008-4

有馬道の碑よりJRの高架をくぐり、山手幹線を越え、阪急の踏み切りを渡り、急坂を登って行くと大・小の水車に遭遇。住吉川より引き込んだ用水の水流を利用して水車を回しています。

江戸・明治の代では住吉川の急流を利用して流域には数多くの水車小屋が建ち並び、全盛期では80軒の小屋があって1万もの石臼が使われていたそうです。

てくてく東灘2008-5

水車を動力として左の石臼を二段に重ねてまわし小麦粉や菜種油を作ったり、右側の石臼に杵を使って酒米を精米したりしていました。材料の石は地産地消の御影石を使用していました。

てくてく東灘2008-6

てくてく東灘の行程の最終目的は白鶴酒造の中興の祖であった嘉納冶兵衛(鶴翁)が作った白鶴美術館へと... 城郭建築のような内部には鶴翁が収集したコレクションが所蔵されている。

てくてく東灘2008-7

白鶴美術館の建つ場所は坂の街神戸らしい見晴らしの良い高台になっていて、遠く大阪湾の向こう側までが見渡せました。


スポンサーサイト

テーマ:神戸のイベント - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kobeevent.blog100.fc2.com/tb.php/419-07fda7ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

mikekimura

Author:mikekimura
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

By FC2ブログ

コウベ アシヤ
神戸 芦屋の情報サイト

東京のここが面白い

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

リンク

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。